« 手厳しい娘の批評 | トップページ | ああ馬…… »

2012年9月 4日 (火)

何とか軌道に

起承転結の《起》で、早くも躓いた童話。また徹夜で頑張り、インスピレーションのワンシーンを支えている物語は既にあるはずだという確信のもとに、自然に物語が見えてくるのを待ったら、見えてきました。

《起》は書けました。構成もストーリーもだいたい同じなのに、別人が書いたように、全く別物になりました。登場人物も登場する物もタイプが違いますし、なにより全体の雰囲気が。

対象年齢が上がり、4年生以上です。それに、驚いたことには、前に他の作品に出て来た子が再登場。

どうか、完成させられますように。焦らず、ゆっくり進まなくては。

|

« 手厳しい娘の批評 | トップページ | ああ馬…… »

文学 №2(自作関連)」カテゴリの記事