« 循環器クリニック受診…のはずですが | トップページ | 計画の見直しとたっぷりの睡眠は、健康によい »

2009年10月17日 (土)

循環器クリニック受診

 前の記事の続きです。

 クリニックに戻ると、患者さんはずいぶん少なくなっていました。このあと、手術があるそうです。

 今日の診察のテーマはめまい。

 下瞼を押し広げられ、「貧血はない。めまいって、失神しそうなめまい?」と先生。「酔っ払ったときのような、足元が定まらないめまいです。近頃めまいがちょくちょくするのですが、一昨日のめまいはこれまでとは違って、じーんとした頭痛を伴いました」とわたし。

 3日ほど頭がズキズキしたので、薬が効きすぎたのではないかと思い、インデラルを控えてみたことも正直に話しました。「で、今はちゃんと飲んでるんだね?」と先生。「飲んでいます。一昨日も、飲んでいました」とわたし。

 診察前に測った血圧の値は140-80で、正常でした。 

 「めまいがしたときに、血圧を測ってみたほうがいいね。下がりすぎていないか、注意したほうがいい。根を詰めて何か書いてたんじゃない?」と先生。図星でした。

 ただ、血圧が下がりすぎているというのはどうなのでしょう? アイトロールの飲み始めのときだったか、ひどく血圧が下がってフラフラしていたことがありましたが、あのときは確かに血圧が下がりすぎていて、上が100とか90とかになっていました。

 血圧が高いときは下が110になることもあることを考えると、普段から血圧が低い人ほどわたしは低血圧に慣れていず、めまいを起こしやすいのかもしれません。そうはいっても、あのときとは何となく違う感じ。今日の血圧の値も低くはありませんでした。

 根は最高に詰めています。完全に創作モードで、24時間、寝ても覚めてもフルに緊張状態が続いているといった感じです。この作品が世に出る最後のチャンスだとまで思いつめているので、その度合いは大きいでしょう。

 いずれにしても、先生がおっしゃるように、血圧を測るほうがいいんでしょうが、自分ではうまく測る自信がありません。血圧計を買っても、壊してばっかり。それに、頑張って血圧表をつけたところで、血圧の値の上がり下がりが激しすぎて、怖くなるだけですし。ちゃんと測れていないせいなのかどうなのか、わからなくて終わったのが過去の数回の血圧表体験でした。 

「一心集中は、めまいを起こしやすいよ。睡眠不足も、めまいを起こしやすくするからね。前にメリスロンをあげたことがあったけど、リーゼをあげてみようか。10日分出しておくから、様子を見てみて」と先生。

 めまいに効く薬にメリスロンがあるそうですが、以前処方されたとき、わたしは何かいったそうです。合わないというようなことを。先生はそのときのカルテを見て正確におっしゃいましたから、過去記事を見れば出てくるでしょうね。

 リーゼは安定剤だそうです。それを飲んで緊張を和らげ、ぐっすり眠るようにとのこと。それが一番いいのかもしれませんが、わたしは安定剤、眠剤のたぐいは飲みません。万一、入院した場合は、例外として指示に従いますけれど。

 でも、角が立つので、出していただきました。単に睡眠不足からなっているめまいであれば、怖くはありません。

 リーゼは薬剤師さんも飲んでいて、安全な薬だそうですが、信用していませんね、わたしは、この手の薬。

 「もしめまいが耳鼻科とか、あるいは……から来ていた場合は、リーゼでは効かないと思います。そのときは、そちらへ行かれたほうがいいかもしれませんね」と、薬剤師さん。頭、と口の形は開いていながら、声に出してはおっしゃいませんでした。

 なるべく自力で緊張をほぐし(書かなきゃいいだけの話ですが、そういうわけにはいかないので、難問ではあります)、よく眠るように努めようと思います。

 それでも、もしまた、頭の芯がじーんとする痛みがあり、めまいがするようであれば、怖いという感じを拭えないので、脳神経外科を受診してみたいと考えています。

 本当は他にもいろいろとお尋ねしたかったのですが、返って来る答えはだいたい想像できたので、いいませんでした。

 患者さんが少なくなっていたので、何枚かの秋吉台、秋芳洞の写真を先生に差し上げました。「この日は曇っていたの?」と、カルスト台地の写真を見ながら、先生。

「そうですね、少し曇っていました。洞窟の中は暗いので、あまりよく撮れませんでした」とわたし。「なつかしいなあ。修学旅行で行ったんだけど……」と先生。「よかったですよ、秋芳洞」とわたし。

 すると、またもや先生から、前回の受診時に秋芳洞へ行くことを話したときと同じような、妬ましそうな、ほとんど小さな敵意のようなものが伝わってきて驚きました。

 よほど行ってみたいのだと気の毒になりました。下のお子さんはまだ小さく、仕事は忙しいしで、旅行どころではないと前回おっしゃいましたっけ。差し上げないほうがよかったかもしれない、と少し後悔しました。

 前回、童話の取材で行くといったときに、「へえー童話も書くの? 出来上がったら見せて」と、社交辞令というより、子供のようにおっしゃいましたが、もし本になれば、サインして進呈しようと思います。

 そう思うと、ますます張り詰めちゃう、びんびんに。

 ニトロ舌下錠はまだあるので、処方されませんでした。めまいが起きたときは、舌下錠は飲まないほうがいいそうです。血圧低下でめまいが起きているのだとしたら、舌下錠なんか飲むと、それこそ下がりすぎて失神モノですものね。

インデラル錠10mg ⇒ 1日3回、毎食後、40日分
ヘルベッサーRカプセル100mg. ⇒ 1日2回、朝・夕食後、40日分
アイトロール錠20mg ⇒ 1日2回、朝・夕食後、40日分
シグマート錠5mg ⇒ 1日3回、毎食後、40日分

リーゼ錠5mg⇒不眠時 10日分

|

« 循環器クリニック受診…のはずですが | トップページ | 計画の見直しとたっぷりの睡眠は、健康によい »

健康 №2(体調) 」カテゴリの記事

健康 №3(受診)」カテゴリの記事