« 息子が描いたウサギ | トップページ | 息苦しい(>_<) »

2011年1月15日 (土)

長話

大学時代に同じ寮だった友人がこの街にひとりいて、会う約束を保留している状態だが、やはり寮で一緒だった人で、小倉に住む友人とも年に1〜2度は電話でおしゃべりする。

彼女は仕事をしていて、いつも忙しそうなので、わたしからかけることは少ないが、1年間電話がないと、わたしからかける。

今回は、1年ぶりに彼女からかかってきた。積もる話を互いにするため、大抵3時間くらいにはなる。今日も、丁度それくらい。寮の時代とムードは全く同じ。

でも、互いに、外観はしっかりおばさんになっているはずだ。彼女も同じことを思ったらしく、体重、体形、皺、シミをめぐる、真剣な(?)やりとりがあった。相手の変化を、そのやりとりから掴もうとする。

話はあちらこちらに飛び、いつしか外が暗くなったというわけ。

長い付き合いになるママ友ともそうだが、こうなると、何だか友人というより、親戚の人みたいな気がしてくるなあ。

豆柴が元気かどうか、訊くのを忘れた。

彼女も同じ街に住む友人も水瓶座だけれど、タイプが違う。わたしは魚座。

|

« 息子が描いたウサギ | トップページ | 息苦しい(>_<) »

家庭での出来事」カテゴリの記事