« 何とか… | トップページ | 昨日の夕飯 »

2010年5月 1日 (土)

シネマ『パリ・オペラ座のすべて』を観て~芸術に関する国家的制度の違いに目から鱗

『パリ・オペラ座のすべて』
監督:フレデリック・ワイズマン
出演:パリ・オペラ座エトワール他ダンサーたち、ブリジット・ルフェーブル、パリ・オペラ座職員
2009年/フランス・アメリカ/160分/翻訳:古田由紀子/配給:ショウゲート

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 最終日だったためもあってか、いつもは少ない館内が最前列を除いて、ほぼ埋まっていた。中年女性が大半だった。

 事前にネット閲覧した『パリ・オペラ座のすべて』のレビューでは眠くなるとの感想が多かったが、娘も途中、上半身が大きく右に傾いでいた。

 元々、モダン・バレエというものがぴんと来ない、と娘。わたしも、『パリ・オペラ座のすべて』というドキュメンタリーに断片的に挿入されていたパリ・オペラ座の演目の中では、クラシック・バレエの演目のほうが優雅さという点で、好みに合う。

 ナレーションが一切ないので、わかりにくかった。

 あれは何というモダン・バレエの演目だったのか――薄い黒衣を纏った狂乱の女が、男の子と女の子にバケツの赤い液体を両手でなすりつけて、血で染まったようになった子供たちは空のバケツをそれぞれ頭から被せられて横たわるという怖い場面があった。

 子殺しの場面なのだろうが、表現が直接的すぎてわたしはしらけ、掃除が――まさか赤い液体はペンキではないだろうが――大変だろうな、とか余計なことばかりに気が散った。

 パリ・オペラ座の舞台裏は、想像以上に地味で淡々としていた。

 建物は相当に古い。衣装作りの工房は狭くて、昔ながらの手作業といった感じだ。被り物が沢山あって、『くるみ割り人形』に使われるのだろう、リアルなネズミの頭部が作られていた。

 メイク、ライト、掃除の作業員に至るまで、カメラが向けられる。食堂も狭い。バイキング形式にトレーが並べられ、ほしいものをいって、とって貰う。クスクスが人気だった。屋上で養蜂が行われていたのは、あれは何だろう? 時折映し出されるパリの景観。生々しい、ちょっと窶れた中年女性のように見えるパリ。

 芸術監督ブリジットはそんなパリが乗り移ったかのような風貌の考え深そうな、かつ、さっぱりとした印象の中年女性で、熟練したものを感じさせ、さすがに意識が高そうだった。

 頻繁に行われているらしいスタッフのミーティングで彼女は、古典的な演目も大事にしていきたいというようなことを主張し、バレエ学校としての意義を説いていた。初めて大役に抜擢された若い女性に「人生って素敵ね」という。

 稽古場も古い。ダンサーたちは、無表情で黙々と練習に励んでいた。

 女性ダンサーは西洋人の特徴ということもあるのか、ほとんどが相当な錨型。彼女たちは男性かと思うくらいに骨張っていて筋肉質で、二の腕も脹ら脛も筋肉隆々。浮き出た骨と盛り上がった筋肉のため、たおやかな人体というよりは、昔理科室で見た人体を構造面からデフォルメした模型のようにすら見える。彼女たちはノーメイクに見えた。

 それが舞台に上がると、くっきりとしたメイクに劇的な表情、衣装とライトの効果、しなやかな身のこなし、流れるような動き……目が覚めるような女性美の表現者となる。

 ダンサーの定年は42歳、年金受給は40歳からだそうだ。団員たちとのミーティングで、経営責任者のように見える男性が、改正になった特別年金受給制度について説明し、またダンサーの引退後の地位について労働省と交渉中だといっていた。

 パリ・オペラ座は、ルイ14世が創り上げた世界最古のバレエ団だという。フランスという国家がパリ・オペラ座の運営には関与しているようだ。

 ダンサーは、修道女の我慢強さとボクサーの強靱さを兼ね備えなくてはならないそうだ。

 華やかな芸術の舞台裏というものは、総じて地味で淡々としたものなのだなあ……と改めて考えさせられたのは新鮮だった。ただ、映画の作りまでもが地味で淡々としすぎていた嫌いもあった。

