« ペンギン柄のロング付せん紙〜! | トップページ | 石のこと。リルケの詩集。シャネルの映画3本目には……。 »

2010年3月 5日 (金)

4日に、呼吸器クリニック受診

4日に、呼吸器クリニック受診

 喘息の訴えより先に、1週間くらい前から数日に渡って起きた結石と想われる痛みを訴えました。

 というのも、今朝からまた腰より下くらいの背中が少し痛だるい(痛い+だるい=痛だるい)のですね。

 米粒ほどの結石でも、大変痛むことがあるそうで、砂粒くらいのものを意識せずに出している人は沢山いるとか。

 レントゲンやエコーでは、めったに確認できないそうです。

 先生は、腎臓から膀胱までの絵を描いて解説してくださいました。

 腎臓で尿が固まって結石になっても、腎臓にある間は全く痛まないそうですが、そこから出て膀胱に落ちる間の管のどこかに引っかかると、強烈な痛みを引き起こすとか。

 といっても、人によって痛みかたが違い、わたしのように重苦しい感じが強い場合もあるそうです。

 朝は吐き気がし、最近よく瞼が腫れるので、その現象と関係あるのかどうか尋ねましたら、瞼の腫れは結石とは関係ないそうです。

 結石には、水をよく飲むことだそうです。飲んでいるんですけれどね。水の飲みすぎで、瞼が腫れるんじゃないなしら。

 痛み止めを出していただけないか、訊くつもりだったのですが、そのあと、先生が腰の辺りの何箇所かをトントンと軽く叩いて「痛い?」と訊かれたあと、胸と背中に聴診器を当てられたので、忘れてしまいました。

 叩かれると、いくらか響く感じがありましたが、それほど痛くはなかったので、そういいました。でも、叩かれて気持ちがいいという感じではなく、そっとしていてほしい……と思いました。

 喘息の発作が映画館で出かけて困ったとお話しし、「そんなときは外に出るしかありませんよね?」というと、先生は気の毒そうに笑いながら、「そんなもん、気にしない、気にしない。何かいわれたら、集中できないあなたが悪いといいなさい」ですって。わたしの主治医がこういいなさいといいました……と付け加えて?

 来月はコンサートに行く予定なので、そんなことにならないように体調を調え、予防を強化しなくてはと思います。

 写真は、今日出していただいた、いつものフルタイド(吸入ステロイド薬)。

 明日も背中の痛だるさが続くようなら、泌尿器科を受診して、今度こそ、痛み止めを出して貰えないか、訊きに行こうかしら。自由に動けるうちに。

 それにしても、もう水、飲みたくない……漢方の先生がこんなわたしを見たら、「砂漠の民でもないのに、愚かなことを」とおっしゃるの?

|

« ペンギン柄のロング付せん紙〜! | トップページ | 石のこと。リルケの詩集。シャネルの映画3本目には……。 »

健康 №2(体調) 」カテゴリの記事

健康 №3(受診)」カテゴリの記事