« 百合、可憐 | トップページ | タラとじゃがいものセコンド(ベリッシモ・フランチェスコ) »

2011年3月 1日 (火)

湿布で喘息?

ある日突然来て、激痛を覚え、痛みと不自由な期間が長かった左肩(重症との診断で、場合によっては手術も……といわれたほど)とは違い、右肩は徐々に進行してきたという感じだったが、ここに至って、ついに本格化したという感じだ。

昨日マツキヨ(うちではマッさんと呼ぶ)から、鎮痛消炎薬ジクロテクトテープを購入。

その際喘息の既往症を確認され、警告された。上記左の五十肩では、レッドクロスでかなりの量の湿布を出していただいたので、あまり気にせず(というか何も考えず)、貼り、痛みが和らいだことに満足して眠りについた……

ところが、喘息の発作で目が覚めた。メプチンエアーの使用で迷ったが、わたしの頻脈にはよくないといわれているので、自然に治まるのを待った(使用を待てる程度の症状ではあった)。

治まらなければ、湿布を剥がしさえすればいいわけだろうし……

すぐに剥がさなかったのは、わたしのケチのなせる技。24時間効くタイプだし、お値段も病院で出して貰うのに比べたら、お高いと感じる。

幸い喘息が治まったので、また寝た。しかし、就寝中に喘息の発作が起きると、対応が遅れ(身を起こすだけでも違うのに)、半覚醒状態で苦しむことになるので、怖い。

寝るときは、貼らないようにしよう。尤も、寝るときこそ、貼りたいのだけれど。

今は貼っている。喉の奥がいくらかゼロゼロな感じで、時々咳が出る。明らかに湿布のせいだ。でも、疼く右肩が気持ちがいいので、剥がしたくない。

循環器クリックを若干早めに……木曜日に受診し、先生に湿布のことをお尋ねしてみよう(通院していた呼吸器クリックが閉院してからは、喘息の主治医も兼ねていただいている。薬剤性肝炎のほうも……)。

|

« 百合、可憐 | トップページ | タラとじゃがいものセコンド(ベリッシモ・フランチェスコ) »

健康 №2(体調) 」カテゴリの記事

コメント

マダムN様 大丈夫ですか。。。

いくつかの病気があると薬の効き方が違ってくるので苦労しますよね。

早くよくなって少しでも楽になりますように

投稿: だぐまま | 2011年3月 1日 (火) 19:18

五十肩くらい、と思っていましたが、
右だと左より使う頻度が高いので、
案外困ります。
ホント、病気が増えると、
薬を使うにも複雑になってきて嫌ですね。
わたしは最近、ガスター使ってませんが、
おなかの調子はまあまあです。
だぐまま様はまだ使っていますか?

投稿: マダムN | 2011年3月 1日 (火) 19:32

マダムN様 こんばんは!
私もこの頃はガスター20を飲まないようにしています。どうしても気持ち悪くなる時はやはり飲んでしまいますが…

投稿: だぐまま | 2011年3月 1日 (火) 20:28

何となく、安心しましたhappy01

投稿: マダムN | 2011年3月 1日 (火) 20:57

私も鍼灸院に行ってきたばかりです。
左肩が昔痛めたまま固まりつつあって、冬場はやはり痛いし懲りも酷いですね。首はごきごき言ってます。
シップは、私は喘息大丈夫ですよ。でも痒みが出るのでピップエレキバンが多いです。
Nさん、でもこれらの不調はPCに触ることが多いもの書き病でもあるように思うのです。
私は最近、よく歩くようにしています。平地で20分くらいですが。Nさんも10分からでも初めてみられてはいかがですか? 
村上の映画に関しての記事は、これから読ませていただきますね。

投稿: simasetu | 2011年3月 3日 (木) 17:28

simasetuさんも、そうなんですか?
わたしは鍼灸を試したことがないのですが、効きますか?
湿布、2枚目からは喘息はほとんど出なくなりました。
皮膚は困っていますが、
わたしたち体質が似ているのでしょうね。
液体の塗るタイプもありますね。
貼るタイプのほうが効く気はしますが。
物書き病でしょうかねえ。
毎日歩く習慣というのはいいですね、
見習わなきゃいけないなあ。
村上の優れた評論をお書きになっているかたのサイトには、ぜひ、
ご訪問になってみてください。
プルーストなど、
読み応えのある記事が沢山ありましたよ。

投稿: マダムN | 2011年3月 3日 (木) 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/51003998

この記事へのトラックバック一覧です: 湿布で喘息?:

« 百合、可憐 | トップページ | タラとじゃがいものセコンド(ベリッシモ・フランチェスコ) »