« 先生からのお電話に心臓も驚いた | トップページ | ノーベル文学賞は、ペルーの作家マリオ・バルガス・リョサ氏 »

2010年10月 6日 (水)

ベリッシモ・フランチェスコ先生レシピ『ひよこ豆のミネストラ』

 最近作った夕飯の中から、『ひよこ豆のミネストラ』のレシピをベリッシモ・フランチェスコ「おうちでイタリアごはん」(ぶんか社、2010年)からご紹介します。

[材料・2人分]

  • ひよこ豆・・・・・・80~100g
  • リガトーニ・・・・・・20g リガトーニはパスタ。お好みで。
  • カットトマト(缶詰)・・・・・・1/2缶
  • セロリ・・・・・・1/2本
  • ローズマリー(乾燥)・・・・・・適量
  • 塩・・・・・・適量
  • ブラックペーパー・・・・・・適量
  • オリーブオイルEX・・・・・・適量
  • 水・・・・・・2カップ

[作り方]

  1. ひよこ豆をひと晩水に漬けておく。
  2. 鍋にひよこ豆、1㎝角に切ったセロリ、カットトマトを加えて火にかける。
  3. 煮立ってきたら、ローズマリー、塩、ブラックペーパーを加えて味を整える。
  4. さらにリガトニーニを加え、約30分ほど煮込む。
  5. 最後に、オリーブオイルEXをかける。彩りでセロリの葉をのせる。

 わたしはリガトニーニを使わず、最後にセロリの葉ものせなかったので(葉があまり綺麗ではありませんでした。あいにくパセリもなく)、下の写真はあまり参考にならないかもしれませんが。ついでにいえば、ひよこ豆も缶詰利用だったので、あっという間に出来ました。

 これから秋が深まるにつれ、スープの恋しい季節になります。このスープのシンプルな味わいはおすすめ! 作り方としては、材料を炒めずに、最後にオリーブオイルEXをかけるところが新鮮でした。 

P9150085

 秋刀魚の美味しい季節になり、当初は高くて手が出なかった秋刀魚も安くなってきて、わが家では先日の夕飯のお皿に2回目の秋刀魚がのりました。

P9140077

 そうすると、鮭も負けじとばかりに美味しくなって、昨日の夕飯の鮭は脂たっぷりの美味しさでした。

20101005234632

 サッポロビールWebサイト[http://www.sapporobeer.jp/]「お酒にピッタリ!おすすめレシピ]」の中の『豚肉のハーブグリル』も、とても美味しかったので、おすすめです!

P9150088

 グリルで焼いた豚肉って、それだけでも美味しいのですが、そこへサルサソースをかけると、さっぱりとしていてスパイシー! 家族に大好評でした。

|

« 先生からのお電話に心臓も驚いた | トップページ | ノーベル文学賞は、ペルーの作家マリオ・バルガス・リョサ氏 »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/49665558

この記事へのトラックバック一覧です: ベリッシモ・フランチェスコ先生レシピ『ひよこ豆のミネストラ』:

« 先生からのお電話に心臓も驚いた | トップページ | ノーベル文学賞は、ペルーの作家マリオ・バルガス・リョサ氏 »