« 森永の白いチョコボール~! | トップページ | 民主圧勝=大量のチルドレン(新人議員)の発生…あのときとどう違うのかな? »

2009年8月30日 (日)

『ガラスの仮面 44』を読んで

「ガラスの仮面 44<br />
 」を読んで

 花とゆめCOMICS『ガラスの仮面 44』(美内すずえ著、白泉社)を、一昨日娘が買ってきました。

 わあ、と喜びながらも、一昨日は読みませんでした。当の娘も。

「今日はだめ、受け付けない」と、わたしたちはいい、揃って次の日の夜に読んだのでした。

 面白いことは読む前からわかりきったことですが、絵柄も内容も濃いので、わたしたちには心の準備が必要だったのです。

 で、昨夜読んだ44は、そのうち、こういうことが起きるのでは……とわたしが想像したような展開となっていました。ドラマが動いたということですね。

 ネタバレになるので、それ以上は書きませんが、どうでもいい疑問を一つ。

 美内先生からは医学的知識が欠落しているのでは?

 なぜって、しきりに血を吐く月影先生は肺結核かと思いきや心臓病だったし、それに……。

 ただ、このアバウトさが美内先生の魅力の一つともいえますね。

 昔、「はるかなる風と光」を読んだときの、身内を走り抜けた清冽な感動は忘れられません。何て雄大な物語なのだろう、と思いました。

 美内先生の作品では、物語のなかでどんなに暗い悲惨なことが進行していようとも、常に健康感の充溢があります。病人のわたしには、この上なく良質のパワーをいただけるといった感じです。

 わたしは「テレプシコーラ」の山岸凉子先生の大ファンでもありますが、スケールという点では、両者、比較できない大きさを持ち、山岸先生の作風は周到、緻密で、純文学的な深みと洗練を感じさせ、美内先生の作風は霊感的な高揚感を伴う、大河ドラマのような起伏を感じさせます。

 ガラスの仮面、次巻が待ち遠しい限りです。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

|

« 森永の白いチョコボール~! | トップページ | 民主圧勝=大量のチルドレン(新人議員)の発生…あのときとどう違うのかな? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

山岸凉子」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事