« 呼吸器クリニックに問い合わせる | トップページ | うどん餃子 »

2010年7月23日 (金)

シネマ『借りぐらしのアリエッティ』を観て

『借りぐらしのアリエッティ』
スタジオジブリ作品
公式サイト:
http://www.karigurashi.jp/index.html
原作:メアリー・ノートン「床下の小人たち」(林容吉訳・岩波少年文庫刊)
企画&脚本:宮崎駿
脚本:丹羽圭子
監督:米林宏昌
2010年/日本/94分/配給:東宝

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 以下、ネタバレ注意。

 原作であるメアリー・ノートン著『床下の小人たち』との違いは際立っていたけれど、ストーリーは原作を踏襲してあるので、原作のストーリーのほうを、『床下の小人たち』(林容吉訳、岩波少年文庫、1956年)の解説(猪熊陽子)より抜粋、紹介してしておきたい。

『床下の小人たち』の主人公は、父親のポッド、母親のホミリー、一人娘のアリエッティの三人です。この核家族は生活必需品はすべて上の屋敷に住んでいる人間の世界から「借りて」暮しています。冒険心に富み、そろそろ思春期に近づいているアリエッティは床下の生活に飽き飽きして、外の世界に憧れており、やがて、病気療養に上の屋敷にやってきた男の子と知り合いになります。人間から物を借りても、人間そのものとは絶対に関係をもってはいけない、というのが、借り暮らしの小人たちの生活を守る鉄則であるにも関らず、アリエッティは大胆にもそれを破るのです。こういう彼女の向こう見ず行動が災いとなり、この一家はそれまで安全に暮していた屋敷から出ていくはめに陥ります。そしてそこから安住の地を求める一家の受難の長い旅が始まるのです。

 原作では人間から借りてきたものだけで暮しているという自然さがあるのに比べ、映画では変に小人たちの暮しが近代化されている。父親が小さな工場のようなものを持ち、電気や水道まで完備しているのはやりすぎだろう。

 だから、原作にあるような人形の家を出してきても、豪華さが一向に映えない。

 小人たちが人間の暮らしから借りてきたこまごまとしたものを如何に工夫を凝らして使っているかに作品の醍醐味があるのに、作者のそうした独創性は映画では消されてしまっているばかりか、映画制作者には原作者の意図がわかっていないと感じさせるところがある。

 原作の小人たちはなるほど湯にも水にも不自由はしていないが、その仕組みといえば、台所の湯わかし器から出ている管に穴を開けて湯が出るようにしてあり、普段はその穴に香水びんのふただったゴムのせんがしてある。

 居間の壁紙は、人間の屑籠から持ってきた古い手紙。壁にはヴィクトリア女王の肖像画がかかっているが、それは郵便切手。うるしぬりの宝石箱は開けたまま、ふっくらとつめものをした内側が利用され、長椅子となっている。マッチ箱で作った箪笥。チェスのこまから馬の形をした頭をとり去り、彫刻した土台に錠剤の入っていた木箱の底をとりつけて円テーブルに。馬の頭のほうは部屋の奥まったところに据えられて彫像の趣を添えている。

 蔵書は、ヴィクトリア女王の頃の人々が好んだ豆本シリーズ。このシリーズには、世界地理事典(最新の国勢調査付き)、科学・哲学・文学・産業などの分野の事典、シェイクスピア喜劇集、日記格言集、伝記が入っており、アリエッティが文字を覚えるのに役立った(壁紙に使われている手紙の文字も字を習うのに役立った)。鉛筆は舞踏会の手帳についていたもの。

 暖炉の燃料は粉になった石炭と細かいロウソクのかけら。金色の辛子入れの壷に入れてあった。古いリンゴ搾りに使われていた歯車を使って暖炉は作られており、暖炉の上には小さな真鍮の漏斗が逆さにつけてあって煙の吸い込みとなっていた。マッチのじくが薪となり、それに細かい粒の石炭をくべる。キャップ状の銀の指抜きは鍋となってスープをあたためる。キッド皮の手袋を材料にして編み上げ靴を作る。爪切り挟みの片割れの柄のついた刃が包丁。アリエッティの櫛は、小さな銀の18世紀風の眉毛用の櫛。

