« 昨日の夕飯 | トップページ | アリス・イン・ワンダーランド »

2010年4月19日 (月)

日本はもう駄目だ――村上春樹『1Q84』 騒動

 昔、一億人総白痴化という言葉があった。評論家・大宅壮一の言葉だ。
 ウィキペディアを閲覧してみると、「テレビというメディアは非常に低俗なものであり、テレビばかり見ていると、人間の想像力や思考力を低下させてしまうという意味」とあった。1957年の発言だ。

 今、テレビと村上春樹を入れ換えてみれば、何てぴったりくるんだろうと思った。

 ファシズムの嵐、というものを体験したことのないわたしには、テレビもネットもたかが春樹の作品一冊にこうも白熱し、同じようなことをいっている状況に空恐ろしいものを覚え、ファシズムのオゾマシイ臭いを嗅いだ気がした。

 実際、今の日本はひじょうに多くの人間がメディアに釣られて右往左往している危うい状況であることが、政治状況からもわかることだ。ファシズムの嵐の一歩手前、崖っぷちにあるのだ。

 いや、大衆とはいつの時代も変わらないもののようだから、よい時代と悪い時代をわけるのは時代の病患を見抜く評論家が存在するかどうかだと思う。

 それが見当たらないので、もう日本は駄目になるという絶望感に囚われてしまう。

 春樹のようないい加減な(彼の引用一つとっても、それが如何にいい加減なものであるかをわたしは評論中で指摘した)小説ばかり読んでいると、日本人の頭はどんどん馬鹿になり、引きこもりと薬物中毒者は増えるばかりだろう。

 何よりも、この現実世界を仮想世界と錯覚させる甘い磁力が、彼の作品には潜んでいるからだ。

 彼は、現実逃避者たちの王だ。いや、金に目の眩んだ者たちの傀儡王だ。
 
 彼を一流の知識人と思い込みたい信奉者は、彼が作中で名を挙げている作家たちを一冊一冊真摯に、自らの魂の存亡を賭けた自己との闘い……苦業と思って(春樹の本ほど容易には読めないだろうが)、いや騙されたと思ってでもいいから、読んでみるがいい。

 そうすれば、彼がどんな山師か、本物とどれくらい違うかがわかり、春樹からの離脱にも成功するかもしれない。

※ 申し訳ありませんが、当記事に関するメールは受け付けておりません。

当ブログにおける関連記事:

|

« 昨日の夕飯 | トップページ | アリス・イン・ワンダーランド »

文化・芸術」カテゴリの記事

文学 №1(総合・研究) 」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

村上春樹」カテゴリの記事