« 定年退職後の厳しい風 | トップページ | 心配で眠れません »

2011年12月27日 (火)

決まりました

定年退職後、ポリテクに通っていた夫ですが(年内は今日までで、午前中の授業でした)、警備会社に決まりました。こうすぐに決まるとは思わなかったので、慌てています(まだ雇用契約書は交わしていません)。

仕事の内容は交通誘導です。常駐はなかなか空きが出ないとか。また常駐の場合、賃金にかなりのバラつきがあるそうですが、希望すれば、空きが出たときは教えて貰えるそうで。

明日が講習、それから3日間でしたか、実地指導があり、そのあと勤務となるようです。

警備会社も乱立しており、良し悪しは、入ってみなくてはわかりませんが、これまで警備関係の求人を見てきたところでは、求人票の書き方がきちんとしている印象でした。

ポリテクに、派遣会社を勤め上げたあと、来ている男性がいて、その人はさすがに情報通らしく、夫が決めた警備会社は大きいけれど、仕事がきついかもしれないといっていたとか。

夫が面接で説明を受けたところによると、人によっては指名を受けてすごく忙しくなる人がいるそうです。ただ、忙しすぎると思えば、自分でコントロールすることはできるとか。また、1年中、仕事はあるそうで。

夫は大学時代に警備員のアルバイトをしたことがあり、何の指導も受けなかったのに閉口したといいます。わたしも、潰れる寸前のスーパーで、何も教わらないのに、いきなり2階全部を担当させられて困ったことがあったので、夫の気持ちはよくわかりました。

ネット検索してみると、今でも、指導も訓練もなしにいきなり現場に行かせる警備会社は結構あるようです。夫が最初に電話してみたところは、そんな感じだったといいます。

しかし、指導があると書いてある警備会社があったと夫はいい、そこへ電話をかけてみたというわけでした。

最初にきちんとやり方を身につけておけば、同じ仕事での転職も怖くありませんからね。夫は資格もできたらとりたいといいますが、そこでそれが可能かどうかはわかりません。

防寒用の下着は、ヒートテックのに、デパートにある温かそうなのに、股引、腹巻きに、毛皮付のチョッキに……とわたしがメモしていたら、夫が「北極にいくわけじゃないんだから、必要なものは実際にやってみてから、揃えればいいよ」といいました。

でも、初日から風邪ひいたらどうするの、寒がりの癖に? とにかく、明日、防寒対策の下着は一通り買いに行くつもりです。

お弁当箱は、昔使っていたような三段重ねのジャータイプがいいかしら、と訊くと、これも待った、をかけられました。

まずは明日、講習に行ってみなくてはわかりませんものね、何もかも。

今、夫は、ポリテクで親しくなった人々と忘年会中です。お別れ会になるとはね。

今日は年賀状を書くつもりでしたが、急な展開に、頭がぼーっとしてしまって。

夫に釣られたわけではありませんが、娘も転職を考え始め、書類は通り、来月博多で筆記試験です。狭き門ですが……。

数年前に娘が転職を考えたときは契約かアルバイトの求人しか見つかりませんでしたが、時期的なものなのか、正社員の求人は今のほうが目につきます。

ただ、薄給で長時間の勤務を固定化したいがための「正社員」待遇だろうか、と疑いたくなるケースも増えた気がします。

夫も一応、正社員です。働いてみて、これは……と思えば、やめればいいし、他によさそうなところはないか、わたしも気をつけていくつもりです。

夫の友人の「定年後は、きつい、汚い仕事しかないよ」という話は本当でした。その話を聴いていなければ、もっと楽観できたでしょうけれど、とりあえず、夫婦で話してこの警備の仕事に決めた次第です。

|

« 定年退職後の厳しい風 | トップページ | 心配で眠れません »

夫の定年」カテゴリの記事