« 瀕死の児童文学界 ⑤独学によさそうな本  | トップページ | 児童文学作品Pの宣伝 »

2012年3月 1日 (木)

循環器クリニック受診

循環器クリニック受診

午後2時半に記事を書きかけたところで、くたびれて中断、横になったら5時まで寝てしまいました。あー、掃除、洗濯を済ませてからクリニックに出かけて、正解。

遅く出かけたので午前中に受診する患者の中ではビリになってしまいましたが、待ち時間はさほど……それでも計算したら2時間半か。

でも早く出かけるほうが、待ち時間では割りに合わないのです。ただ遅い時間の診察になると、先生には疲労が加わるぶん、診察がレベルダウンすることがあるかも(?)。

今日はそれはありませんでしたが、受診中に2回重大そうな電話が先生に入り、先生と話しかけたところで長い中断。わたしのほうもそのせいで、いいだそうとしていたスプレー式のニトロのことを忘れてしまいました。まあ心臓は回復したからいいわ。

多かったニトロペンの使用量については、友人を亡くした影響からか、不調のサイクルをなかなか抜けられなかったといいました。こうした原因のはっきりしている場合は、使う量が多かったとしても、特に問題とはされないようです。

「急に亡くなったの?」と先生。「急でした。でも、長く統合失調症を患い、薬は沢山飲んでいたと思います。あちこちにがたが来ていた様子はありました」というと、先生は驚いた表情をなさいましたが、無言。しばらくして「じゃあ、もうニトロないだろう? あげておこう」とおっしゃいました。

わたしは、湿疹に困っていることをお話ししました。
「だいたい出るほうだったっけ?」と先生はおっしゃり、カルテの確認。逆流性食道炎に悩まされ始めたこともお話ししました。

湿疹の再発(?)と胃の不調はなぜか、同時に起きてきます。気候的な変化についていけないことが原因かしらね。

そして、そこからあれこれ薬を使い出し、下手をすれば以前のような薬剤性肝炎といった事態を招きます。で、我慢していたのですが、胃液の逆流って凄く不快で……薬なしではいられなくなるのです。

パリエットとガスモチンは薬剤性肝炎になる前に使っていたため、疑われたままです。逆流性食道炎の薬が使えなければ、胃をいくらかでも爽やかにしてくれそうな薬であれば、何でもいいと思っていました。

「タケプロンは使ったことある?」と、ロマンスグレイの頭髪を掻き毟ったあとで、先生。頭髪を掻き毟るのは、困ったときの先生の癖です。

 タケプロンは初めてで、それを出していただきました。1週間ぶんだけ、お試しという感じです。わたしは血液検査をお願いしました。その結果を基準とし、もし今後、肝機能に異変があれば、タケプロンが原因でしょう。

採血のときに、いつも針を刺して貰う血管の横にもう1本、とれそうな血管が走っていると看護師さん。次回はそのスペアから、とって貰いましょう。

赤ちゃんは血管が細くて採血しにくいだろうとお尋ねすると、小児科にいたことのある別の看護師さんが「赤ちゃんはね、案外とりやすいのよ。血管が柔らかくてぷにぷにしているから、刺したら、一発で刺さるの。点滴なんかもしやすくってね。本当に、ぷにぷにって感じよ」そんなものかと驚きました。

診察前に体重と血圧を測ってくれたのは、以前は呼吸科クリニックでお世話になっていた看護師さん。

循環器クリニックの看護師さんは感じのよいかたばかりですが、この看護師さんは爽やかで、優しい、透明感のあるかたなので、わたしの特別のお気に入り。あまりお目にかかりませんが、お顔を見ると、ホッとします。亡くなった友人も透明感のある人だった――としんみりしましたけれど。

血圧は110―70。これくらいが、わたしは一番いいです。だるいのは血圧が低いせいかと思っていたら、そうではありませんでした。これくらいあると、朝、眠くなったりはしませんね(帰宅後に爆睡した癖に)。

