« あと2冊、本を出したら、創作に入る予定 | トップページ | 赤羽建美『本を殺したのは、無能編集者である(Kindle版)』(アカシック ライブラリー、2013) »

2013年3月 3日 (日)

初めて、有料のKindle本を購入 - 赤羽建美『本を殺したのは、無能編集者である』

 青空文庫の無料Kindle本を買うために初めて登録した3,000円のギフト券。

 そこから、初めて以下のKindle本を購入した。サンプルをダウンロードできるので、冒頭部分を読んでみてほしい。これこそ、わたしが知りたかった舞台裏である。そして、冒頭部分で既に、わたしの感じていたことのいくつかが裏付けられた。

 読了後の感想は、書くかどうかわからないが(印象が強すぎて書けない場合もあれば、読んでいる途中でつまらなくなって書く気が失せる場合もある)、目次機能を使ってざっと見たところでは、読み応えはありそう。

 電子書籍とアマゾン・プリント・オン・デマンドのみで発売されている異例の作品だそうだ。

  著者名が、本では赤羽建美になっている。案内では、赤羽達美。本にしるされているほうが正しいのだろう。

|

« あと2冊、本を出したら、創作に入る予定 | トップページ | 赤羽建美『本を殺したのは、無能編集者である(Kindle版)』(アカシック ライブラリー、2013) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

おすすめKindle本」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めて、有料のKindle本を購入 - 赤羽建美『本を殺したのは、無能編集者である』:

« あと2冊、本を出したら、創作に入る予定 | トップページ | 赤羽建美『本を殺したのは、無能編集者である(Kindle版)』(アカシック ライブラリー、2013) »