« 昨日の夕飯(服部幸應先生レシピ『ぶりの柚庵焼き』) | トップページ | タイトル未定短編小説のために #6 »

2009年9月10日 (木)

息子の論文完成

 昨夜息子が嬉しそうに電話をかけてきて、教授から論文完成とのメールがあったといった。

 息子の論文を担当教官が完成させ、他の研究者のチェックなどを経て、雑誌に掲載されるという流れらしい。

 Journal of Chemical Physicsという雑誌に掲載されるのではないかという。

 科学雑誌のことはわからないが、誰でも知っているほどに権威のあるNature、Scienceなどからすれば、水があくが、化学物理学の分野ではよく知られている雑誌だそうだ。たぶん、と息子はいったから別の雑誌ということも考えられるのだろう。

 今月下旬の旅行中か、その前後に大学に寄り、教授に会いたいと息子は思っているようだ。3泊4日のうち1日は行動を共にできないかもしれないが、息子のそうした方面のことは心から応援しているので、むしろ嬉しいくらいだ。

 旅行から帰った翌日は、会社の用事があるという。例の息子が入るはずだった潰れた部署の残党? の人たちがセミナーを開くので、それに行くのだそうだ。

 わたしも今回の旅行は、児童文学作品『不思議な接着剤』の取材が主たる目的。娘は萩の街の散策を楽しみにしている。夫はわたしたちの旅行中に休日が挟まるので、友人宅に泊まりに行くそうだ。実家にも寄るという。

 夫の実家では、麻布を出た新米獣医の甥が舅姑と一緒に暮している。その家から近所の大きな動物病院へ通勤しているのだが、給料は安く、仕事は大変だそうだ。が、甥が老いた舅姑の側にいると思うと、こちらも安心できる。

|

« 昨日の夕飯(服部幸應先生レシピ『ぶりの柚庵焼き』) | トップページ | タイトル未定短編小説のために #6 »

家庭での出来事」カテゴリの記事