« 湯田温泉の白狐伝説 | トップページ | 虫籠に…… »

2009年9月25日 (金)

既視感のある通り

既視感のある通り

 過去の世界に、タイムスリップしたかのようでした。なつかしさを感じさせる通りは、実は盛り場。

 中原中也の記念館は、この通りにあります。つまり、彼の生家は盛り場の入り口といった場所にあったわけです。

 昔はどうだったのかは知りませんが、今、盛り場にある飲食店の多くは、古めかしさとメルヘンっぽさを印象づけます。

 お好み焼き屋さんのガラス窓から見える、いろいろな酒瓶。店名の下に、大きな木のスプーンを貼りつけた酒場。

20090924183013

|

« 湯田温泉の白狐伝説 | トップページ | 虫籠に…… »

お出かけ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学 №1(総合・研究) 」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事