« pdfファイルにリンクを張るまでの回り道 | トップページ | 国会が民主の勉強会みたいだ »

2011年4月25日 (月)

15日に循環器クリニック受診

 遅くなったが、記録しておこう。

 血圧は安定しており、体重がまた1キロ減っていた。また、というのは前回も1キロ減ったから。ここ5年くらいで、体調がいいと体重が減り、そうでないと太るようになった。このところずっと体調がよく、それを証し立てるかのように、少しだが体重が減った。

 ニトロペンを何錠使い、そのとき冠攣縮性狭心症の発作はどんな起こりかたかたをしたかを訊かれた。震災、福島第一原発事故と続き、そのことをじっと考えていて発作が起きたといった。

 わたしは日本人が受けている放射線の影響について、先生がどうお考えなのかを知りたかったのだが、一般人のそれと変わりない反応を「うーん、本当にねえ……どうなるんだろう?」という具合に示されただけだった。

 先生は、いつものように時計を見ながら脈拍数をカウント。診察室に入ったときから、おや? と思っていたのだが、そのとき、うつむかれている先生のお顔の右目の辺りがはっきりと見え、「ええっ?」と驚いた。ボクシングでもなさったのかしらん? 右目が周辺と共に黒々としていた。

「うん、脈は安定している」と先生。「先生、そのお顔、どうなさったのですか?」すると、先生は照れながら、「いやー、酔っ払って転んでしまってさ」とおっしゃった。どういう転びかたをすれば、あんな風になるのか不思議だったが、用心していただきたいと思った。

 おまけに、もう少しあとだそうだが、仙台で学会がおありだとか。「地震と津波が怖いよ」と先生。「会場が別のところに、変更になったりはしないのですか?」とわたし。「それはないと思う。全国から集まるからね。変更は難しいだろうなあ。主催者は、やる、とはりきっているしね」と先生。くれぐれも用心していただきたいものだ。

 喘息のことを訊かれ、聴診など終えて、今度はおなかのことも訊かれる。

 わたしは胃腸の調子がまあまあに戻った今、薬を断ちたかったので、「おなかの調子は比較的よかったし、先生が胃薬はあまり飲まないようにとおっしゃったので、そのように努めました」という。すると先生は「いや、飲んでもいいんだけれどね。他のをあげてみよう」とおっしゃるではないか。

 いらないっていってるのに、と思い、「いいえー、貰わなくっても、大丈夫だと思います」といった。先生は何かいいたそうな表情をなさった。今度は五十肩のことを訊かれる。わたしは湿布薬でかぶれることをいい、飲み薬があれば、そちらに替えてほしいといった。

「じゃあね、ロキソニンをあげるよ。ただ、これは胃の薬と一緒じゃないとね。消炎、鎮痛作用があるものはどうしたって、そうだ。プロテカジンをあげてみようか」と先生。胃薬は薬剤性肝炎と関係ありそうで、怖かった。だから、いらないっていったのに。

 でも、てきぱきとカルテに記入なさっている先生を見ていると、どうしてもわたしに胃薬を持って帰らせようと決心なさっているように感じられた。今は調子がよくても、そのうち悪くなって、別の病院にかかって自分の知らないところで得体の知れない薬を飲み、厄介なことになりかねない……とでも想像なさったのだとしか思えない強引さだった。

  • インデラル錠10㎎ 1日3錠 :(説明)血圧を下げる薬です。心臓病の薬です。
    シグマート錠5㎎ 1日3錠 :心臓病の薬です。
    1日3回 毎食後 40日分
  • ヘルベッサーRカプセル100 1日2個 :血圧を下げる薬です。心臓の血液循環をよくする。冠血管攣縮むを予防する薬。
    アイトロール錠20㎎ 1日2回 :血液の血行をよくするお薬です。心臓の働きを強くするお薬です。
    1日2回 朝・夕食後 40日分
  • ロキソニン錠60㎎ 1日2錠 :炎症や痛みを抑える薬です。
    プロテカジン錠10 1日2錠 :胃酸の分泌を抑える薬です。
    1日2回 朝・夕食後 21日分
  • フルタイド200ディスカス 全1個 :気管支の炎症を抑える薬です。気管支喘息の薬です。
    吸入
    1日2錠