ネット検索・閲覧したところでは、パリ・オペラ座の154名の選ばれたダンサーとそれを支える1500人のスタッフは国家公務員なんだそうだ。パリ・オペラ座の舞台裏がどこかしら旧ソ連を連想させたのも、地味だったのも、その割には安定感が感じられたのも、そうした制度と無関係ではないだろう。
 これは改めて、フランスの芸術と国家の関係について調べてみる必要がありそうだ。民間の恣意的な展開にしては、フランスの芸術の純度の高さとその維持が不思議で、ずっと何となく疑問に思っていたのだ。とんまなことにようやく、その秘密の一端に触れえたわけか!

 ネット検索で、こんな記事が出てきた。

 以下は、2007年10月30日 11:13 発信地:パリ/フランス――AFPBB News――より。

10月30日 AFP】年金改革に対するストライキを続行中のパリ国立劇場オペラ座(Opera National de Paris)で、29日に新たに2つの舞台がキャンセルされた。26日以降ストライキのため上演中止となった舞台は、これで計6回となった。

 ストライキは31日まで続く可能性もあるとみられ、これ以上ストライキが続く場合、その損失は220万ユーロ(約3億6400万円)にのぼる恐れもある。

 29日にキャンセルされたのは、旧オペラ座のガルニエ宮(Palais Garnier)で行われる予定だった振付師Briton Wayne McGregorによるバレエ公演「Genus」と、Angelin Preljocajによる「Medea's Dream」、さらにバスティーユ劇場(Opera Bastille)で行われる予定だったオペラ公演の「トスカ(Tosca)」。28日のMcGregorによる「Genus」のワールドプレミアのみは予定通り開催された。

 ストライキの原因となっているのは、ニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)大統領が提唱している公務員の年金優遇の廃止だ。

 パリ国立オペラの1680人の常勤職員に適用されている年金制度は、ルイ14世が1698年に同オペラの前身であるRoyal Academy of Musicのために設けたフランスでも最も古い年金制度のひとつ。これによれば、154人のダンサーは、10年間の納入期間を満たせば、最も若くて40歳で引退でき、長くても42歳までには引退しなければならない。合唱団の102人には、50歳の定年が設定されている。

 この年金制度は、オペラの仕事に携わる人たちの体力的な負担を考慮して設置されたものだが、同時にアーティストたちの回転率を高めていた。

 現在、この年金制度の加入者からの納入金が不足していることから、これを補うため国家が毎年1000万ユーロ(約16億5000万円)を支出している。

 また、フランスの特別年金制度により不足する資金を国が補填する金額は、年間50億ユーロ(約8300億円)にのぼるという。

|

« 何とか… | トップページ | 昨日の夕飯 »

オペラ・バレエ・コンサート」カテゴリの記事

シネマ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/48234668

この記事へのトラックバック一覧です: シネマ『パリ・オペラ座のすべて』を観て~芸術に関する国家的制度の違いに目から鱗:

» パリ・オペラ座のすべて [象のロケット]
348年前、フランス国王ルイ14世が設立した世界最古のバレエ団、パリ・オペラ座。 バレエ・エリートたちの中でもトップ中のトップ“エトワール(星)”と呼ばれるダンサーたちの練習風景や創作過程、舞台公演、また、華やかな舞台を支えるスタッフたちの仕事ぶり、企業としての広報活動、待遇交渉等、世界最高峰に君臨し続けているバレエ団の素顔に迫る、バレエ・ドキュメンタリー。... [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 04:52

» 『パリ・オペラ座のすべて』 (2009) [よーじっくのここちいい空間]
バレエのレッスンやリハーサルのシーンは、複数の演目ごとに同時進行という形で、交互に短めに映し出されるので、モタつくという事にはなりません。また、オペラ座・バレエ団の裏側を、衣装や美術や、食堂の料理人や掃除人まで、かなり多方面から描写しているので... [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 06:57