ニトロペンの使用量が多かったので、看護師さんから心電図を勧められました。寒くて服をめくるのが嫌だったので、「はあ……」と気のなさそうな返事になってしまうと、看護師さんは次回でもいいですよ、とおっしゃいました。

心臓は回復したので、わたしの気になるところは、湿疹――胃――血液、つまり肝機能に移ってしまっていたのでした。

わたしの場合、何ともないときに心電図をとっても、あまり意味がないのです。頻脈の抑えが悪くなり、そこへ冠攣縮性狭心症の発作が繰り返し起き――というようなときに24時間心電図をとって貰いたいと以前から思っているのですが、そういうときに受診する気力の湧くことはまずありません。その気になったときはよほどのときで、たぶん救急車で受診でしょうね(救急車を呼べればですが)。熟練した先生の聴診で、大抵のことはわかるみたいですし……。

日赤の整形外科の先生からお預かりした検査結果は、受付でお渡ししました。整形外科の先生に「どういって渡せばいいのでしょうか? 何か伝言はありますか?」とお尋ねしたときに、特に伝言はなく、ただ渡せばよいということだったので、そうしましたが、先生は案の定、検査結果を渡された意味がおわかりにならないお顔。

整形外科の診察中に、整形外科的・血液的な異常は服用している薬が原因であることもあるとか、ALP値の異常は骨だけでなく、胆嚢などが原因であることもある―――とおっしゃたことを伝えるべきかどうか迷いました。

伝えませんでした。伝言ないとおっしゃたもの。そもそも、系列違いの病院を勝手に受診したことが、まずかったみたいです。この県では系列を乱してはならない慣わしであると、入院中に同室の方々から教わったのですが、時すでに遅しでした。

でも、五十肩を循環器クリニックで診ていただくというのはいくら何でも……別件で複数の骨腫瘍の存在が発覚し、内科――整形外科――脳神経外科の連携プレー下で検査入院までするとは思わなかったのです。

県立にかかっていれば、こんな気まずい事態は避けられたのでしょうが、日赤は何しろわが家から歩いてさえ行ける距離。五十肩くらいで、バスに乗ってまで行きゃしません。

漠然とした事柄なので、整形外科の先生もはっきりとした伝言のかたちにはなさらなかったのでしょう。ちなみに、今日は尿検査の結果はいただきませんでしたが、見えました。ビリルビンには異常なかったと思います。潜血はあったみたいだけれど、これは以前からちょくちょくあって、問題になったことはなし。

薬は、ジェネリックが成分表示に変わる方向だとか。先発薬はそのままだそうですから、ブランド名だけ残すってことですね。

わたしもジェネリックだと薬の名を覚えきれないので、困っていたところでした。成分名だと、勉強になりますし(?)、まだしも覚えられそう。今回、アイスラールが一硝酸イソソルビド「タイヨー」に変わっていました。タイヨーというのは、メーカー名だそうです。ジェネリック同士は、メーカー名で区別できるというわけです。コロヘルサー、ニコランタもジェネリックなので、おいおい薬の名が変わるはずだとか。

○インデラル錠10㎎=1日3回、毎食後、40日分。
○ニコランタ錠5 5㎎=1日3回、毎食後、40日分。
○コロヘルサーRカプセル100㎎=1日2回、朝・夕食後、40日分。
○一硝酸イソソルビド20㎎「タイヨー」=1日2回、朝・夕食後、40日分。
○タケプロンOD錠15 15㎎全7錠=1日1回、朝食後、7日分
○ニトロペン舌下錠0.3㎎全10錠=胸痛発作時、10回分
○フルタイド200ディスカス 200μg60ブリスター=全1個、吸入

|

« 瀕死の児童文学界 ⑤独学によさそうな本  | トップページ | 児童文学作品Pの宣伝 »

健康 №3(受診)」カテゴリの記事