 ロキソニンもプロテカジンも肝臓のために使うまい、と決心して帰宅した癖に、一昨日、ちょっとした弾みで肩を捻った感じになり、痛みに耐えかねてロキソニンを服用。
 仕方なくプロテカジンも服用した。
 飲むと、肩の痛みがあまり感じられなくなり、プロテカジンで胃が涼しい。さすがに気持ちがいい。

 どの胃薬でも、最初はそうだ。そのうちわたしの場合、異様におなかが膨れたり、痛くなったりして、かえってよくなくなるのだ。胃腸薬を全然服用しなくなると、おなかの調子はそれほど悪くもよくもなくなり、何とかやっていけるようになるのだ。そう思いながら、既に今日までに3錠ずつ飲んでしまった。わたしは膀胱炎で抗生剤を服用することも多く、それと一緒に出る胃腸薬で悪循環の原因をつくってしまった気がしていた。今度はこのプロテカジンが悪循環の原因……にならなければいいが。

○ところで、体調ブログのほうで、わたしと同じ洞性頻脈、冠攣縮性狭心症、気管支喘息などの疾患をお持ちの医療は素人ではないという現在主婦のかたから、コメントをいただきました。

 コメントの主旨は、冠攣縮性狭心症にインデラルを飲むと症状が悪化することがあるというものでした。わたしは素人ですから、多くの情報を欲しており、ありがたいコメントだと思いました。ただ、先生は勿論わたしもこのことは知っていましたし、またコメントをくださったかたとは病名は同じでも症状の程度や起こりかたは違うようです。

 わたしのコメントは間違っているかもしれないので参考にしていただくと困りますが、同様の忠告をちょくちょく受けることがあるので、ラインの続き以下に、転載してみました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

はじめまして。
同じ病気持ちの主婦です。
冠攣縮性狭心症に、喘息、アレルギー性慢性気管支炎
の三点セットです。
お互いに大変ですね。
βブロッカーを服用されてるみたいですが、
VSAに羅患されてるのに、珍しいですね。
ワタシも洞性頻脈もあるので、βブロッカーは
処方された事もありましたがVSAが判明してからは
ワソランにしてます。
またブログに遊びに来させて頂きますね★
| zakuro | 2011/02/12 5:11 PM |

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

珍しいのでしょうか?
ワソランは、フェニルアルキルアミン系カルシウム拮抗剤〔ベラパミル塩酸塩(A,S)〕ですね。
わたしはベンゾチアゼピン系カルシウム拮抗剤〔ジルチアゼム塩酸塩(S,H)〕 のヘルベッサーRは使っています。
わたしは薬で抑えないと、安静時でも120くらいになり、バセドー氏病みたいにそれが一日中続きます。
調剤薬局にやはり洞性頻脈という薬剤師さんがいらして、その方は90とおっしゃっていました。最近薬を飲み始めたそうです。
カルシウム拮抗剤で頻脈が治まって、zakuroさんはよかったですね。
わたしは過去に(別のカルシウム拮抗剤を含めて)他の薬も試しましたが、それだけでは治まりませんでした。
ネットで閲覧した専門のサイトによると、βブロッカーは脈拍数を下げる作用がかなりあるそうです。βブロッカーのインデラルを使う前は頻脈に耐え切れずに心臓が腫れていました。
反面βブロッカーには副作用も多く、10年くらい使っているうちに心不全の症状、VSA、喘息と副作用が出てきて、それに対処するための薬が増えてしまいました。
まあでも、ありがたいと思っています。
薬に関しては素人なので、先生のお話やネットで調べてあれこれ思う程度ですが、ウィキに、βブロッカーで「スパムズの可能性があればカルシウム拮抗剤を併用することが多い」とあるので、インデラルと併用してヘルベッサーを処方されるようになったのかなと思います。