» 『パリ・オペラ座のすべて』 La danse - Le ballet de l'Opéra de... [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
バレエダンサーは回り、地球が回る。 “現存するもっとも偉大なドキュメンタリー作家”フレデリック・ワイズマン監督が、世界最古であり、最高峰のバレエ団であるパリ・オペラ座に84日間密着撮影。先日のユーロスペースのワイズマン特集には行かれなくって残念。1本は行こうと思ったのだけど、間に合わなかったのだよね。フレデリック・ワイズマンは観るべしと思いつつ、州議会などに向き合う根性はなかなかなかったりもするし。だけど、被写体がバレエの世界っていうのならば必見。『BALLET アメリカン・バレエ・シアターの... [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 08:10

» パリ・オペラ座のすべて [シネマ大好き]
パリを眺望するカメラが、オペラ・ガルニエの正面に続いて地下の舞台装置を映す。それから、団員たちの練習風景。 壮年の指導者が若い団員の先頭で踊っているかと思えば、イスに座って団員の前で振り付けを議論してたり、姿勢の違いを何度もやり直させてたり、掛け声が英語..... [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 09:00

» パリ・オペラ座のすべて■フレデリック・ワ... [映画と出会う・世界が変わる]
現存する最も偉大なドキュメンタリー映画作家であるフレデリック・ワイズマンであるが、彼の作品を見るのはこれが初めてである。ついにフレデリック・ワイズマンの作品が長崎の映画... [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 09:45

» 「パリ・オペラ座のすべて」:「すべて」はないが日常はある [ひねくれ者と呼んでくれ]
監督:フレデリック・ワイズマン フランス・米国2009年 高名なドキュメンタリー作家のワイズマンがパリ・オペラ座に密着取材した作品。上映時間160分だが、これでもこの監督にしては長い[E:on]というほどではないらしい。 解説のナレーションは一切付けない形式で淡々と、ある一時期のオペラ座の日常を切り取っていく。起承転結も何もなし、エンドクレジットが始まった時は「え?これで終わり[E:sign02]」と思った客が多数だったようだ。 大部分はダンサーのリハーサル場面が占めている。... [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 23:20

» 『パリ・オペラ座のすべて』(2009)/フランス [NiceOne!!]
原題:LADANSE,LEBALLETDEL'OPE'RADEPARIS監督:フレデリック・ワイズマン出演:パリ・オペラ座エトワールほかダンサーたち、ブリジット・ルフェーブル、パリ・オペラ座職員鑑賞劇場 : 109シ... [続きを読む]

受信: 2010年5月 3日 (月) 11:02

» パリ・オペラ座のすべて (2009・フランス) [白ブタさん]
バレエの聖地。パリ・オペラ座の舞台裏を描くドキュメンタリーです。 [続きを読む]

受信: 2010年5月 3日 (月) 23:50

» 映画『パリ・オペラ座のすべて』 [コラムニスト宣言]
 フレデリック・ワイズマンは映画の面白さと退屈さを同時に示してみせる映像作家ではないかと思う。160分という長尺の『パリ・オペラ座のすべて』は、その舞台裏をほとんど見せたことのない世界最古のバレエ団に密着したということで、本来ならいくらでも仰々しく撮る...... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 09:17

» mini review 10470「パリ・オペラ座のすべて」★★★★★★☆☆☆☆ [サーカスな日々]
300年以上にわたりフランス文化の中心とされてきたパリ・オペラ座の裏側に密着したドキュメンタリー。17世紀、ルイ14世によって創設されたパリ・オペラ座バレエ団の現在の姿に、アメリカを代表するドキュメンタリーの巨匠、フレデリック・ワイズマン監督がカメラを向ける。トップダンサーたちが華麗に舞うバレエ公演の裏にある、厳しいレッスンやスタッフたちの仕事現場など現実をとらえながらも、オペラ座の秘密をロマンたっぷりに描き出す。[もっと詳しく] ワイズマン監督の非・ドキュメンタリーな手法をあらためて確認したい... [続きを読む]

受信: 2010年7月19日 (月) 19:37

« 何とか… | トップページ | 昨日の夕飯 »