« 童話一編なんとか完成 | トップページ | コーヒーメモ №2  »

2012年9月15日 (土)

自作俳句「秋刀魚 二句」

20120914205623

哀楽や秋刀魚納めし皿三つ

秋刀魚臭籠もれる部屋の読書かな

 昨日の夕飯は、今秋初の秋刀魚でした。美味しい秋刀魚でしたが、脂はこれからもっとのるでしょうね。
 秋刀魚を二つに切るとき、どうしてもじっと顔を見てしまいます。

 日中、深夜などもまだまだ暑くて、俳句愛好家の一人であるわたしとしては季語の関連から心配になったりしますが、秋らしさは感じますので、季節の型そのものは壊れていず、そのうえに暑さをはじめとする気象異常がかぶさっているという印象を受けます。いわゆる人為的な温暖化現象が原因なんでしょうかねえ。

|

« 童話一編なんとか完成 | トップページ | コーヒーメモ №2  »

俳句」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学 №2(自作関連)」カテゴリの記事