« 胸の苦しさに、スプレー1回。 | トップページ | みずみずしさが長持ちする、「夏旨だいこん」(KIFA) »

2012年8月23日 (木)

児童文学作品Pに絵がほしいです

Cocolog_oekaki_2012_08_24_01_34

 まだ短編小説が仕上がっていず、童話2編にも時間がかかりそうなので、来月半ばくらいまでは電子書籍の作成に入れないと思いますが、どんどん作成していきたいです。

 児童文学作品Pも電子書籍化を考えているのですが、これには挿絵がほしいのですね。少年がペガサスを飼う物語です。

 挿絵を描いてくれる人が見つからないので、仕方なくブログのお絵描きツールを使って上の絵を自分で描いてみたりしましたが、これではあんまりだと自分の作品が可哀想になり、肩をふるわせていたら、見かねた娘が描いてやってもいいような反応を示しました。

 娘が描いてくれなければ、絵なしで出すことになるでしょう。

 子供たちが冒険に入った段階で止っている長編児童文学作品『不思議な接着剤』はいつ仕上がるかわかりませんが、壮大なドラマになるはずなので、これにも絵がほしいのです。

|

« 胸の苦しさに、スプレー1回。 | トップページ | みずみずしさが長持ちする、「夏旨だいこん」(KIFA) »

児童文学」カテゴリの記事

創作関連(賞応募、同人誌etc)」カテゴリの記事

文学 №2(自作関連)」カテゴリの記事

電子書籍」カテゴリの記事