« 昨日の夕飯(土井善晴先生レシピ『青梗菜と牛肉の炒め物』) | トップページ | 川端茅舎の桜の句をご紹介 »

2010年3月28日 (日)

おなかパンパンな感じ&瞼が腫れる原因についてネット検索

おなかパンパンな感じ

 漢方クリニックの処方は、わたしの心臓には合わない気がしたが、叩くと太鼓の音がすると先生にいわれた腹部の状態はかなり改善されていた。

 治療に(心臓が)ついていけなくてやめてしまったが、近頃またガス抜きがうまくできないせいか、張り気味だ。

 食後はその苦しさがあるので、心臓の圧迫感と紛らわしかったが、苦しさが募るので、午前2時頃舌下錠を使った。

 まだ少し苦しい。おなかのガスのせいだろうか。

 昨日は、朝、バナナを1本食べた。あとは夕食を食べただけだが、早食いの癖が直らないこともあって(?)、ガスをため込んだのか、苦しいったらなかった。

 時間が経っても、おなかパンパンの感じは治らず、その刺激のせいか無関係なのか、胸が苦しくなった。

 瞼も、ずっと腫れていて憂鬱だ。同じ街に住む女友達と会う約束で、わたしのほうから連絡することになっているのだけれど、できたら腫れが引いてから会いたい。

 記事を書いているうちに胸の苦しさは消えた。やはり、腹部の問題とは別に発作が起きていたようだ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 瞼が腫れる原因について、ネット検索してみた。

 それによると、

  • アレルギー
  • 腎臓が悪いことによる浮腫
  • 心臓が悪いことによる浮腫
  • 甲状腺機能低下症

 など。

 心臓が原因なら、仕方がないと思うしかない。循環器クリニックにかかっている現状としては。

 ただ以前かかっていた総合病院で慢性心不全といわれ、息切れなど、その症状が強く出ていたとき、瞼はあまり腫れなかった。

 水は、ドクターによって、飲むようにおっしゃったり、控えるようにおっしゃたりするので、どうすればいいかわからなくなるが、控えすぎると結石ができることははっきりしている。飲みすぎると当然、瞼も腫れやすくなるだろうが、あまり飲まないでいても腫れる。毎日、同じような腫れ具体。一日中続く。顔全体も、何となく腫れぼったいというか、不健康な感じで、鏡を見るのが本当に嫌になる。

 わたしは病気をしていても、生き生きとした顔つきだったので、病人とは見られなかったのだが、瞼が腫れていると、普通の精神状態であっても、どんよりとした精神状態に見えてしまう。

 来月、副甲状腺で診て貰っている内科を半年振りに受診するので、U先生にお尋ねしてみたいと思うが、混んでいたりすると、副甲状腺以外のことはいいにくい。血液検査で副甲状腺関係の数値に大きな変化がなければ、卒業ということもありえるし。

|

« 昨日の夕飯(土井善晴先生レシピ『青梗菜と牛肉の炒め物』) | トップページ | 川端茅舎の桜の句をご紹介 »

健康 №2(体調) 」カテゴリの記事