 人形遊びを髣髴させる小人たちの工夫は、子供たちの興味を惹きそうな、児童ものにはぴったりの楽しさに満ちているのだ。イギリス人の骨董趣味も思い出させる。 

 何より、原作にはあって、映画にはなかった、男の子の注目すべき言葉がある。以下は、小人たちの暮しがばれて、その協力者であった男の子が問い詰められる場面。前掲の『床下の小人たち』より引用。

 「おまえさんは、じぶんがなんだか、知っているかい?」ドライヴァおばさんは、男の子を間近に見ながら、ききました。「おまえさんは、こそこそ歩きの、かっぱらいの、わるの、やくざの、ちびすけさ!」
 男の子が、顔をぴくぴくさせて、「どうして?」と、いいました。
「どうしてだか、じぶんでわかっているだろうさ。おまえさんは、性わるの、腹黒の、ひまつぶしの、こそどろさ。それが、おまえさんさ。そいで、あいつらもそうさ。こにくらしい、ちっぽけな、ずるっこい、ろくでなしで、キイキイいう、ちびすけで――」
「ちがうよ。そんなことないよ。」と、男の子が、いそいで、さえぎりました。
「しかも、おまえさんは、あいつらとぐるなんだ!」ドライヴァおばさんは、男の子のほうへやってくると、腕をつかまえて、ぐいと、ひっぱりました。「どろぼうてものは、どうされるか、知ってるかい?」と、ききました。
「ううん。」と。男の子がいいました。
「とじこめるのさ。どろぼうには、そうするんだよ。だから、おまえさんも、そういうことになるのさ!」
「ぼく、どろぼうじゃないよ。」男の子はさけんで、くちびるをふるわせました。「ぼくは、借り暮らしだよ。」
「なんだって?」ドライヴァおばさんは、腕をとった手をきつくして、男の子をこづきました。
「借り暮らしだよ。」男の子は、もいちどいうと、目にあふれた涙を、おとすまいとしました。

 人間はまるい地球の上で、土地や動物や植物や仲間の人間に至るまで、我が物顔で自分のものにして暮している。が、実際には全部が自然からの借り物で、わたしたち人間の暮らしは借り暮らしというのが本当のところなのだ。叡智の表現であるかのような男の子の言葉。彼は、小人たちに学んでそのことを知っていた。

 ノートンは1903年に生まれ、92年に没したイギリスの作家で、翻訳者によると「ノートンは、近代文明の行く末に大きな危惧を抱いていた作家」だったそうだ。

 イギリスという国は産業革命を起こし、植民政策による大英帝国を繁栄させた国として知られている。近代化という点で、世界のリーダーシップをとった国だった。床下の小人たちシリーズは、そのことに対するノートンの深い省察を感じさせる作品だ。小人たちに中世の暮らしまで遡らせることによって、近代の暮らしにおける問題点を炙り出そうとしたともいえる。

 一方映画は、観客に小人たちの家を絵画的に楽しませ、アドベンチャー的場面でハラハラさせ、男の子を心臓手術を控えた少年にし、アリエッティを美しい少女にして、ロマンティックなムードに惹き入れる。 

 原作の意義をほぼとり落とした映画となっているのは残念だが、映像は綺麗だから、これはこれとして楽しめばいいのかもしれない。

 しかし、原作に忠実な作風であれば、小人たちシリーズは『床下の小人たち』から『野に出た小人たち』『川をくだる小人たち』『空をとぶ小人たち』『小人たちの新しい家』と続くのだから、シリーズもの映画として大作を成すこともできただろうにと残念な気がする。

 ちなみにメアリー・ノートンには『魔法のベッド南の島へ』『魔法のベッド過去の国へ』という魔法のベッドものがあり、それでは魔女らしくない清楚な普通の人っぽい魔女と子供たちとの冒険が描かれている。魔法のベッドものでは、未開な部族と魔女裁判をとり挙げて、文明開化以前の闇と中世の闇に潜む問題点を炙り出そうとしているかのようだ。

 そして、『床下の小人たち』についてつけ足せば、原作における借りぐらしの小人たちは慎ましく暮しているとはいえ、その意識までが慎ましいかといえば、なかなかに意気軒昂なところもある。なぜならアリエッティは人間――インゲンと呼ぶと思っている――と小人の関係について、男の子にこういうのだ。

 人間(インゲン)ってものは、借り暮らしやのためにあるのよ――パンが、バターのためっていうのと、おんなじよ!

