« 文学の危機――その発端を回想する | トップページ | 読み聞かせとファンタジー蔓延の原因か? »

2012年3月 5日 (月)

新しいプリンタ

20120305125448

 娘とそれぞれの窓を設けて共有しているパソコンを買ったときに、キャノンのプリンタが1万円くらいであったので、一緒に買いました。

 ふたりでフルに使っているパソコンの寿命が心配ですが、それより早くプリンタのほうが……。ときどき印刷できなくなることがあって、昨年賞狙いしていたわたしは締め切り前になると、うまく印刷できなかったらどうしようとハラハラしたものでしたが、騙し騙し使っていました。年賀状も何とか印刷できました。

 娘は、年賀状以外ですと、仕事関係でたまに使うくらい。夫は自分専用のものがあるので、これもたまに使う程度。尤も、夫のキカイも調子がよくないみたいですが、興味がCGに移ったので、この種のものは今はあまり必要でない様子。ひたすら酷使してきたのは、わたしです。

 ただ、これが全然使えないとなると、夫と娘も困るので、買い替えどきかしらねと話してはいました。それでも、廃インク吸収体が満杯にならなければ、もう少しは使い続けたでしょう。修理に出すくらいなら、買い替えようという話になりました。

 8年前と比べると、プリンタも進化していました。使っていたキャノンのプリンタは紙詰まりが起こりがちだったことと、A4以外のサイズのペーパーは上から入れなくてはならず、それが不便でした。不満はそれぐらいでした。

 キャノン製品で手頃なものがあればと思って出かけ、電器店ですすめられて買ったのがエプソンのプリンタで、カラリオというシリーズの804AW。黒、白、赤とあって、夫は黒、娘は白、わたしは赤が好みでしたが、白だと部屋が明るくなるので白にしようということに。

 20年ほども前の話になりますが、その頃、写真に凝っていた夫の使っていたのがエプソンで、色彩の美しさに惚れ込んでいました。ただインクが詰まりやすく、わたしもその印象が強かったので、店員さんに伺うと、長く使わないとどうしても詰まりやすくはなるが、それほど心配する必要はないとのことでした。

 キャノンの顔料インクによる文書印刷はくっきりとしていて美しかったので、804AWは染料インクだと知って、ちょっと心配になりました。が、これも大した違いはないという店員さんのお話。でも、使ってみたら、やっぱり顔料インクのほうが鮮明でした。染料インクでの文書印刷は、やや滲む感じがあります。顔料インクに比べると、色合いが淡くなるぶん、落ち着いたトーンがあるともいえ、これはこれで悪くはない気もしましたが……。

 中古のコピー機を、博多駅に近いアプライドで、買い、壊れるまでの数年間フルに使ったことがありました。そのときはわたしのワープロを買いに行き、見ると、安かったから買ったのでした。わたしもまだ若く、30代でした。

 ワープロは、ルビを入れると 1行ぶん行間が空きました。まだ比較的ワープロが珍しい頃の製品でしたから(当時のワープロとしては高いほうではありませんでしたが、それでも2万円しなかった今回の買い物より高くついたと思います)、使い勝手が悪く、1回修理して何年使ったかは覚えていません。そう長くは使いませんでした。

 ですが、インクリボンの色がとても美しくて、手作りの個人誌「ハーモニー」に、過日亡くなった女友達の詩『あこがれ』をとりわけ綺麗だった青で印字し、彼女が悦んでくれたことを思い出します。このワープロはエプソンでした。その後シャープに買い替え、パソコンを買うまでの長い間創作を支えてくれました。しかし、その頃になると賞狙いを始めていたために、シャープのワープロからはつらい記憶ばかりが甦るのです。

 個人誌「ハーモニー」を作るのに大活躍してくれたコピー機もエプソンでした。最初の「ハーモニー」は、A4に印字したものをコピーしてホチキスで留めただけのもの。そのうち30頁を超えるようになったので、製本テープでホチキスを隠しました。A4サイズの用紙の右端を留めるだけという、ざっくばらんなスタイルは同じ。

