« ゼロゼロ、ドクドク。ニトロ使用。 | トップページ | 尿量に乏しい朝。メディトランステープの代わりに出して貰ったアイトロール。友人の恋愛の悩み。 »

2011年10月23日 (日)

児童文学作品P 22)6枚追加で、現在95枚。

21)からすると、6枚追加で、現在95枚。章分けと参考文献に要する2枚を加えると、あと23枚。

 これまでのぶんの全体的な直しに時間がかかってしまった。ここまでくると、全部書き上げてから直しに入ってもいいと思ったけれど、読み返していて気になった。書き加えるごとに直しもやってきたのだが、書き上げたあとでまたぼろぼろと出てくるのだろう。間違ったところが癌みたいに増殖しているんじゃないかとさえ思ってしまうことがある。

 書くことに熱中すればするほど、日本語がおかしくなる傾向にあるのはどうしたわけか。簡単な文法さえ、わからなくなったりして。

 このあと音楽会の場面など書かなくてはならないのだが、火曜日に大ちゃんのベルリン・バロックに出かけてからのほうが――演奏形態は違っても――ムード的なものなどで、よく書けるかもしれない。

 100枚にはして出かけたいものだ。締切の月末まで、もういくらもないから。その一方では、相変わらず変な執着心が起きる。作品を終えてしまったら、神話から借りた動物がわたしの傍からいなくなってしまう気がして。書いている間中、心をあたためてくれているのだ。

 娘が続編を書けばいいじゃない、という。それは考えていて、さりげなく布石を打ってはいる。こうしておくと、落ちたときに便利。長いものに書き換えやすいから。あーあ、応募前から落ちたときのことまで考えている。勿論、それだけが理由ではなくて、一度に長いものを書くのがしんどい場合はこれが有効な手段の一つだと考えているわけ。

|

« ゼロゼロ、ドクドク。ニトロ使用。 | トップページ | 尿量に乏しい朝。メディトランステープの代わりに出して貰ったアイトロール。友人の恋愛の悩み。 »