 こうした意識から考えても、アリエッティたち小人の意識が中世風であることがわかる。ノートンは先史、中世、近代と、人間の暮らしにかんする省察を重ねながら、理想とする人間の暮しかたを探っていたのかもしれない。

 ところで、わたしはこのところ、世界最古の啓示宗教といわれるゾロアスター教を解説したメアリー・ボイス著『ゾロアスター教 三五〇〇年の歴史』(山本由美子訳、講談社学術文庫、2010年)を読んでいた。

 自作童話『不思議な接着剤』の舞台を中世ヨーロッパ風の世界にとったことから、下調べは異端カタリ派、グノーシス、原始キリスト教へと遡ってしまったが、結局ここまで行き着いた。

 ゾロアスター教はグノーシス、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、また仏教にも影響を与えたといわれる。

 読み始めてすぐに、動物の生贄の儀式に触れた箇所があり、その儀式についての解説でわたしは早くも目から鱗の知識を得た。

 わたしは生贄の儀式を人柱の儀式などと混同して残酷な儀式だと考えていたのだが、それには大きな思い違いがあったようだ。

 ゾロアスター教を生んだ印欧語族の一枝族である原インド・イラン語族は南ロシアのステップ地帯で牧畜をしていた半遊牧民と考えられている。したがって、主食は肉だった。

 彼らは、手ずから生命を奪うことに畏怖及び危惧を感じていたため、動物を犠牲式によって聖別することで初めて動物の肉を食することができたのだった。家畜が殺されるのはこうした祭式のときに限られた。また野生の獣を狩るときには、簡単な聖別の祈りを唱えなければならなかった。

 彼らはあらゆる肉は草であると考えていた。それは、人も動物も動植も同族であるという認識から出た考えだという。

 借り暮らしの小人たちに『ゾロアスター教』の読書が重なり、物質文明を生きる人間の所業を改めて考えさせられたわけだ。

|

« 呼吸器クリニックに問い合わせる | トップページ | うどん餃子 »

Notes:グノーシス・原始キリスト教・異端カタリ派」カテゴリの記事

Notes:不思議な接着剤」カテゴリの記事

シネマ」カテゴリの記事

児童文学」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学 №1(総合・研究) 」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/48953989

この記事へのトラックバック一覧です: シネマ『借りぐらしのアリエッティ』を観て:

» 劇場鑑賞「借りぐらしのアリエッティ」 [日々“是”精進!]
「借りぐらしのアリエッティ」を鑑賞してきましたとある古い家の床下に暮らす小人一家と人間の交流を描いたスタジオジブリ製作のファンタジー・アニメ。原作は1952年にイギリス... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 06:02

» 『借りぐらしのアリエッティ』(2010) [【徒然なるままに・・・】]
スタジオジブリの最新作で、原作はメアリー・ノートンの『床下の小人たち』。 初日初回での鑑賞となったが、客の入りは小さなスクリーンなら6割程度というところ。実際は一番大きなスクリーンを宛がわれていたので、ガラガラという方が近い。 絵が綺麗で、音楽も美しい。 上映時間も1時間半程度でテンポ良く進み、いいムードの中で終わる。 ――でもそれだけ。 モデルは東京の小金井市だそうだが、イギリスの小説をわざわざ日本を舞台に置き換えて作る理由が良くわからない。実写ならいざ知らずアニメなんだから... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 06:30

» 『借りぐらしのアリエッティ』 The Borrower Arrietty |称賛の言葉しか出ません [23:30の雑記帳]
CG、VFXを駆使したハリウッド映画などで、 人間が高所から飛び降りたりしても特に何も 感じないのに、ジブリアニメで人が落ちそうに なるのを観ると本当にハラハラする。 実写映画と比べ、水はより水っぽく、 食物はより美味しそうで、風はより吹きつける。 ジ...... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 06:53

