« 煮詰まった旅行計画 | トップページ | 昨日の夕飯 »

2009年7月31日 (金)

30日に循環器クリニック受診

 昨日、循環器クリニックを受診しました。

 こういってはナンですが、不満足な受診内容でした。

 というのも、2年前に見かけた看護師さんがいらして、2年前のそのときは、その看護師さんがわたしの顔がナンとかいう女優さんに似ているだの、先生もわたしのことをその看護師さんに「この人はね、芋たこなんきんなんだ。将来の作家さんだよ」などとおっしゃり、いつもと診察室の雰囲気の異なる中での落ち着かない受診に終わりました。

 その看護師さんは先生の奥様なのではないかと思っていたのですが、昨日の受診で、正解だったとわかりました。他の看護師さんから以前に聞いたところでは、奥様が手術の助手を勤められるとか。普段はめったに見かけません。

 で、まあそういうことはどうでもいいのですが、普段の受診の流れですと、診察前に検査室で、体重・血圧測定⇒看護師さんの問診。
 診察室では、看護師さんの報告を受けた先生が問診⇒軽い雑談が入ったり入らなかったり⇒診察(脈拍を診、胸のあちこち・首筋などの聴診、最後に目を丁寧に診られます)⇒さらなる問診・注意など⇒大抵雑談が入り⇒投薬に関する確認や説明……という具合です。こうした流れのどこかで心電図・血液検査・尿検査など、必要に応じて検査の入ることがあります。

 それが昨日はナンだか、ぐしゃぐしゃになった受診の流れの中で、雑談が夾雑物の印象を与えるものとなり、話したいことも話せないまま、看護師さんの「はい。では、あとはお薬ですね」という裁断する調子の言葉で、受診は唐突に終わりました。先生はあっけにとられた表情で何かいいたそう……わたしもまだ受診の途中の気がしたまま、仕方なく診察室を出ました。

 受診のたびに先生とずいぶん無駄話をしている気がしていましたが、それは単なる雑談ではなく、診察の流れを損なわない、診察の一項目ともいえるもので、先生に対して患者の生活面の情報を与えるものだということが改めてわかりました。

 わたしは受診前に、先生に質問したい事柄を予習していくのが常です。昨日は、次のことをお話しするつもりでした。

  1. めまいのこと。
  2. レッドクロスの内科で受けた腹部造影CTで、肝嚢胞の他に左腎にも新しく嚢胞が2個見つかったが、今のところ問題ないといわれたこと。
  3. 呼吸器クリニックで、おなかがパンパンになる現象に胃腸系の薬ベリチームカプセル・マグラックスを出して貰ったこと。
  4. フルタイドを増やすと、鼻の中が腫れ、鼻孔近くにおできができること。

 めまいのことは、検査室で別の看護師さんにご報告していました。

 診察室で、先生はカルテを見ながら、おなかパンパンの現象について「おなかが膨れる症状はまだある? それにニトロが効くといったよね?」とお尋ねになり、わたしはニトロでよくなることがあるといい、おなかが膨れる症状に呼吸器クリニックで胃腸系の薬が出されたことをご報告しました。

 先生は胃腸系の薬については何もおっしゃらず、考え込みながら、「まだニトロ舌下錠はある?」とおっしゃったので、ニトロはまだありましたが、少なくなってくると心細いので、出していただくことにしました。

 次に、「めまいがしたって?」と先生。わたしは、そのときの状況を詳しくお話ししました。先生が「また根を詰めて執筆していたんじゃない?」とおっしゃったので、外出しなければならない用事が立て込んでいたといいました。

「ちょっと外出しただけで、ひどく疲れるんです」といったあと、雰囲気を和らげるために「先生はまだマラソンを続けていらっしゃいますか」と雑談を入れました。そこへ先生の奥様と思われる看護師さんが「ちっとも痩せないんですよ」と強い口調でおっしゃいました。

 わたしにはそれほど肥っては見えないけれどな、と思いながら「お顔がほっそりなられましたよ」といいました。「顔が大きいんです。ホントに大きくって」と看護師さん。それから3人の言葉が入り乱れる訳のわからない雑談となりました。

 看護師さんは先生に「減量してからマラソンすべきよ」「膝に来たら困ります」「腹が出ている」だの、わたしにはしきりに「あなた、小顔で可愛らしい」とおっしゃり、先生は肥っている、腹ボテ、膝に来る――などといった奥様いえ看護師さんの言葉の盾にでもするかの如く、「この人は執筆なさるんだ」などと、わたしの素人芸を大袈裟に強調なさって(看護師さんの攻撃を別方向に逸らす意図からでしょう)、わたしはそうした言葉に対して何かいい……楽しい雑談というより、五月蝿い雑談となりました。

 そして唐突に看護師さんが「はい。では、あとはお薬ですね」と、きっぱり。うーん、わたしはもしかしたら奥様から見れば、先生にくっつきそうな虫にでも見えたのかしらね。夫婦の仲のよさを見せつけられたのかもしれませんが、わたしは不愉快になりました。結局、2.と4.は先生にご報告できないままでしたし、脈拍も胸の音も目も診て貰えないままだったからでした。あー、お2人とも、そのままで充分に素敵ですから、夫婦喧嘩紛いもラブラブ紛いもおうちでなさってください。

 今回の投薬。

インデラル錠10mg ⇒ 1日3回、毎食後、40日分
ヘルベッサーRカプセル100mg. ⇒ 1日2回、朝・夕食後、40日分
アイトロール錠20mg ⇒ 1日2回、朝・夕食後、40日分
シグマート錠5mg ⇒ 1日3回、毎食後、40日分
ニトロペン舌下錠0.3mg⇒胸痛発作時10回分

|

« 煮詰まった旅行計画 | トップページ | 昨日の夕飯 »

健康 №2(体調) 」カテゴリの記事

健康 №3(受診)」カテゴリの記事