« 土井善晴先生レシピ『春雨とキムチの炒め物』『さやいんげんとハムのサラダ』 | トップページ | アスパラガス~! »

2011年5月29日 (日)

元気です

 更新が滞っていましたが、まあまあ元気です。

 眩暈、五十肩の痛み、心臓の症状を改善するための薬の飲みかたで迷いつつ、といったところです。

 というのも、五十肩の痛み(夜間はまだかなり痛みます)に痛み止めのロキソニンを飲むと、わたしの場合、眩暈が誘発されるようなのです。ロキソニンと一緒に胃薬プロテカジンも飲むので、どちらが原因なのかがわからなかったのですが、ロキソニンパップを2枚貼ったときに、明らかに眩暈が起きました(わたしの場合、軽いですが、喘息もおきやすい)。

 ロキソニンを飲まなければいいだけの話ではありますが、五十肩の痛みもつらいのです。下手をすれば、手術ですね。ガチガチですから。料理するときに髪をタオルで包むのですが、自分では結べず、家族が傍にいないときは、苦肉の策として、両端を顎の下に持ってきて、ゴムで結わえます。そんな怪しい恰好では、料理する気分も失せますわ。あまり力が入らないので、カボチャ料理はしばらくできません。

 先日循環器クリニックで処方された薬を、デパスと頓服のニトロペン舌下錠を除いても、残り全部を飲むと、疲れがひどいです。力が抜けるような感じで、動くのがしんどい。それに、どの薬だったか、飲むとひどくだるい気がしたのがあって、薬剤性肝炎の既往のあるわたしとしては注意が必要だと感じました。

  • インデラル
  • シグマート
  • ヘルベッサーRカプセル
  • アイトロール
  • ロキソニン
  • プロテカジン
  • メリスロン
  • アデコスコーワ顆粒
  • デパス
  • ニトロペン舌下錠
  • フルタイド200ディスカス

 薬のせいばかりではなく、暑かったのが急に涼しいを通り越して寒かったりと、気温の変化に体がついていけないところもあるのでしょう。

 で、いつも以上に地味な暮らしですが、創作は何とかやっています。

|

« 土井善晴先生レシピ『春雨とキムチの炒め物』『さやいんげんとハムのサラダ』 | トップページ | アスパラガス~! »

健康 №2(体調) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/51796946

この記事へのトラックバック一覧です: 元気です:

« 土井善晴先生レシピ『春雨とキムチの炒め物』『さやいんげんとハムのサラダ』 | トップページ | アスパラガス~! »