« 昨日の夕飯 | トップページ | 昨日の夕飯 »

2010年5月 6日 (木)

アメリカンな『アリス・イン・ワンダーランド』とルイス・キャロルの世界

『アリス・イン・ ワンダーランド』
原題:ALICE IN WONDERLAND
監督:ティム・バートン
出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ
2010年/アメリカ/1時間49分/翻訳:石田泰子/配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 かなり時間が経ってしまったが、せっかく観に行ったのだから、書いておこう。

 以下、ネタバレ注意。

 映画『アリス・イン・ワンダーランド』は、ルイス・キャロル原作の『不思議の国のアリス』と続編『鏡の国のアリス』を下敷きに、19歳になったアリスの冒険譚として制作された。

 19歳のアリスは結婚をさせられそうになっているが、身辺には結婚に対する幻滅をそそる人物がひしめいていて、まさに結婚は人生の墓場と想わせる。

 ガーデンパーティーの沢山の出席者たちが見守る舞台で正式に求婚されたアリスは、うさぎを目にし、跡を追って穴に落ちてしまう。

 落ちた先は、昔来たことのあるワンダーランドならぬアンダーランド。アリスはそのことをなかなか思い出せず、アンダーランドの住人たちもアリスがアリスであることを否定しようとするが、その中でマッドハッターという頭に狂いを生じがちな帽子屋だけはアリスがアリスであることを疑わない。

 アンダーランドは残忍な赤の女王の統治下にあり、暗黒時代が続いていた。アリスは自身が預言書に描かれた救世主で、赤の女王の最終兵器――怪物――ジャバウォッキーを倒すという役割を思い出さなくてはならないのだった。

 紆余曲折あるものの、最終的に戦いに勝利したアリスは白い女王が新たに君臨する世界に別れを告げ、元いた世界に戻ると、一同に結婚しないことを宣言する。そして実業家となり、中国貿易に乗り出すところで映画は終わる。 

 マッドハッターを演じたデップ様は、目が異様に大きかった。彼は目が素敵なのに、特殊加工を施されている風で、がっかりだった。役柄としては、原作における、帽子屋と、ルイス・キャロルが自身を投影したともいわれる憂愁の――馬から落ちてばかりいる――白の騎士とが、合わさったかたち。

 デップ様は異様な容姿の割りには影が薄かったが、やはり彼がいるといないとでは雰囲気が違うと思う。彼が登場すると、ダークな雰囲気のあるアンダーランドにぽっと灯がともる。

 白の女王を演じたアン・ハサウェイも、真っ白のメイクを施されて、デップ様の歩きかたを横どりしたかのようなコミカルな歩きかたをしてみせ、何というか、清楚な邪気ともいうべきものを漂わせて秀逸だった。この役柄に該当する人物は原作にはいない。原作にも白の女王は出てくるが、アン・ハサウェイ演ずる白の女王とはあまりにも違う。あんな個性はない。

 しかし、何といっても圧巻だったのは赤の女王だった。原作のハートの女王と赤の女王を合わせたかたちだが、映画では生臭みのある悪漢として描かれる。

 醜い女の悲哀を撒き散らす赤の女王は、幼児のような体型をし、頭がハートのかたちに膨れ上がった異形の人物で、彼女はそのことをコンプレックスに思っている。凄い特殊加工だ……。

 恋愛に飢えている彼女はハートのジャックに何ともいえない媚を振り、ときに無邪気でユーモラス。しかし大抵のときは冷酷そのものだ。死刑宣告が趣味であるかのよう。

 あの滋味は、若い女性には出せないものだろう。演ずるはヘレナ・ボナム=カーター。女の欲望、虚勢、脆さ、切なさといったものがあらわに表現されていて、いたたまれなかった。彼女の頭をハート型に膨れ上がらせているものは、何だろう?