頻脈とのつき合いは16年、VSAとのつき合いは6年くらいになります。
昔のことは当人も忘れるくらいですが、日記から拾った過去の健康に関する記録②1995年1月~3月
http://herves.jugem.jp/?cid=13 にあります。

またお気軽に遊びにいらしてください。
| マダムN | 2011/02/17 3:02 PM |

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こんにちは。
肩の痛みが大変みたいですね。
主婦だと御飯の用意もしなきゃならないし、
お掃除とかもしない訳にはいかないから大変ですね。

こないだの話題に関してですが、
私は高校生くらいから洞性頻脈があったようです。
安静時で80~100の脈拍数が今でもあります。
ワソラン服用は120~140くらいになった時だけです。
ちょっと歩いても息があがるのが困りモノです。
VSAに関しては、今は、
カルブロック、シグマート、フランドルテープを
使っていて発作時はミオコールスプレー。
舌下錠剤と違ってスプレーなので早く効くし
使いやすいので便利です。
以前はCa拮抗剤の代わりにヘルベッサーRを
服用していたのですが、拡張能を高めるせいか
時々徐脈(40位になる)が出たりしたので中止しました。
洞性頻脈には当初、βブロッカーを薦められましたが、
VSAが判明した後は「服用させなくて良かった。
家にあるのは処分してね。絶対飲まないように。」と
釘を刺されています。
βブロッカーはVSA患者に投与する際は悪化する事が
あるので心臓血管内科ではあまりVSAの患者に
βブロッカーを選択する事は少ない方だと思います。
私自身も循環器専門のクリニックで仕事をしていたので、
どうも自分の症状や心電図の変化から考えて
VSAじゃないかと疑っていたので、βブロッカーも
貰ってはいても飲まずにワソランを使用していたので、
VSA発覚で「やっぱり。予想通りか。」って
感じでした(笑)。
最近、暖かくなって来ていたのでやっと散歩に出たり、
買い物に出たり出来る様になっていたのですが、
数日前の急な冷え込みで久々に発作が。
ニトロを舌下すると胸の痛みはすぐに消えるのですが、
腕や脚の付け根の部分の鈍痛はしばらく消えないので
ずっと横になっていました。
大きな血管部分に鈍痛がキツク出るんです。
今日は少し暖かくなってきたので元気ですが。。。
今、掛かっている心臓内科の先生や、友人の循環器内科医、
呼吸器内科でお世話になってる循環器専門医も持ってる
先生たちに胸部以外の鈍痛を訴えても、当人じゃないと
わからない痛みらしく、
「8歳児くらいの重さの足でぐいぐい踏まれてる感じ。」
とか、「胸の上に石がのってる感じ。」とか、
「歯茎が痛い感じ」とか伝えても、
「う~ん、でも薬はもう万全にいってるからねぇ。
ニトロで胸痛は消えるんならその他の部分に痛さは
我慢??ってゆーか、仕方ない??みたいな。」
と言われ、同業界なので自分でも解ってるとは言え
ガックリきます。^^;
「仕方ない」って何だか納得いかないコトバですよね。
お互いにイロイロと持病を抱えて大変ですが、
血管が拡張する夏は近づいて来てます!!
待ち遠しいですね♪
ではでは。
| zakuro | 2011/04/22 2:40 PM |

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ZAKURO様、お久しぶりです。
ホント、五十肩では困っています。
ところで、ワソランはカルシウム拮抗剤、VSAは冠攣縮性狭心症のことですね。
専門家ではないというだけでなく、横文字も苦手なので、調べましたよ。

高校から洞性頻脈があったとは大変でしたね。その頃わたしはバレー部で100本レシーブなどしごかれていて、風邪すらひかないくらい元気でした。
ただ、マラソンなんかはすぐに息が上がって苦手でした。インデラルで治療を受け始めたのは、1994年です。

インデラルを飲んだ直後に、重くてたまらなかった心臓がシュワシュワーと縮んで消えたような気持ちのよさがあり、実際にその前後で撮ったレントゲン写真では、大きくなっていた心臓が小さくなっていましたから、その即効性には驚かされます。