» 借りぐらしのアリエッティ [あーうぃ だにぇっと]
7月8日(木)@ヤクルトホールで鑑賞。 ラジオ日本イエスタデイ・ポップスの試写会。 ラジオ日本はその昔ラジオ関東といって、湯川恵子がアメリカントップフォーティーをオンエアーしていた。 実に入りの悪いラジオ局(笑)で、雑音交じりのD.J.を一所懸命に聞いていたものだ。 そんな古い縁のあるラジオ局だが、とんと試写会にはご招待いただけない。 アリエッティは人気作だと思うが、滅多に当らない試写に当って嬉しかった。... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 07:00

» 借りぐらしのアリエッティ [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原作はメアリー・ノートンの「床下の小人たち」、英題:The Borrower Arrietty。宮崎駿企画、米林宏昌監督。(声)志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林。原作は違えど「耳をすませば」のスピンオフ的な作品。現実とお伽話、本当に滅び....... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 07:26

» 映画『借りぐらしのアリエッティ』(お薦め度★★★) [erabu]
監督、米林宏昌。企画、宮崎駿。脚本、宮崎駿、丹羽圭子。プロデューサー、鈴木敏夫。 [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 07:45

» 映画「借りぐらしのアリエッティ」 [FREE TIME]
話題の映画「借りぐらしのアリエッティ」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 07:56

» 「借りぐらしのアリエッティ」みた。 [たいむのひとりごと]
タレントや俳優の声優を起用し出し、「ジブリのアニメなら」という含みのある言い方をする方々が口をそろえて「感動、感動」と連呼するのにウンザリし、評論家の如くわかったような解説を披露する人が増え始めて以来... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 08:02

» 「借りぐらしのアリエッティ」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; ジブリの新作。新人監督の初仕事ということで楽しみにしていました。これまでのジブリのテイストを上手く引き継いでいると感じました。スケール感としては“小作品”という感じですが、温かみのある物語で、作り手のキャラクターたちへの愛着も感じられて好感がもてました。原作はイギリスの作家メアリー・ノートンの「床下の小人たち」物語のあらすじはそのままに、舞台を現代の日本に移して作られていたのも面白いと思いました。ボタンや安全ピンや鉛筆のキャップなど、気づいたらいつの... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 08:09

» スタジオジブリ最新作アニメ「借りぐらしのアリエッティ」を見てきました [よう来なさった!]
単純に詰まらないか面白いかを問われれば、それなりに楽しめたし言うほど悪くはないと思うんだけど、ジブリ制作アニメなのでハードルを上げすぎていたせいなのか、正直物足りなさを感じてしまうそんな内容。... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 08:11

» 借りぐらしのアリエッティ [LUNE BLOG]
梅雨明けしてしまった夏本番。今年もジブリ作品を観ることが出来て良かった(^.^) [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 08:20

» 『借りぐらしのアリエッティ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「借りぐらしのアリエッティ」□監督 米林宏昌 □脚本 宮崎 駿 □原作 メアリー・ノートンT( 「床下の小人たち」)□キャスト(声の出演) 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林■鑑賞日 7月19日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  宮崎さんはこの作品の出来映えに納得されたのだろうか・・・。  本当に鈴木プロデューサーは『崖の上のポニョ』超えを狙っているのだろうか・・... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 08:25

» 借りぐらしのアリエッティ [うろうろ日記]
試写会で見ました。宮崎アニメ(脚本だけだけど)の新作ということで、ポニョよりも前 [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 08:31

» 借りぐらしのアリエッティ(’10) [Something Impressive(KYOKOⅢ)]
昨日、新橋のヤクルトホールでの、ぴあ夏の3連夜試写会初日「借りぐらしのアリエッティ」に、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して、行ってきました。 「崖の上のポニョ」('08)以来のジブリ新作、どんなものだろうと楽しみにしていて、宮崎作品のアニメーター米林宏昌初監督作品、との事で、宮崎アニメ色でややソフトそうな、というイメージしましたが、企画・脚本で宮崎監督の名前も。                                (C)(株)岩波書店      ... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 09:12

