« サンリズム雑感 ③効果が確認できた  | トップページ | 「光よ風よ」無料キャンペーン中です♪ 6月13日午後5時~15日午後5時ごろの2日間 »

2013年6月13日 (木)

極東国際軍事裁判でただ一人A級戦犯全員無罪としたパール判事の本、『パール博士「平和の宣言」』(田中政明)を読んで

 図書館から借りてきた上記本を読んでいる最中なので、記事のタイトルはサバを読んでいる。読了後に、また書きたいことがでてくるかもしれない。

 日本人必読の書と思われるこのような本はできれば購入しておきたいのだけれど、とりあえず、ざっとメモ。

 第二次世界大戦後終結後に行われた極東国際軍事裁判(東京裁判)でただ一人、A級戦犯全員無罪としたラダビノード・パール判事。

 上記本は、東京裁判終結後から4年後の1952年にパールが来日したときの講演、論文、パールに同行した編者・田中正明の手記から成る。

 パールはインドを出発するとき、東京裁判は6ヶ月で終わると聞いていたという。ところが、裁判は6年かかっても終わらないだろうことがわかっただけでなく、自分の主張と他の十ヶ国の連合国判事の主張とは全く一致しないことがわかった。判決の時期が迫るにつれ、無言の圧力が加わり、身の危険さえ感じたそうだ。

 他の判検事が観光旅行や宴席にあるとき、パールは帝国ホテルの一室にこもって、資料を蒐集し調査し読破。読破した資料は45,000冊、参考資料3,000冊……!

 1952年の27日間の滞在中、広島を訪れたパールは原爆慰霊碑の『安らかに眠ってください 過ちは 繰り返しませぬから』という碑文の意味がはっきりしてくるにつれて、「みるみるいきどおろしい不審の色を浮かべた」という。

……引用ここから……
この“過ちは繰り返さぬ”という過ちは誰の行為をさしているのか。むろん日本人をさしていることは明かだ。それがどんな過ちであるのか、わたしは疑う。ここにまつってあるのは原爆犠牲者の霊であり、原爆を落としたものは日本人でないことは明瞭である。〔略〕
 この過ちが、もし太平洋戦争を意味しているというなら、これまた日本の責任ではない。その戦争の種は、西欧諸国が東洋侵略のために撒いたものであることも明瞭だ。
……引用ここまで……

 パールは11月6日広島高裁、弁護士会の歓迎会に出席した。そのときのスピーチから以下に抜粋。

……引用ここから……
1950年のイギリスの国際事情調査局の発表によると、東京裁判の判決は結論だけで、理由も証拠もないと書いてある。ニュルンベルクにおいては、裁判を終わって三ヶ月目に裁判の全貌を明らかにし、判決理由とその内容を発表した。しかるに東京裁判は、判決が終わって4年になるのにその発表がない。他の判事は全部有罪と判定し、わたし一人は無罪と判定した。わたくしはその無罪の理由と証拠を微細に説明した。しかし他の判事らは、有罪の理由も証拠もなんら明確にしていないのである。おそらく明確にできないのではないか。これでは感情によって裁いたといわれても何ら抗弁はできまい。要するに彼らは、日本が侵略戦争をおこなったということを歴史にとどめることによって、自己のアジア侵略の正当性を誇示すると同時に、日本の過去18年間の一切を罪悪であると烙印することが目的であったに違いない。
……引用ここまで……

 一方、パールは絶対的な平和主義者で、世界連邦を提唱し、日本の再軍備反対を唱えたが、これには、時代の背景を考えなければならないと「『平和の宣言』復刊にあたって」(小林よしのり、平成20年1月10日)では書かれている。

 未曾有の大惨事となった第二次大戦後、世界中で同時多発的に、各国家の主権と軍備を制限して、「世界連邦」という国際法による法治共同体の一員として秩序づけようという思想が生まれたそうだ。

 わたしが大学生だった30年前、国際法の授業で、そうした思想があり、それは未だ理想であることを教わったが、その頃までは、そのような理想がまだ何とか息づいていたような気がする。

 パールはまた、享楽主義のマティリアリズム(唯物主義)が非常に横行していることを憂いているが、世界の動向はもう、パールの願いとはあべこべの様相を呈してしまっている。

 日本は今、本当に危ない。

 中国は現在形で他国を侵略しながら、捏造であることが今やほぼ明らかな南京事件で日本の謝罪を要求していたりして、ナンという茶番劇だろうと思っていたら、今度は、7日の米中首脳会談で習近平国家主席がオバマ大統領に対し、沖縄県・尖閣諸島は中国固有の領土、核心的利益だとの認識を表明した。

 中国は尖閣を沖縄を、九州島を、日本全体を狙っているのだ。

 トリキスタンやチベットの悲劇が身近に迫っているというのに、テレビメディアは韓流ドラマ、中国・韓国中心のニュース、自民党叩き、安手の娯楽番組を流し続けている。なぜなら、彼らは中国、韓国の側だから。

 5年後の日本を想い描こうとすると、怖ろしさと不安でいっぱいになる。下手をすれば、わが国が中国の自治区になってしまっていることだって、ありうると思うからだ。

・ウイグルの悲劇 中国の狙いは民族絶滅
http://www.youtube.com/watch?v=-OEHLUtYk2U&feature=plcp

・『5分でわかる!』沖縄から米軍基地が無くなったらどうなるか?
https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=MSZTm7irs4s

・陸上自衛隊 対馬警備隊
https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=MO1Vz0rxdO8

・稲田朋美が尖閣と新潟を中国に売り渡そうとする民主党と対決!
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=qRKttzlppDs

※当ブログにおける関連記事

|

« サンリズム雑感 ③効果が確認できた  | トップページ | 「光よ風よ」無料キャンペーン中です♪ 6月13日午後5時~15日午後5時ごろの2日間 »

おすすめYouTube」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

時事・世相」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事