« インフルワクチン騒動 | トップページ | 昨日の夕飯(『三色ごはん』のレシピをご紹介) »

2009年11月19日 (木)

昨日の夕飯(厚揚げのチンジャオロースー風)

20091119004754

 頂き物のお皿に、さわらの焼きびたしをのせてみました。なかなかお洒落。いろいろなものがのせられそうで、嬉しいです。

Pb040054a

 さわらの焼きびたしは、さわらの切り身を焼いて、酒、みりん、砂糖、しょうゆに漬け込んだものですが、一緒にナスとしし唐を焼いて漬ければよかったなと思いました。漬け汁に酢を加えても美味しいし、急ぐときには市販のめんつゆに漬けても。

 黄色いものは、北海道展で買ったじゃがいも――インカ――のマヨネーズ炒め。過日コロッケに使ったキタアカリは常温保存でよいそうですが、インカは勢いがよくて常温保存だと芽が出やすいため、冷蔵庫で保存したほうがよいとか。

 最初の写真の手前、向かって左側のお皿にのっているものは、厚揚げのチンジャオロースー風です。デジカメで写真を撮り損ないました。お弁当にもよさそうですし、ご飯にのせて丼物にしてもいいと思います。

 参考にした「あっさり味のおかず」(主婦の友社、平成19年)からレシピをご紹介します。

[材料・2人分]
厚揚げ1枚,塩・こしょう各少々,小麦粉大さじ1,ピーマン4個,ゆでたけのこ50g,ねぎ1/2本,
合わせ調味料《オイスターソース小さじ1,しょうゆ大さじ1,酒大さじ1》,
おろしにんにく小さじ1,おろししょうが小さじ1,ごま油大さじ2.

[作り方]

  1. ピーマンは上下を少し切り落とし、縦に切り込みを入れて広げ、種を除く。内側の白い筋を包丁で薄くそいでおくと、歯ざわりがよくなる。
  2. ピーマンとたけのこは長さをそろえてせん切りにし、ねぎは斜め薄切りにする。
  3. 厚揚げは縦半分に切り、端から5~6mm厚さに切って、長方形にする。
  4. 炒める直前に厚揚げに塩、こしょう、小麦粉をまぶしておく。
  5. オイスターソース、しょうゆ、酒はまぜ合わせておく。別々に加えると、味が均一に材料にからまないので、まぜておくことがたいせつ。
  6. 熱したフライパンにごま油を入れ、たけのこ、ピーマン、ねぎ、おろしにんにくとおろししょうがを入れ、中火でいためる。ねぎがしんなりしてきたら片側に寄せ、あいたところに厚揚げを入れ、強火で炒め合わせる。
  7. 合わせ調味料を入れ、全体によくからめればでき上がり。 

|

« インフルワクチン騒動 | トップページ | 昨日の夕飯(『三色ごはん』のレシピをご紹介) »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/46801529

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の夕飯(厚揚げのチンジャオロースー風):

« インフルワクチン騒動 | トップページ | 昨日の夕飯(『三色ごはん』のレシピをご紹介) »