 アリスは、赤の女王の最強の家来ジャバウォッキーを倒したことで、赤の女王の権力を手に入れて地上に戻ったといえないこともない。

 2冊のアリスが書かれたのは、ヴィクトリア女王が君臨した大英帝国時代で、イギリスは世界中に植民地を持っていた。アリスの物語には、当時のイギリス社会に対する風刺が込められているといわれる。  

 そう考えると、如何にもアメリカンなサクセス・ストーリーに仕上がった映画『アリス・イン・ワンダーランド』と、随所に風刺を潜ませながらも、言葉遊びを基調とするナンセンスに徹した原作の世界とでは、乖離が大きすぎるといわねばならない。

  ただ、映画の白の女王が女神風ではなく、美しさのなかに邪気を潜ませている感じがあるのは、ゲームがもととなっている世界に本当の善悪は存在しないという解釈によるものなのか、何かの批判が込められているのかと深読みしたくなる。

 ところで、原作のアリスは何歳に設定されているのだろう? 『鏡の国のアリス』(脇明子訳、岩波少年文庫、2000年)のなかに、アリスがハンプティ・ダンプティとのやりとりのなかで、自分の年齢を「七つと六か月」と答える場面がある。

 わたしは昔読んだとき、アリスの物語を少しも面白いとは思わなかった。「わたしを飲んで」と書かれた壜の飲み物を飲んで小さくなり、「わたしを食べて」と書かれたケーキを食べて大きくなったかと思うと、うさぎの落とした扇子を手にしたとたんにまた縮み、揚句の果ては自分が出した涙の池に溺れてしまって、ネズミと泳ぐ羽目になる……なんてオゾマシイのだろうと思った。

 そして、次にわたしの記憶に残ったことといえば、「こやつの首をはねろ!」「そやつの首をはねろ!」というハートの女王の残忍さだった。

 すっかりアリスが嫌いになってしまったのだが、出会った男はアリスフェチ。アリスの物語の研究書の類を持っていて、原作のジョン・テニエルの挿絵に魅せられた話も聞かされた。今回の映画の封切りに伴い、あちこちの出版社から『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』が出たようだが、ジョン・テニエルの挿絵が使われているものも多い。 

20100420140418

 わたしは彼のアリスフェチについていけないながらも、写真集『沢渡朔 少女アリス』(河出書房新社、1973年)を見せて貰ったりもした。美しい撮りかたとはいえ、ヌードに近いものもあって、わたしのアリス嫌いには気持ちの悪さが加わってしまった。 

20100420152636

 上は写真集の表紙の一部。ご覧のように、可愛らしく、謎めいた、しかし何処かしらに虐待の影でもありそうなアリスのイメージが、わたしのなかで定着してしまった。

 わたしはアリスフェチの男と結ばれ、地下の世界で暮し続けているのかもしれない。いや、これは、いわずもがなのぼやきだった。

 ところで、映画では処刑の――間一髪の――場面が生々しく登場する。わたしがアリス嫌いになった一番の原因はそれだった。それで、原作ではどうだったのだろうと思い、岩波文庫から出ているアリスの物語2冊を再読してみたのだった。

 『不思議の国のアリス』はトランプ、『鏡の国のアリス』はチェスがモチーフとなっている。

 ゲームが物語にうまく溶け込んでいるとはいえず、ごつごつとした不自然さがある一方では、アリスは子供らしさに満ちている。子供はよくひとり遊びをしながら、ひとりごとをつぶやいたりするものだが、アリスのひとりごとは半端ではない。そして、子供の持つ好奇心と理屈っぽさがそのまま描かれている。

 邦訳するには難しそうな言葉遊び、イギリスの文化に詳しくないとわからない比喩が盛り沢山で、なるほど、昔読んでちっとも面白く感じなかった理由がわかったと思った。しかしながら、大人になった今読むと、深読みもできそうな知的な遊戯がいっぱいのアリスの物語に魅せられた。登場するものたちも、何て生き生きと描かれていることか。

 そしてわたしは、当時は見落としていた決定的な文章をこの年にしてようやく見つけた。以下に抜粋。

「何が笑わせるの?」と、アリスは言いました。
「あいつに決まってらあ」とグリフォンが言いました。「ぜーんぶ思いこみばっかしさ、あいつは。処刑なんざ、まるっきしやったためしはねえんだ、来な!」

 何と、この切り札ともいえる――わたしにとっては珠玉の意味を持つ――グリフォンの言葉を、わたしは長いこと見落としたままだったのだ。

 つまりルイス・キャロルのアリスの世界では、死刑なんか、実際に行われたためしはないのだとグリフォンはいったのだ。ええっ、そうだったの? 知らなかった、52歳になるまで!

