« ひさしぶりのキヘイカフェ。ドラマ『dinner』。 | トップページ | 泌尿器科(副甲状腺CT)、内科受診 »

2013年4月10日 (水)

8日に、内科受診(副甲状腺エコー)

 副甲状腺シンチグラフィでは、副甲状腺へのRI(放射線同位元素)取り込みはないが、エコーでは4つある副甲状腺のうち一つが腫れているという。

 ただ、それは5年前の入院時にもあり、あまり変化はないとのことだった。

 U先生によると、わたしの副甲状腺は相変わらず灰色という印象で、いっそ取ってしまったほうがいいのか、放置していたほうがいいのか、判断できないとおっしゃる。

 そういわれると患者のわたしとしては困るのだが、手術をするのは泌尿器科の先生なので、そちらのほうの診察をうけてほしいということで、5年前と同じ流れ。

|

« ひさしぶりのキヘイカフェ。ドラマ『dinner』。 | トップページ | 泌尿器科(副甲状腺CT)、内科受診 »

健康 №3(受診)」カテゴリの記事