« 芳ばしさ、フルティーなコーヒー「パナマ」 | トップページ | これは……日本と韓国・中国の関係に似ている »

2013年4月25日 (木)

大深度法で思い出した「2062年から来た未来人の予言」

 2010年11月〜2011年7月に2ちゃんねるオカルト板に書き込まれた、自称2062年から来たという未来人の予言を紹介したサイトへのリンクと未来人の予言をクリップさせていただいた、以下の記事は当ブログで隠れた人気を誇っています。毎日複数のアクセスがあります。

 わたしは未来人の言葉にあるどことなく洒落たセンスに惹かれたのですが、以下のような予言(当の未来人にとっては、彼が知っている単なる事実なのでしょうが)はまさかね、という印象でした。

Q.東京-名古屋-大阪は、リニアモーターカーで予定通り結ばれているか?
A.全国がリニア。
(2010/11/21)

Q.東京以外に日本で栄えている都市はどこか
A.地下都市。(UGC)
(2010/11/21)

 未来であればリニアはありえるかもしれないと思いましたが、地下都市だなんてSF世界のお話のようにしか思えなかったのですね。

 ところが(記事にするつもりで遅れましたが)、4月10日にNHKで放送された「クローズアップ現代」のタイトルは「広がる地下迷宮 〜都市の地下開発最前線〜」というもので、番組では地下開発促進のために国が2000年に制定した通称「大深度法」という法律を紹介していました。

 大深度法とは「地下40メートルより深い空間は通常利用されないと考え、この空間を大深度と定義」し、「民間所有地であっても補償金なしに地下開発を認める」という法律です。

 首都圏、中部圏、近畿圏の3大都市圏だけが対象で、公共の工事に限られるということです。

 大深度法は巨大プロジェクトの追い風になっていて、2027年の開業を目指すリニア中央新幹線はルートの多くが地下を通る計画で、中でも、東京や名古屋周辺では大深度法を利用した地下トンネルになる予定だとか。時速500で走るには、コースは極力直線であるのがベストだそうですが、大深度地下ならそれが実現できるのだそうです。

 NHK ONLINEへ行けば、動画も観ることができますよ。

 わたしは東京に遊びに行くと、モグラになった気がしていましたが、今後、大都市の地下は迷宮化を加速させそうですね。未来人の予言がにわかに現実味を帯びてきました。

 また、未来人はインドが彼の時代には最強国家といい、日本とは友好関係にあると述べていますが、両陛下のインドご訪問が年内に調整されているというニュースなど観ても、つい未来人の予言を連想してしまいます。 日本とインドの国交樹立60周年を迎えたことを受けて、昨年インド政府が招請していたとのことです。

 でも、あくまでSF的お話という距離を置いたスタンスで、「未来人の予言」を楽しみたいと思っています。結構、怖いこと、深刻なことも述べられていますしね。

 2062年というと、わたしはもう100歳すぎで、ほとんど仙人の域かも。未来人の予言では、医学的にも、相当な進歩がありそうですが……。

|

« 芳ばしさ、フルティーなコーヒー「パナマ」 | トップページ | これは……日本と韓国・中国の関係に似ている »

テレビ」カテゴリの記事

占星術・タロット」カテゴリの記事

時事・世相」カテゴリの記事

未来予知・予測(未来人2062氏、JJ氏…)」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事