» 『借りぐらしのアリエッティ』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、少しラストに触れています。主題歌を歌うセシル・コルベルのミニライヴ、監督らの舞台挨拶付き試写会(7月2日大阪)で『借りぐらしのアリエッティ』(脚本・宮崎駿、監督・米林宏昌)を見た。 ぼくは、... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 09:57

» 借りぐらしのアリエッティ [Akira's VOICE]
飽きのこない「あっさり爽やか味」   [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 10:05

» 『借りぐらしのアリエッティ』 ('10初鑑賞99・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 7月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:45の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 10:29

» 借りぐらしのアリエッティ [だめ男のだめ日記]
「借りぐらしのアリエッティ」監督米林宏昌原作メアリー・ノートン脚本宮崎駿、丹羽圭子声の出演*志田未来(アリエッティ)*神木隆之介(翔)*大竹しのぶ(ホミリー)*竹下景子(貞... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 10:57

» 借りぐらしのアリエッティ (The Borrowers) [yanajun]
アニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』の原作は、1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』です。企画・脚本は宮崎駿さんが担当し、監督はジブリで1番上手なアニメーターとして評判の米林宏昌さんが務めました。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 11:53

» 「借りぐらしのアリエッティ」試写会、感想。 [Beinthedepthsofdespair]
ジブリ作品としては、下の中、な出来具合でした。1時間34分の作品なのに、だるーな演出、脚本、見せ場無し、山場無し一鑑賞者としては、兎に角、ひたすら、感情移入しよう... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 12:42

» 映画「借りぐらしのアリエッティ」@ヤクル... [masalaの辛口映画館]
 試写会の主権はラジオ日本「イエスタディ・ポップス・ウィズ・シネマダイアリー」さんだ。映画上映前にスポンサー様提供商品の抽選会が行われた。客入りは7~8割くらい。   ... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 13:08

» 『借りぐらしのアリエッティ』 [めでぃあみっくす]
スタジオジブリのヒロイン像原点回帰。それが今回の鈴木敏夫プロデューサーの狙いであるような気がしました。 『となりのトトロ』を思わせるような小さな世界で起こるシンプルなお話に、これまでのジブリ作品のキャラたちにどこか似ているこの映画のキャラクターたち。いか....... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 14:11

» 借りぐらしのアリエッティ (The Borrowers) [yanajun]
アニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』の原作は、1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』です。企画・脚本は宮崎駿さんが担当し、監督はジブリで1番上手なアニメーターとして評判の米林宏昌さんが務めました。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 14:15

» 借りぐらしのアリエッティ [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
久しぶりに大変にわかりやすいジブリ作品だ。小人は人間の家に借りぐらししているのに、人間は地球に借りぐらししていることに気づかない。閉塞感に覆われた時代に是非こういう映画を見て、自らの生き方を見直したい。お勧めだ。... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 14:56

» 『借りぐらしのアリエッティ』・・・夏の草花、角砂糖・・・そしてノイチゴの実 [SOARのパストラーレ♪]
深い緑と色鮮やかな夏の草花たちが織り成す美しい風景、そしてそこに息づくジブリらしい表情豊かなキャラクターたち。ストーリーに特別なインパクトはないものの、こじんまりとまとまった愛らしく優しい作風はとても心地よかった。... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 15:34

» 借りぐらしのアリエッティ [だらだら無気力ブログ]
メアリー・ノートンの小説『床下の小人たち』を原作に、スタジオ・ジブリ の宮崎駿が脚本を書き、長らくジブリ作品に関わってきた米林宏昌を初監督に 抜擢し、舞台をイギリスから日本に設定移し、人間の少年と小人の少女・ アリエッティとのある夏の数日間の出会いと別れを..... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 15:35

» 借りぐらしのアリエッティ 感想 ~これは小人と人間の物語~ [サイネリア~わたしのひとりごと~]
2010年7月17日公開『借りぐらしのアリエッティ』観てきました。 ネタバレになりますのでまだご覧になってない方はご注意を。 [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 18:31

