« ポーチの上のニトロの殻 | トップページ | ジャガイモに悩まされた夕方 »

2010年6月 1日 (火)

息子の葛藤

 今年、社会人ドクターとなった息子。

 入社して2年目になり、仕事も面白くなってきて、上司の期待も大きくなってきたことが、ドクターコースにいる息子にとっては、逆に負担となる一面があるみたいだ。

 研究に専念する道をあれこれ探って迷いも生じるようだが、いずれにしても、気長を心がけ、速断は避けたほうがいいのではないかという気がする。

 物事を成し遂げること、いや、それ以前にライフワークを持続すること自体が本当に容易ではない。

 わたしなども同じ葛藤を抱えてきて、社会的に見れば、一専業主婦以上でも以下でもないが(以下にはならないように頑張っている)、一人の人間としてはわたしなりに毎日が闘いで、その闘いとは、創作する時間を作るための闘いといってもいいすぎではない。

 創作に関しては、誰も強要する人がいないだけに、自分がやめようと思えば、それで終わりなのだから、その自分との闘いともいえる。また、創作をやめたからといって、それが悪いとは限らない。全ては自分次第だ。

 そういえば、継続は力なり、という言葉があった。フランシス・ベーコンの言葉だったっけ? と思い、調べてみたら、やはり彼の言葉で、元々は以下の言葉だという。

「知は力なり」(Ipsa scientia potestas est)

 出典は 『聖なる瞑想。異端の論について』(1597年)。

 二つの言葉は随分違う気がするけれど。尤も、知を育むには継続した努力が必要ではある。『聖なる瞑想。異端の論について』とは、如何にも面白そうなタイトルだ。わたしは昔、フランシス・ベーコンの本を図書館から借りてきて、熱中したことがあった。

フランシス・ベーコン
中央公論社
発売日:1970
 『ニュー・アトランティス』以外は覚えていないが、また彼の本を読みたくなった。当時は一風変わった哲学者という印象だったが、神秘主義の本にはよく出てくる人物だから、今読めば、また印象が違うかもしれない。

 話は変るが、当ブログの左サイドバーに、自分のためのメモ帳をつけて、何日か経つ。これはとても便利で、重宝している。さっとアクセスでき、さっと書き込めるのだ。ブログとして活用するのが、一般的な使いかたなのだろうが。 

|

« ポーチの上のニトロの殻 | トップページ | ジャガイモに悩まされた夕方 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

家庭での出来事」カテゴリの記事

息子関連」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事