« 短編児童小説『卵の正体』のお買い上げ、ありがとうございます! | トップページ | 博多で ②馬の革細工 »

2013年7月19日 (金)

博多で ①海江田万里民主党代表を見ました

Juice

※以下の記事は、博多から帰る電車の中で書き、帰宅後にアップしたものです。

運動の後の林檎ジュースの美味しさ!

いえ、運動というとオーバーでした。乗り物に遅刻しそうになったので、ダッシュせざるをえなかったのでした。一緒に行った娘が荷物を持ってくれ、背中を押してくれたりしました。

ダッシュしたときは口から心臓が飛び出そうに胸がドキドキし、ホームに通じる階段を急ぎ足で上っているとき、一瞬目の前が暗くなってよろめきましたが、ヨロヨロしながらも何とか間に合い、しぱらくは激しい動悸で大変でした。

でも、それが自然に鎮まり、30分ほども経つと、その後はどんな種類の不整脈も感じなくなりました。サンリズム効果としか思えませんが、怖いくらいの快適な状態が今後も続くのかどうか……一度期待しすぎてへこんだり、夫をがっかりさせたりしたので、しっかり自己観察をしていきたいと思います。

(不整脈をほぼ完璧に抑えてくれていたサンリズムから、ジェネリックのリズムコートに替えて貰うと、それ以降は徐々に不整脈が戻ってきていたのですが、またサンリズムに替えて貰ったところ、不整脈をほとんど感じなくなりました。)

娘が連休中。わたしの体調もいいので、博多に行ったのです。博多も暑かったけれど、心臓の調子がよかったので、体の軽いこと、楽しいこと!

天神でたまたま、海江田万里民主党代表をなまで見ました。

テレビで見て思っていたより、ずんぐりとした、如何にも体力のありそうな牡牛を連想させられる印象でした。

またテレビでは鼻声が耳についたのですが、マイクの効果があるとはいえ、耳にびんびん響く力強い声。

わたしたちはジュンク堂から新天町に向かう途中だったのですが(午後3時40分くらいだったでしょうか)、西鉄福岡駅の前で、海江田氏は自民党批判を繰り広げているところでした。

民主党代表の街頭演説にしては、人垣は小さく、ビラを配っている人々は、定年退職後の学校の先生を連想させられる年輩者のイメージ、人垣を作っているのも多くが団塊世代以上の年輩者に見えました。

|

« 短編児童小説『卵の正体』のお買い上げ、ありがとうございます! | トップページ | 博多で ②馬の革細工 »

お出かけ」カテゴリの記事

健康 №2(体調) 」カテゴリの記事

時事・世相」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事