« 但馬屋の岡にゅう麺 735 円 | トップページ | 台風の影響? »

2010年10月29日 (金)

循環器クリニックの先生から緊急電話(続き)

(※昨日書いた同じタイトルの記事の続きです。)

 どちらがいいかわたしにはわからなかったので、先生にお任せします、とお返事した。

 先生は医大か県病か決めかねているご様子で、とにかくどちらかに行って貰うことになるとおっしゃる。

「それはいつになるのでしょうか?」とお訊ねし、来月8日に博多に行く用事があるのですが、とつけ加えた。「それは、何の用事?」と、もの柔らかに先生。

「コンサート……まあ遊びみたいなものです」というと、先生は絶句なさった。非常識だったのかしらん?

 先生は「じゃあ、その前に受診して貰おう」と早口でおっしゃった。

 最初は今日というお話だったが、急なことに戸惑っていると、「月曜日がいい? 医大のS先生だと、金曜か月曜になるんだけれど」と先生。「月曜だとありがたいです」とわたし。「それだと、僕も紹介状を明日までじゃなくて月曜までに書けばいいから、都合がいい」と先生。「お忙しいところを申し訳ありません。よろしくお願いします」とわたし。

 月曜日……11月1日の午前中、循環器クリニックに紹介状を受けとりに行き、午後医大を受診することになりそう。

 もしかしたら医大ではなく、県病になる可能性もある。

 自己免疫性肝炎はまだ可能性として挙がっているだけだが、この病気は中年女性がかかりやすいと先生がおっしゃったので、「わたし、しっかり中年ですものね」と納得した。

 まだネットでざっと見ただけなので、間違ったことを書くかもしれないが、患者数が少なく、難病に指定されているみたいだ。

 また、先生がおっしゃったように、ステロイドがよく効くが、ステロイドの投薬しか有効な治療法がない(ステロイドが使えなければ免疫抑制剤)。治療しなければ、高い確率で肝硬変に移行するという。

 まあ治療をきちんと受けさえすれば、そう怖い病気ではなさそう。

 しかし、なんてこった! 嫌いなステロイドをたんまり使うことになるかもしれないとは……。

 確定診断には肝生検が必要らしいから、入院になるのかもしれない。そうなると医大は遠いから、レッドクロスに入院したときみたいに、娘に毎日通って貰うわけにもいくまい。

 入院なんて今年の予定にはなかったから、お金ないわ。もしそうなったら、「健康保険限度額適用認定証」の手続きをしておかなくては。トキハインダストリーは娘の強力な味方になるだろう(弁当類が充実しているのを昨日見てきた。デパ地下に間に合わなくても、あれでなんとか。それに『ほっともっと』と外食を組み合わせれば、いけそうじゃない?)。

 まだ入院と決まったわけじゃないけれど(初診すらこれから)、なんか、ため息が出るわ。おしっこが便臭くて、嫌な気はしていたのよね。

 検査してみなくては確かなことはわからないとはいえ、わたしの肝障害は少なくとも、パリエットとガスモチンのせいではなかったみたい。ごめんね、君たちを疑って。

|

« 但馬屋の岡にゅう麺 735 円 | トップページ | 台風の影響? »

健康 №3(受診)」カテゴリの記事