« 生クリームみたいなアボカド | トップページ | スモークツリー »

2012年6月 2日 (土)

C・G・ユング『子どもの夢』

 図書館から借りたユングの『子どもの夢』を読んでいた。

 大学時代、ユングとシモーヌ・ヴェイユは神秘主義への関心を高めてくれた。グノーシスに関する本を初めて読んだのもその頃だったが、『子どもの夢』には、グノーシス派の著作からの引用も多くある。

 ただ、ユングから神秘主義へと向かった当時と、神秘主義からユングへ向かってみた現在とでは、わたしの感じかたはまるで異なる。

 神秘主義の用語、シンボル、体系などを、ユングのようなスタイルで用いることへの違和感が生じてしまう。

 

 この記事はまだ書きかけです。

|

« 生クリームみたいなアボカド | トップページ | スモークツリー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事