» 『借りぐらしのアリエッティ』 なぜベンツに乗っているのか? [映画のブログ]
 ジブリのアニメが好きだと云う人がいるが、それは本当にジブリのアニメなのだろか?  ジブリのアニメが好きな人に具体的な作品名を聞くと... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 20:52

» 借りぐらしのアリエッティ [象のロケット]
古い大きな屋敷の床下に住んでいる小人の少女アリエッティはもうすぐ14歳。 父と母と一緒に、生活に必要なものをこっそり人間から借りて暮らしていました。 ある日、庭に出たアリエッティは、病気療養のためにやって来た12歳の少年・翔に姿を見られてしまいます。 人間に姿を見られてしまったら、引っ越さなくてはいけないのですが…。 スタジオジブリ・ファンタジーアニメ。... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 21:18

» 映画<借りぐらしのアリエッティ> [美味−BIMI−]
早速見て来ましたよ〜! ジブリ映画<借りぐらしのアリエッティ>! ぼくは、あの年の夏、 母の育った古い屋敷で、一週間だけ過ごした。 そこでぼくは、 母の言っていた小人の少女に出会った――。 人間に見られてはいけない。 それが床下の小人たちの掟だった。 イギリスのメアリー・ノートンの「床下の小人たち」を基に、 古い家の台所の下に暮らす小人一家の物語が展開するジブリ・アニメ。 日本語版は「小人の冒険シリーズ」として、岩波書店から発行され... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 21:37

» 「借りぐらしのアリエッティ 」生存競争の先にみたアリエッティとの共存に理解した少年と理解なきおばさん [オールマイティにコメンテート]
7月17日公開の映画「借りぐらしのアリエッティ 」を鑑賞した。 この映画はスタジオジブリ最新作品で、 家の下に暮らす小人たちが人間に見つからないように 食料などを借りながら暮らしていたが ある日少年にみつかり引っ越さなければならなくなり 生存を掛けて生き抜...... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 22:23

» 借りぐらしのアリエッティ [Spice Cafe -映画・本・美術の日記-]
「借りぐらしのアリエッティ」の試写会へ行ってきました。 床下に住む小人のアリエッティは両親と3人暮らし。 生活に必要なものは床の上に住む人間からこっそり借りてくる。 彼 [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 22:29

» 映画レビュー「借りぐらしのアリエッティ」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック◆プチレビュー◆小人の少女アリエッティのまなざしで人間の世界を照射する物語。日常のすべてが冒険に思えてくる。 【70点】 郊外の古い屋敷の台所の床下に住み、生活に必要なものは人間から借りて暮らす小人の一家。アリエッ....... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 23:22

» 借りぐらしのアリエッティ [メルブロ]
借りぐらしのアリエッティ 321本目 2010-25 上映時間 1時間34分 監督 米林宏昌 出演 志田未来(アリエッティ) 、  神木隆之介(翔)     大竹しのぶ(ホミリー) 、 竹下景子(貞子)      藤原竜也(スラピー) 、  三浦友和(ポッド)      樹木....... [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 11:57

» 借りぐらしのアリエッティ (試写会) [風に吹かれて]
髪留めがかわいい公式サイト http://www.karigurashi.jp原作: 床下の小人たち (メアリー・ノートン著)声の出演: アリエッティ  志田未来        翔       神木隆 [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 12:39

» 借りぐらしのアリエッティ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「ポニョ」から早くも2年〜スタジオジブリ2年ぶりの新作は、メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を原案にした心温まるファンタジー。企画・脚本は宮崎駿。本作の監督を務めたのはこれが初監督作品となるスタジオジブリの新鋭・米林宏昌。物語:舞台は現代の日本...... [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 18:12

» 借りぐらしのアリエッティ [Diarydiary! ]
《借りぐらしのアリエッティ》 2010年 日本映画 郊外の洋館に住む小人のアリエ [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 21:30

