« 瀕死の児童文学界 ⑩日本の中の児童文学共産圏 | トップページ | 昼下がりの仮眠時に見た他愛ない夢。パル判決書。オーラについて。 »

2013年7月 6日 (土)

胸の圧迫感にスプレー1回。アブドゥーラ・イブラヒムの音楽。

20130706

1時間ほど前、胸が石のように重くなって、目が覚めた。体を起こしたら楽になったので放置していると、また強い圧迫感が起きたのでミオコールスプレーを使った。

就寝前、何の不整脈かわからないが、しきりに起きていた。不整脈は冠攣縮性狭心症の発作を誘発しやすいのだろうか。心臓が不調のときによく起きる咳は、珍しいことにない。

テレビをつけると、NHKBSプレミアムで、プレミアムアーカイブス「南アフリカ 絶景を弾く~アブドゥーラ・イブラヒム~」があっていた。

アブドゥーラ・イブラヒムは南アフリカ人のジャズ・ピアニストで、彼の音楽はアパルトヘイトに対する抵抗運動で大きな力となった。

南アフリカを旅し、絶景ポイントの大地に直にピアノを置いてジャズを弾くアヴドゥーラ。音楽もアヴドゥーラの表情も美しい。

|

« 瀕死の児童文学界 ⑩日本の中の児童文学共産圏 | トップページ | 昼下がりの仮眠時に見た他愛ない夢。パル判決書。オーラについて。 »

テレビ」カテゴリの記事

健康 №2(体調) 」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事