« 久しぶりに息子と電話 | トップページ | 自作俳句「秋刀魚 二句」 »

2012年9月15日 (土)

童話一編なんとか完成

童話一編は昨日送った。果たして、幼年童話になっているのか? 見直すたびに訂正箇所が増えていき(こう変えたほうがよいのではないかと際限なく迷い出し)、気ぃ狂いそうになった。

この際、続けて、手っ取り早く中断中の童話も完成させたいところだが、そうはいくまい。

こちらは起承転結のうち、《承転結》をこれから書き進めるとあって、まだ楽しみに満ちてもいるが、これも見直す段階では一種魔物と化して、訂正箇所をどんどん自己増殖させるのだろう(んなわけ、ないのだが)。

昨日仕上げた作品からすれば、こちらは年齢層がだいぶ上がる。

これを書き上げたら、フラウィウス・ヨセフスだ、マグダラのマリアだ!

それに電子書籍。幻想小説集第2弾! まずは、短編小説『茜の帳』に、エッセー『萬子媛抄』『祐徳稲荷神社にて』を加えたものから、電子書籍化しなくては。これは無料の予定。

評論『村上春樹と近年のノーベル文学賞作家たち』も、今年のノーベル文学賞の発表前には電子書籍化しておきたい。

たまに検索ワードに打ち込まれる『卑弥呼をめぐる私的考察』も、なるべく早いうちに電子書籍に……。過去に当ブログにお見えになったかたが、打ち込まれるのですかね。有料となると、読んではいただけないだろうが。

電子書籍で素人が儲けられるとは思っていない。有料にこだわるのは、作品保護のためだ。

『ベールをとったイシス』の読書も、重要だ。

|

« 久しぶりに息子と電話 | トップページ | 自作俳句「秋刀魚 二句」 »

創作関連(賞応募、同人誌etc)」カテゴリの記事

文学 №2(自作関連)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/55661934

この記事へのトラックバック一覧です: 童話一編なんとか完成:

« 久しぶりに息子と電話 | トップページ | 自作俳句「秋刀魚 二句」 »