» 「借りぐらしのアリエッティ」観て来ました。 [みやさとの感想文と感想絵]
 【送料無料】CD/アニメサントラ/借りぐらしのアリエッティサウンドトラック/TKCA-73537価格:2,500円(税込、送料込)うわ~~!! もうすぐBASARAが始まるっ!!(^^;)時間無いけど書いて... [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 22:17

» 映画 『借りぐらしのアリエッティ』 [アニメって本当に面白いですね。]
借りぐらしのアリエッティ   お勧め度:普通   [ファンタジー ジブリ]   7月17日(土)全国ロードショー   原作 : メアリー・ノートン   監督 : 米林宏昌   脚本 : 宮崎駿   アニメ制作 : スタジオジブリ   http://karigurashi.jp/ ...... [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 22:33

» 借りぐらしのアリエッティ [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:夏映画、気になるのは? 参加中 試写会に招待して頂きました。 前回のスタジオ・ジブリ作品「崖の上のポニョ 」が 全く肌に合わなかったので、 観に行かないつもりだったのですが、 せっかくご招待して頂いたので。 監督は宮崎駿さんじゃないんですよね... [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 23:34

» 「借りぐらしのアリエッティ」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 スタジオジブリ待望の最新作は、ロンドン出身の女流作家メアリー・ノートン「床下の小人たち」原作。心臓に病を持つ12歳の少年・翔が、病気療養のために訪れた母の育った屋敷で... [続きを読む]

受信: 2010年7月26日 (月) 21:47

» 『借りぐらしのアリエッティ』@ワーナーマイカル板橋 [映画な日々。読書な日々。]
古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。そんな小人一家の14歳、アリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。だが、人間に見られないよう、目立たないよう、つつましさと用心深さを求められる毎日を... [続きを読む]

受信: 2010年7月28日 (水) 09:30

» 映画「借りぐらしのアリエッティ」童話の本を開いてみると [soramove]
「借りぐらしのアリエッティ」★★★★ 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林 声の出演 米林宏昌監督、94分 、2010年7月17日公開、2010,日本,東宝 (原題:原作・床下の小人たち )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「ジブリ作品は最初から高いハードルが目の前にあり、 見る側もそれ相当の「何か」を求めて劇場へ行く、 いまひとつ、という感想を聞いてい... [続きを読む]

受信: 2010年8月 6日 (金) 07:17

» 借りぐらしのアリエッティ [映画的・絵画的・音楽的]
 たまにはアニメでも見ようということで、『借りぐらしのアリエッティ』をTOHOシネマズスカラ座で見てきました。 (1)お話は、郊外にある古ぼけた邸宅の床下に住んでいる小人の少女・アリエッティと、その家に病気療養しに来た少年・翔との交流を中心に展開されます。  アリエッティは両親と一緒に暮らしています。  彼ら小人たちは、家の床下に自分たちの住居をこしらえ、ただ電気とか水道、食物などは、人間のものを少しだけ“借りて”います(それで「借りぐらし」なわけです。とはいえ、むろん返すことはありませんから、... [続きを読む]

受信: 2010年8月 8日 (日) 09:14

» 映画:借りぐらしのアリエッティ [よしなしごと]
 観たのはだいぶ前なのですが記事にする時間がなくてようやくのアップです。今回は借りぐらしのアリエッティです。 [続きを読む]

受信: 2010年9月19日 (日) 00:06

» 『借りぐらしのアリエッティ』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 借りぐらしのアリエッティ 』 (2010)監  督 :米林宏昌キャスト :志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、 樹木希林 メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』が原...... [続きを読む]

受信: 2011年2月24日 (木) 16:53

» 別館の予備(感想217作目 借りぐらしのアリエッティ) [スポーツ瓦版]
4月21日 借りぐらしのアリエッティ 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11229412326/88d4dd76 [続きを読む]

受信: 2012年4月22日 (日) 22:27

» 借りぐらしのアリエッティ(感想217作品目) [別館ヒガシ日記]
借りぐらしのアリエッティはWOWOWで鑑賞も 結論は予想してたより普通で最後が微妙だった [続きを読む]

受信: 2012年4月22日 (日) 22:27

« 呼吸器クリニックに問い合わせる | トップページ | うどん餃子 »