 それこそルイス・キャロルの美しき夢である。正真正銘のファンタジーであるゆえんの文章。

 今、『不思議の国のアリス』を通して読んでいくと、必ずしもこのグリフォンのセリフがなくとも、子供たちのごっこ遊びに似た世界の雰囲気から、「こやつの首をはねろ!」「そやつの首をはねろ!」というのがハートの女王の口癖にすぎないことはわかるのだが、昔読んだときはわからなかった。『鏡の国のアリス』の終局部で、赤い女王が愛するペットの猫に変容していくくだりも、とてもいい。

 アリスの物語は案外難解、不親切な作品で、大人向きの作品といえそうな気がする。ルイスを世に出すことに一役買ったジョージ・マクドナルドは、わたしが最も好きな児童文学作家なのだが、今回アリスを再読してみて初めて、2人の仲がよかったことに納得がいった。

 いろいろと書いたが、原作の味わいと映画の楽しさは別物で、この『アリス・イン・ワンダーランド』はおすすめ。ただ、『アバター』と違い、3Dで観る必要はないと思う。

|

« 昨日の夕飯 | トップページ | 昨日の夕飯 »

シネマ」カテゴリの記事

児童文学」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学 №1(総合・研究) 」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/48283721

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカンな『アリス・イン・ワンダーランド』とルイス・キャロルの世界:

» アリス・イン・ワンダーランド [だらだら無気力ブログ]
ルイス・キャロルの名作『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を基に ヒロインのアリスが19歳に成長し、再びワンダーランドに迷い込んで冒険 する様を描いた冒険ファンタジー。 監督は『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督。 ヒロインのアリス..... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 19:38

» アリス・イン・ワンダーランド■七つの海へ... [映画と出会う・世界が変わる]
このアリスは「戦うアリス」なのである。それも予言された解放者としての戦士なのである。穴の中に落ちていき不思議の国に行くのは原作と同じ設定であるが、そこでの冒険がアリスの... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 19:43

» アリス・イン・ワンダーランド■ヘレム・ボ... [映画と出会う・世界が変わる]
この作品は配給がディズニー、製作がリチャード・D・ザナックということでなんとなくいやな予感がしたら、全く的中。スピーディーに展開して全く退屈させないのであるが、ティム・... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 19:43

» 劇場鑑賞「アリス・イン・ワンダーランド」 [日々“是”精進!]
  「アリス・イン・ワンダーランド」を鑑賞してきました時間の都合上、3D吹き替え版を。白の女王を担当しているのは、深田恭子。「チャーリーとチョコレート工場」「スウィーニ... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 19:53

» アリス・イン・ワンダーランド [悠雅的生活]
お前はどうかしてる。でもいいことを教えよう。偉大な人はみんなそうだ。【2D字幕版】 [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 20:11

» アリス・イン・ワンダーランド (2010) [肩ログ]
ALICE IN WONDERLAND アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ、クリスピン・グローヴァー、マット・ルーカス、他 ネコも杓子も・・・ってな感じで大人気ですな 3D字幕での鑑賞です 子どもの時に体験した不思議の国(ワンダーランド)での記憶をすっかり失くしていた19歳のアリス。ある日、好きでもない相手からの突然のプロポーズに困惑していた彼女は、チョッキを着た白うさぎを目に止める。その不思議なうさぎを... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 20:15

