« Notes:不思議な接着剤 #69 モーセの育った古代エジプト/古代エジプトの巫女 #2 | トップページ | 水菜と豚肉のさっと煮 - 土井善晴先生レシピ »

2010年11月21日 (日)

シネマ『ノルウェイの森』の試写会

 娘の知り合いが行ったそうだが、ポルノみたいな映画で、「もういいだろう、というくらい、そればっかりで嫌になったよ。昔の人はあんなことばかり考えていたのかな、と思った。でも、ヒロインは可愛かった。お金を出して行こうとは思わない」との感想。

 『ノルウェイの森』に関する記事と評論を公開している責任上、映画を観に行く予定だったが、行く気が失せた。おばさんは、目の遣り場に困りそうで。

 ちなみに、試写会に行った娘の知り合いは若い女性。

 しかしまた、ポルノみたいだとは。

 確かに村上春樹の作品にその要素は強いし、わたしは別のところで、彼の作品に不信感及び社会的影響力に対する危惧の念を抱き続けているのだが、『ノルウェイの森』に関しては、コジャレた青春映画に仕立てられているのかと想像していた……。

door関連記事

2010年11月25日 (木)
御詫び。御礼。紹介したい句や本があれこれと。
http://elder.tea-nifty.com/blog/2010/11/post-1fa4.html

|

« Notes:不思議な接着剤 #69 モーセの育った古代エジプト/古代エジプトの巫女 #2 | トップページ | 水菜と豚肉のさっと煮 - 土井善晴先生レシピ »

シネマ」カテゴリの記事

家庭での出来事」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学 №1(総合・研究) 」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

村上春樹」カテゴリの記事