« 児童文学作品P 9)4枚追加で32枚 | トップページ | 娘が贈ってくれたペンダント② »

2011年9月26日 (月)

服部幸應先生レシピ「ソーセージとキャベツのスープ」、土井善晴先生レシピ「長いもの含め煮」「牛薄切り肉のマスタード炒め」

 これから秋が深まるにつれ、あたたかいスープを作りたくなるでしょう。先日作った服部幸應先生のレシピ『ソーセージとキャベツのスープ』が美味しかったので、「週刊 服部幸應のしあわせクッキング55号」(ディアゴスティーニ・ジャパン)からご紹介します。

P8220045a_2

[材料・4人分]

  • ウィンナソーセージ……12本
  • キャベツ……1/6個
  • にんじん……1/2本
  • セージ(あれば)……適量
  • マスタード……少々
  • スープ(固形または顆粒スープ利用でよい),塩,こしょう

[作り方]

  1. キャベツ、玉ねぎは大きめのざく切りに、にんじんは輪切りする。
  2. 鍋にスープ5カップと①を加え、やわらかくなるまで煮る。やわらかくなったら、セージ2~3枚とソーセージを加えてさらに煮る。
  3. ②に塩、こしょう各少々を加えて味をととのえ、器に盛って好みでマスタード、セージを添える。

 わたしは、セージはドライタイプを使いました。以前ご紹介した服部先生の『ソーセージと野菜の煮込み』も同じような材料ですが、そちらはギリシャ風香辛料を振りかけるお洒落なレシピ。

P8220040

 これも、これから作る回数が増えそうな土井善晴先生のレシピ『長いもの含め煮』。翌日、冷蔵庫に入れておいた余りものを食べましたら、味がよく滲み込んで、一層美味しくなっていました。出来立てのも、冷たいのも美味しいです。『週刊 土井善晴のわが家で和食 改訂版No.40』(デアゴスティーニ・ジャパン)からご紹介します。さやえんどうは家になかったので、割愛。

[材料・4人分]

  • 長いも……大1本(700g)
  • 二番だし……3カップ
  • 砂糖、みりん……各大さじ3
  • 薄口しょうゆ……小さじ2
  • さやうんどう……少量

[作り方]

  1. 長いもは厚めに皮をむき、3~4㎝幅に輪切りにする。
  2. 鍋にだしを入れ、①の長いもを加えて火にかけ、煮立ったら落しぶたをして中火にし、7~8分煮てやわらかくする。
  3. 長いもがやわらかくなったら砂糖、みりん、薄口しょうゆ、塩を順に加えて落としぶたをし、さらに弱火で10分程度煮含める。さやえんどうは筋を取り、塩少量(分量外)を加えた湯で、色よくゆでる。
  4. ③の長いもに味がよくしめて、煮汁がひたひたになるくらいまで煮含めたら、火からおろす。器に盛り、さやえんどうを添える。

P8060197

 安くて美味しい牛肉の切り落としには重宝していますが、それを使って、土井善晴先生のレシピ『牛薄切り肉のマスタード炒め』を作ってみましたら、グー! さっとできて、とっても美味しいです。蒸したアスパラガスを添えてみました。『週刊 土井善晴のわが家で和食 改訂版No.53』(デアゴスティーニ・ジャパン)からご紹介します。

[材料・2人分]

  • 牛薄切り肉……100g
  • しょうゆ……大さじ1と1/3
  • みりん……大さじ1/2
  • 粒マスタード……大さじ1

[作り方]

  1. 牛肉は一口大に切る。
  2. フッ素樹脂加工のフライパンで①の牛肉を炒める。
  3. 牛肉の色が変わったらいったん火を止め、しょうゆ、みりん、粒マスタードを加える。再び火をつけ、汁けがなくなるまで、焦がさないように煮つめる。

|

« 児童文学作品P 9)4枚追加で32枚 | トップページ | 娘が贈ってくれたペンダント② »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/52836746

この記事へのトラックバック一覧です: 服部幸應先生レシピ「ソーセージとキャベツのスープ」、土井善晴先生レシピ「長いもの含め煮」「牛薄切り肉のマスタード炒め」:

« 児童文学作品P 9)4枚追加で32枚 | トップページ | 娘が贈ってくれたペンダント② »