喘息は台風被害に遭い、その後片付け・引っ越し作業の中で発症したので、インデラルが原因かどうかはわかりませんが、インデラルの副作用ということも考えられるようです。心不全気味のときもありましたが、そのときは血痰が出て、このときはインデラルでは頻脈が治まりませんでした。
心不全もインデラルが原因のことがあるようですが、過労のときでしたから、はっきりとしたことはわかりません。
現在はインデラル、ヘルベッサー、アイトロール、シグマート、頓服のニトロペン、喘息のフルタイドを服用しています。
インデラルがよくないとおっしゃるかたは多いですが、癌の薬などでもメリット・デメリットを考えて使われるわけで、
わたしの場合も最初はどの先生もインデラルを切ろうとして、しかし結果的にそうされないということは、専門家としての判断が、デメリットはあっても、わたしの場合にはメリットのほうが大きいということでしょう。

洞性頻脈は大したことのない症状といわれることが多いということは、そうした人のほうが多いからでしょうね。
でも、わたしは冠攣縮性狭心症よりも喘息よりも肝臓病よりも洞性頻脈のほうが恐ろしいです。
ZAKURO様は、何かわたしが藪医者にかかっているのではないかというご心配をしてくださっているにも読めますが(ご心配ありがとう!)、その点はご安心ください。
現在かかっている先生は何でも、心臓では県で1番か2番という名医だそうで、日赤に別件で入院したときに今の薬でいいのか循環器科の先生に診て貰ったところ、わたしは最高の先生にかかってよい治療を受けているといわれました。
だからといって、患者としての警戒は怠らないつもりです。

ニトロについては、わたしはニトロ様様ですよ。
胸が杭打たれたかのような痛みも嘘のように消える魔法の薬。副作用もほとんど感じません。胸の中にも頭にも胴にも手足にも清涼感が流れ込む感じで、本当に気持ちがよくなります。
一方、喘息のフルタイドとは、相性のよくないものを感じています。喘息は軽いほうなので、使いたくないとさえ思います。
胃薬も相性の悪いものが多い気がしています。貰っても、あまり飲まないようにしています。
わたしの先生は狭心症の痛みかたについては、本当に詳しいですよ。
また気が向いたときにでも、その後の体調の変化、発見など教えていただけたらと思います。
ではまた。
| マダムN | 2011/04/22 7:04 PM |

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

前のコメントで、インデラルの服用後に大きくなっていた心臓が小さくなった(元の大きさに戻った)ことがレントゲン写真でわかったと書きましたが、レントゲンを撮ったのは、インデラルを飲む前と次に受診したときでしたから、期間はひと月くらいは空いていたと思います。
見ただけでわたしにもわかる変化でしたが、そのときの主治医はきちんとサイズを測り、比率を出していらっしゃいました(引っ越しにより、病院を替わるときにはもうそのレントゲン写真は、保管義務の期間を過ぎていたため、残っていませんでした。貰っておきたかったと残念です。
またそのときにはもう、当時の主治医もその病院にはいらっしゃいませんでした。今はそうした面が改善され、頼まなくてもレントゲン写真でも何でも検査結果がいただけるようになったのは、医療の進歩ですね)。
飲んで直ちに心臓が縮んだような誤解を招く書き方でしたので、加筆しておきます。
| マダムN | 2011/04/23 12:56 AM |

|

« pdfファイルにリンクを張るまでの回り道 | トップページ | 国会が民主の勉強会みたいだ »

健康 №3(受診)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/51472031

この記事へのトラックバック一覧です: 15日に循環器クリニック受診:

» 頭痛の痛みを解消しましょう [頭痛解消法]
原因のわからない慢性の頭痛に悩まされている人は 少なくありません。 頭痛とひとくちにいってもその症状はさまざまなので、原因と症状をきちんと把握することが必要になります。 頭痛のタイプに応じた適切な対策をとれば、頭痛の症状をやわらげることは十分可能です。 長年、悩まされていた頭痛を解消しましょう。 ... [続きを読む]

受信: 2011年4月27日 (水) 01:00

« pdfファイルにリンクを張るまでの回り道 | トップページ | 国会が民主の勉強会みたいだ »