« 排出に成功か?  | トップページ | 小説を書く合間に - モーリアックのダンディーな香り »

2011年8月14日 (日)

土井善晴先生レシピ「かじきまぐろのソテー 大豆トマトソース」他、服部幸應先生レシピ「青梗菜と豆腐の和風炒め」

 最近作ったレシピの中から、美味しいと思ったものをご紹介します。

P6280099a

 『かじきまぐろのソテー 大豆トマトソース』。大豆トマトソースをのせると、見栄えのよい、栄養たっぷりの一品になりますね。「週刊 土井善晴のわが家で和食 改訂版No.40」(デアゴスティーニ・ジャパン)からレシピをご紹介します。

[材料・2人分]

  • ソース
    〔大豆缶…1缶(140g)
      トマト(1㎝程度の角切り)……1個
      パセリ(みじん切り)……適量
      にんにく(みじん切り)……1片
     オリーブ油……大さじ2
      塩……小さじ2/3〕
  • かじきまぐろ1切れ(100g)
  • 小麦粉、塩、こしょう……各少量
  • オリーブ油……大さじ1

[作り方]

  1. ソースを作る。フライパンにオリーブ油を熱し、トマト、にんにくと分量の塩のうち少量を入れ炒め合わせる。
  2. 大豆、残りの塩を加えてよく炒め、パセリも入れる。
  3. かじきまぐろは半分に切り、塩、こしょうをして薄く小麦粉をつけ、オリーブ油で両面を焼く。器に盛り、②のソースをのせる。

P6230067

 『青梗菜の混ぜご飯』。青梗菜があれば、手軽にできる混ぜご飯です。あっさりとした美味しさ。「週刊 土井善晴のわが家で和食 改訂版No.69」(デアゴスティーニ・ジャパン)からレシピをご紹介します。

[材料・2人分]

  • 青梗菜……1株(160g)
  • 温かいご飯……茶碗2杯分
  • 塩……小さじ1/2
  • いり白ごま……適量

[作り方]

  1. 青梗菜は3㎝長さに切り、軸の太いところは食べやすい大きさに切る。
  2. 熱湯でさっとゆでてざるに上げ、水けを絞る。
  3. ボウルに②の青梗菜、塩を入れて混ぜ合わせる。ご飯を加えて混ぜ、器に盛って白ごまをふる。

P6240082a

 『和風シチュー』。肉じゃが風味のあっさりシチューという感じでした。短時間でできるところがいいですね。「週刊 土井善晴のわが家で和食 改訂版No.52」(デアゴスティーニ・ジャパン)からレシピをご紹介します。

[材料・4人分]

  • 牛切り落とし肉……200g
  • じゃがいも……2個(300g)
  • 玉ねぎ……小2個(300g)
  • セロリ……2本(160g)
  • にんじん……1本(140g)
  • にんにく……1片
  • サラダ油……大さじ1
  • トマト缶(ホール)……1缶(400g)
  • 赤ワイン……1/2カップ
  • ローリエ……1枚
  • 水……3カップ
  • 砂糖……大さじ3

[作り方]

  1. 牛切り落とし肉はざくざくと包丁を入れ、食べやすい大きさに切る。
  2. じゃがいもは皮をむき、3~4等分の輪切りにする。玉ねぎはくし形に4等分する。セロリは葉を除き、2㎝幅の斜め切りにする。にんじんは皮をむき、2㎝幅の輪切りにする。にんにくはみじん切りにする。
  3. 鍋にサラダ油を入れて中火で熱し、牛肉を少量炒める。焼き色がついたらじゃがいも、にんにくを加えて炒め合わせる。全体に油が回ったら残りの野菜を加える。
  4. ③に残りの牛肉、トマト、赤ワイン、分量の水、ローリエを加え、さらに砂糖、しょうゆ、塩小さじ1/2を加えて強火で煮立て、アクを除く。
  5. 野菜がやわらかくなるまで、弱火で20分ほど煮込む。仕上げに塩で味をととのえ、あらかじめ温めておいた器にシチューを盛る。

P7090124_2

 使いきりたい青梗菜と豆腐があったときに探し当てたレシピ、『青梗菜と豆腐の和風炒め』。これだけでメインになれそうな貫禄、美味しさでした。ご飯にのせて、丼物にしてもいいかも。「週刊 服部幸應のしあわせクッキング55号」(デアゴスティーニ・ジャパン)からレシピをご紹介します。

[材料・4人分]

  • 青梗菜(チンゲンサイ)……4株
  • 木綿豆腐……1丁
  • サラダ油、酒、砂糖、しょうゆ

[作り方]

  1. 青梗菜は茎のほうから1枚ずつはがして、3~4㎝長さに切る。中心の芯は縦半分に切る。
  2. 豆腐は大きめにざく切りにする。フライパンにサラダ油大さじ2を熱して焼き色がつくまで炒め、一度とり出す。
  3. ②にサラダ油大さじ2を足して①を炒める。油がまわったら豆腐を戻し、酒大さじ1、砂糖大さじ2を加えて味をととのえ、器に盛る。

|

« 排出に成功か?  | トップページ | 小説を書く合間に - モーリアックのダンディーな香り »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/52473775

この記事へのトラックバック一覧です: 土井善晴先生レシピ「かじきまぐろのソテー 大豆トマトソース」他、服部幸應先生レシピ「青梗菜と豆腐の和風炒め」:

« 排出に成功か?  | トップページ | 小説を書く合間に - モーリアックのダンディーな香り »