« 童謡、できました。 | トップページ | 整形外科受診 »

2012年1月24日 (火)

戯れにググってみたら ②同じ人ですか?

熊沢 正子
山と溪谷社
発売日:1988-05

わたしが高校3年生のときに心惹かれた詩の作者と同じ名前の上のかたは、同一人物なのでしょうか?

“ 熊沢正子 KUMAZAWA Masako
1958年、東京生まれ。ライター、編集者。出版社勤務を経てフリーランスとなる。85年6月から87年7月まで自転車で日本一周ツーリング。92年6月から93年3月まで、台湾・ヨーロッパ・韓国、そして日本を、同じく自転車で連続走破した。著書に『チャリンコ族はいそがない』(山と渓谷社1988年刊)、『チャリンコ族はやめられない』(山海堂1993年刊)、『アウトドアクッキング』(大月書店「シリーズ子どもとつくる(38)」1994年刊)がある。現在、アウトドア雑誌『探険倶楽部』(青人社刊)にMTB紀行等を連載中。(『チャリンコ族は丘を越える』奥付ページより転載)
転載の転載で申し訳ありませんが、わたしと同じ学年というと、1957年か1958年生まれということになります。もし『チャリンコ族はいそがない』を上梓された熊沢さんがわたしと同じ早生まれだとすれば、同一人物である可能性が高くなります。詩の作者の高校は、東京の高校でした。違ってたら、ごめんなさい!

 『チャリンコ族はいそがない』は図書館にあるようです。感想は後日。

|

« 童謡、できました。 | トップページ | 整形外科受診 »

家庭での出来事」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事