» 「アリス・イン・ワンダーランド」ああ、こりゃ楽しい~! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[アリス・イン・ワンダーランド] ブログ村キーワード  “ジョニー・デップ&ティム・バ-トン 7度目のコラボ!”「アリス・イン・ワンダーランド」(ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ・ジャパン)。「不思議の国のアリス」の映画化ではなく、正確にはその後日談をオリジナル・ストーリーで映画化。相変わらずの“ティム・バートン ワールド”全開の映像世界に、吾輩もうクルンクル~ンでございましたわ。  19歳のアリス(ミア・ワシコウスカ)は、亡父の会社を引き継いだ貴族... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 21:14

» 『アリス・イン・ワンダーランド 3D(字幕版)』 ルイス・キャロルとティム・バートンの幸せな融合 [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
『アリス・イン・ワンダーランド』 にほんブログ村 (C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved. だれもが知っている原作、「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」―。 だからこそ、だれもがそれぞれにイメージする、その世界があるでしょう。... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 21:25

» 『アリス・イン・ワンダーランド』 [Cinema + Sweets = ∞]
昨日、有楽町の東商ホールまで行ってきました。 目的は、第48回優秀外国映画輸入配給賞の授賞式後に行われる『アリス・イン・ワンダーランド』の試写会。 18時からスタートして表彰式が30分ほど。 その後、2Dでの上映で観賞しましたー。 ******************** 『チャ... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 21:28

» アリス・イン・ワンダーランド(3D字幕版) [シェイクで乾杯!]
アリス・イン・ワンダーランド オフィシャルガイドブック (ぴあMOOK)2010年度・米・109分 ALICE IN WONDERLAND ■監督:ティム・バートン ■出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ、クリスピン・グローヴァー [声]アラ....... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 22:41

» アリス・イン・ワンダーランド [LOVE Cinemas 調布]
ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」、「鏡の国のアリス」をベースにその後のアリスの新たな冒険を描いた作品。『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督とジョニー・デップの7度目のコンビによる不思議なファンタジーが魅力だ。主演のアリスを『ディファイアンス』のミア・ワシコウスカが務める。ヘレナ・ボナム=カーターやアン・ハサウェイといった豪華な共演陣も注目だ。... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 22:51

» アリス・イン・ワンダーランド [キノ2]
 アリスという物語は本来、ルイス・キャロルが仲良しの女の子を喜ばせようと語った、子どものためのオモチャ箱的物語で、(もちろん語り手に教養があるだけに、表現は衒学的なものになったりもするんだけど)自由奔放なイマジネーションの面白さを純粋に楽しめばいいものであって、物語の整合性とか、ましてやメタファーとか哲学とか意味論とかそういったものは、考えてもあまり得るところはないんじゃないかな、と思うのですが、ティム・バートン監督は、何も考えずに物語世界を楽しめる、という幼い少女の特権を奪い、アリスを19... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 22:59

» 『アリス・イン・ワンダーランド』・・・ティム・バートン×ディズニー [SOARのパストラーレ♪]
監督としてのティム・バートン作品を久しぶりに劇場で。ルイス・キャロルの原作「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」が持つ摩訶不思議な世界観が、彼ならではの映像表現と3Dでファンタジックに再現されていた。... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 23:30

» アリス・イン・ワンダーランド [象のロケット]
求婚者から逃げ出した19歳のアリスは、うさぎ穴から地下世界に迷いこんでしまった! この世界の奇妙な住人たちは、なぜか皆アリスを知っていて、彼女が伝説の救世主だという。 少女の頃に自分がこの世界で冒険を繰り広げたことを忘れているアリスは、ワンダーランドの運命を賭けた戦いに巻き込まれていく…。 「不思議の国のアリス」のその後を描く、冒険ファンタジー。... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 23:48

» 映画「アリス・イン・ワンダーランド 3D(日本語吹替版)」感想と採点 ※ネタバレあります [ディレクターの目線blog]
映画『アリス・イン・ワンダーランド 3D(日本語吹替版)』を本日鑑賞。客席は40人程度で微妙な入り。 採点は★★★☆☆(5点満点で3点)。70点くらい付けても良い。 ざっくりストーリー 19歳のアリスが、あるパーティでチョッキを着た白ウサギを見つけ、あとをついて行くうちに地下の"アンダーランド"に迷い込む。そこには擬人化された生物や奇妙な人間が住んでいる。そして残忍な赤の女王に支配された白の王国の国民たちは救世主"アリス"を待ち望んでいた・・・ 評判の割に悪くない。ただ、コアなフ... [続きを読む]

