« 最近の夢から | トップページ | 迫る総選挙と気になる北の動き。わたしたち夫婦の一年を振り返って。 »

2012年12月 2日 (日)

年賀状作成ソフト。電子書籍作成で、ルビをつけるかどうかで迷う。

 最近、昨年アップした以下の記事へのアクセスが増えてきました。

 そうなるとわたしもそろそろ年賀状の準備にかからなければ、という気分になりました。家族に必要な枚数を訊いて、年賀状を購入したものの、パソコンを買い替えたので、これまで使っていたソフトは使えないかもしれないと思うと、億劫になりました。

 でも、ぎりぎりに年賀状を出すように習慣づいてしまっているだけに、使い勝手だけは確認しておかなくてはと思いました。パソコンに入っていた「筆ぐるめver.19」を起動させてみました。

 うーん、予感がしたように、使いにくい。説明がまた、うるさく感じられ……嫌になって、無料ソフトを探しました。そして、以下の二つの無料年賀状ソフトをお試しダウンロード。

 日本郵政のWebサイトから、無料でダウンロードできる年賀状ソフトです。

 使い方は音声付映像とHTML版の両方でわかりやすく紹介されています。これ一つあれば、はがきの作成は充分まかなえるという好印象でした。

 わたしは「テンプレート素材を探す」をクリックしてディズニーキャラクターのテンプレートから、大好きなプーさんのテンプレートを借りました。「素材」をクリックして「あいさつ文」からフランス語のあいさつ文、「スタンプ」をクリックして吹き出し風スタンプを挿入し、それにテキスト文を入れてみたら、あっという間に年賀状の裏面の一丁あがり!

 無料版のみの利用ですと、表面(宛名)の作成、住所管理はできますが、裏面の作成に必要なテンプレートや素材は他から自分で探してくることになります。時間がありさえすれば、それも楽しいものです。作成画面がすっきりとしていて鮮明であるため、とても見やすく、使いやすそうです。

 どちらも、優れた機能を持つソフトで満足度は高かったのですが、こうなると、逆に「筆ぐるめ」を使わずに済ますのが、癪に障るような気がしてきました。自由度の低い、重装備のソフトという感じがしていましたが、改めて試してみると、使うのに難しいということはなく、親切すぎるくらいにきちんとしていて、如何にも年賀状を作成しているという気分になれそうです。

 で、わたしの場合、年賀状は、筆ぐるめとはがきデザインキットを並行して使って、作成することになりそう。

 中旬までには完成させたい電子書籍『田中さんちにやってきたペガサス』ですが、ルビをどうするかで迷っています。タグ使用でルビをつけることはできるのですが、ルビ表示はwebとPDFへの対応で、ePubに関しては未対応なのです。なんか微妙だなあ。

 子どもが読んでくれるかもしれないと思えば、見てくれは悪くなるけれど、《》に入れてでも、ルビをつけておきたい気がします。期間限定のお試し無料版とする予定なので、まずいと思えば改稿することにして、とりあえずは出さなくてはね。

 Kindleで電子書籍にする場合は、その前に、Kindle Paperwhiteを買って実際の見え具合を試してみなくてはと思っています。ですから、Kindleに出すのは、来年になるでしょう。

|

« 最近の夢から | トップページ | 迫る総選挙と気になる北の動き。わたしたち夫婦の一年を振り返って。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

電子書籍」カテゴリの記事