 投稿を受付けて、30部から多いときは50部くらい作り、文学仲間、友人、知人に配りました。無邪気にやっていたからか、皆も一緒にのってくれたり、温かく見守ってくれたりして、あれは本当に楽しかった思い出です。ですから、エプソンの製品を見ると、何かしら弾むような気分が甦るのですね。

 コピー機能はずっとなしでやってきたので、特に必要を覚えなくなっていましたけれど、あるといやー便利。さっそく借りた本からコピーしました。作品も1編、印刷しましたよ。

 まだ使い始めたばかりなので、満足できる製品かどうかはわかりません。文書印刷の滲みと(慣れれば気にならないだろうと思う程度の)、作業中の音が結構うるさいところがやや不満かしら。嬉しいのは印刷・コピー速度の速さ。他にも、いろいろと出て来るでしょう。

ググってみると(買ってからググるというのも変ですね)、これの前に出た803Aはかなり人気があったみたいです。804は、機能的には803とほぼ同じと考えていいようです。自分で見るために、エプソンのホームページから抜粋して、機能一覧を折り畳んでおきます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

EP-804A/AW/AR 機能一覧(エプソンのホームページより)

○無線LAN

  • 無線LANなら、どこでも置ける、みんなで使える
  • どんな環境でも、無線LAN設定がカンタン
  • セキュリティーにも対応
  • iPad/iPhoneをはじめ、Android 、無線LAN対応ケータイからのワイヤレスプリントも可能。さらに自由に、楽しさ広がる
  • メールで送ってプリントできる「メールプリント」
  • Googleクラウドプリントに対応
  • AirPrintに対応

○使いやすい

  • 簡単操作
  • うっかり防止アラートでミスをお知らせ
  • 見やすい大画面カラー液晶
  • プリント状態が分かるLEDステータスバー
  • 自動両面印刷で、プリントを効率的に。
  • 2種類の用紙を同時セット可能な、前面・二段トレイの給紙カセット
  • Blu-ray /DVD/CDトレイを本体に内蔵
  • インク交換もカンタンインク交換
  • L判写真1枚約14秒の高速プリント高速写真プリント
  • 「REALOID」で、ダイレクトプリントが速い。
  • 「高速スキャンテクノロジー」で、コピープリントも速い

○デザイン

  • 調和するデザイン+3色のカラーバリエーションでどこでも置ける

○キレイ

  • 多色インクで、美しさを忠実に
  • 「Epson Color」で、失敗写真も美しく
  • 独自の技術で高画質&高速プリント「Advanced-MSDT」
  • 文字領域と画像領域を判定してコピー
  • 画像本来の色を忠実に再現する美しいプリント
  • 様々な用紙・サイズに対応

○つよインク

  • 使い方に合わせて選べる2タイプの純正
  • プリンターの性能を引き出す、純正インク
  • インクのご購入をサポートする、便利なプリンタードライバー機能

○多機能

  • 生活の中で役立つ写真コピー&カラーコピー
  • 4種類のカードスロットを装備、多様なメモリーカードに対応
  • 高精細スキャナーで、写真や書類をスキャンしてデータ保存
  • スキャンしてメモリーカードに保存
  • パソコンなしでレーベルプリント
  • 1枚の手づくりが何枚もの手づくりに。「手書き合成」
  • 退色復元で色あせた写真もよみがえる
  • 高速赤外線通信でピッとワイヤレスプリント
  • PictBridge対応PictBridge対応
  • パソコンなしで写真データの保存&プリント
  • ランドマーク情報のプリントに対応
  • WEBプリントをカンタンに「E-Web Print」
  • 塗り絵印刷
  • ノート罫線印刷
  • 「プレイステーション 3」とつないでプリント
  • 写真を楽しく飾れるフレームプリントPRINT Image Framer対応
  • 写真がもっと楽しくなるオリジナルフレーム
  • パソコンいらずでオーダーシートでプリント
  • 使いやすいプリンタードライバー
  • ワイヤレス転送技術「TransferJet 」に対応

|

« 文学の危機――その発端を回想する | トップページ | 読み聞かせとファンタジー蔓延の原因か? »

ショッピング」カテゴリの記事

家庭での出来事」カテゴリの記事

文学 №2(自作関連)」カテゴリの記事