受信: 2010年5月 7日 (金) 01:01

» 「アリス・イン・ワンダーランド(3D・吹... [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
ティム・バートンの作り上げた絵は素晴らしかった!!!いつもながらの、細部まで凝りに凝った彼の世界。アリスの金髪が背景に溶けてしまいそうな色合い、コントラストが強く、目や... [続きを読む]

受信: 2010年5月 7日 (金) 12:49

» アリス・イン・ワンダーランド [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:好きな童話、絵本は? 参加中 「アバター 」で予告を観た時から観たいと思ってました。 「アバター 」よりも3Dが面白かったんですよね。(爆) 原作本の「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」とも 子供の頃、家にありました。 絵本ではなくて、児... [続きを読む]

受信: 2010年5月 7日 (金) 13:21

» アリス・イン・ワンダーランド [Diarydiary! ]
《アリス・イン・ワンダーランド》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - ALI [続きを読む]

受信: 2010年5月 7日 (金) 19:15

» 「アリス・イン・ワンダーランド3D」 イカレてないイカレ帽子屋 [ノルウェー暮らし・イン・London]
さんざんに3Dを言ったものの、思い直して再チャレンジ! なんといってもジョニー様だからね♪ ご忠告どおり、真ん中より後ろで観たものの、今度は劇場が大きすぎたため、思ったより後ろ過ぎて~... [続きを読む]

受信: 2010年5月 7日 (金) 19:43

» アリス・イン・ワンダーランド [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
アリス・イン・ワンダーランド10:米◆原題:ALICE IN WONDERLAND◆監督:ティム・バートン「チャーリーとチョコレート工場」「スリーピー・ホロウ」◆出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ◆STORY◆想像力....... [続きを読む]

受信: 2010年5月 8日 (土) 12:53

» アリス・イン・ワンダーランド [とりあえず、コメントです]
ルイス・キャロルの名作童話をティム・バートン監督&ジョニー・デップが映画化した作品です。 予告編を観た時から楽しそう~!と公開を楽しみにしていました。 今回は3Dの吹替版でチャレンジしてみました(^^ゞ ... [続きを読む]

受信: 2010年5月 9日 (日) 21:06

» アリス・イン・ワンダーランド (3D字幕版) [映画鑑賞★日記・・・]
【ALICE IN WONDERLAND】 2010/04/17公開 アメリカ 109分監督:ティム・バートン出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ、クリスピン・グローヴァー、マット・ルーカス声の出演:アラン・リックマン、マイケル・シーン....... [続きを読む]

受信: 2010年5月10日 (月) 10:17

» 『アリス・イン・ワンダーランド ( 3D版)』 (2010) [よーじっくのここちいい空間]
想像していた世界が、そのまま美しく楽しく繰り広げられたような気がします。特に役者さんが演じていないCGだけのキャラクターには、飛び抜けて斬新で生きの良い素材がなかったのは、ちょっと惜しかったかなあ。... [続きを読む]

受信: 2010年5月11日 (火) 00:00

» アリス・イン・ワンダーランド [Akira's VOICE]
「見た目」だけは,かなり面白い!!   [続きを読む]

受信: 2010年5月12日 (水) 10:36

» アリス・イン・ワンダーランド 3D字幕版... [kaoritalyたる所以]
4/18に観た2本目の映画を、19日の枠でアップします。もう1ヶ月以上経ってますが、現在も興行的にはとても好調のようで、嬉しい反面、新しい映画が揮ってない・・というのは... [続きを読む]

受信: 2010年5月23日 (日) 13:54

» アリス・イン・ワンダーランド 3D <ネ... [HAPPYMANIA]
ティム・バートン&ジョニー・デップ 最高っっ ティム・バートンの 世界観が好きな方には めっちゃお勧めな 作品しかも 3Dで観るに限るじぇ ワタクシ すっかりめっきりワ... [続きを読む]

受信: 2010年5月25日 (火) 04:11

» 映画:アリス・イン・ワンダーランド [よしなしごと]
 好きな人はもう何度も観たというアリス・イン・ワンダーランド。ようやく観てきました。今回は3Dじゃなくてもいいかなぁと、2D字幕版です。 [続きを読む]

受信: 2010年5月28日 (金) 10:18

» アリス・イン・ワンダーランド [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:好きな童話、絵本は? 参加中 「アバター 」で予告を観た時から観たいと思ってました。 「アバター 」よりも3Dが面白かったんですよね。(爆) 原作本の「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」とも 子供の頃、家にありました。 絵本ではなくて、児... [続きを読む]

受信: 2010年5月29日 (土) 02:50

» アリス・イン・ワンダーランド(感想161作目) [別館ヒガシ日記]
アリス・イン・ワンダーランドは劇場で鑑賞し 結論は満足も結末より仕事驚きだ 内容は6歳の時にの穴に落ちたアリスが [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 11:24

» 『アリス・イン・ワンダーランド』が挑戦したものは? [映画のブログ]
 意外や、面白い映画だった。  なんて云うと、お叱りを受けそうだが、ティム・バートンやテリー・ギリアムの作品は下手に期待するとはぐら... [続きを読む]

受信: 2010年7月10日 (土) 08:44

» アリス・イン・ワンダーランド [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:アリス・イン・ワンダーランド 制作:2010年・アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイほか あらすじ:不思議の国の冒険から13年後。19歳に成長したアリスは、母親に勧められ富豪たちが集まる席で婚約を発表することになっていたが、彼女は自分にはまだ早すぎると半ば困惑していた。そんな時彼女の前に白ウサギが現れ、彼を追いかけ穴に落ちた彼女は再び不思議の世界へ飛び込むことになる。しかし、そこは赤の女王に支配さ... [続きを読む]

受信: 2010年8月 3日 (火) 17:49

» アリス「プディングケーキはだれのもの?」 [虎犇秘宝館]
2008年11月28日初出2010年8月7日リライトしました。王国一の剣士、ライオンのもとに若いユニコーンがはるばる訪れた。「我に剣術を教えたまえ」「よかろう、教えてしんぜよう」「王国一の剣士となった暁は、報酬として王国一のプディングケーキを差し上げよう」「契約成立じゃ」ライオンは舌なめずり、ユニコーンと握手した。かくしてライオンはユニコーンにおのが剣術のすべてを仕込んだ。資質溢れるユニコーン、めきめき腕を上げた。半年後。ライオンとユニコーン、剣の腕はほぼ互角となった。「約束どおりプディングケーキを... [続きを読む]

受信: 2010年8月 7日 (土) 14:10

» アリス・イン・ワンダーランド−映画感想− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ティム・バートン 出演:ミア・ミシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ 評価:70点 DMMレンタル第2弾。 レンタルなので2D。 うーん、こんなものか。 もっとエキセントリックできらびやかで夢の中のがっつり異常な世界を想像....... [続きを読む]

受信: 2010年8月30日 (月) 23:10

» 【映画】アリス・イン・ワンダーランド…ワシコウスカに萌えるか否か [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
まずは近況報告から… 昨日、2010年9月11日(土曜日)は夜勤明けで朝7時頃に寝たにも関わらず、何故か午前中に起床。 で、午後からは娘のリクエストでイオン八幡東ショッピングセンターに行く事に。 私としては特に目的も無...... [続きを読む]

受信: 2010年11月 8日 (月) 23:58

» 『アリス・イン・ワンダーランド』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 アリス・イン・ワンダーランド 』 (2010)監  督 :ティム・バートンキャスト :ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、 アン・ハサウェイ、クリスピン・グローヴァー...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 1日 (火) 15:40

« 昨日の夕飯 | トップページ | 昨日の夕飯 »