« 初創作、卑弥呼関係、同人雑誌 | トップページ | 13日に、産婦人科受診 »

2009年1月10日 (土)

最近の夕飯から(ボルシチ。魚のから揚げスプラウトおろし添え。ごぼうと厚揚げののっぺい汁)

P1030092_2 家族に好評だった最近の夕飯はボルシチ、魚のから揚げスプラウトおろし添えごぼうと厚揚げののっぺい汁

 ボルシチをするたびに、綺麗な色だと感動します。写真ではもう一つ色がでません(写真をクリックしていただくと、もう少し大きなサイズでご覧になれます)。

 レシピではありませんが、ボルシチに関する過去記事があります(⇒GO!

 うっかりしてサワークリームを買い忘れました。サワークリームがあるのとないのとでは、全然違います。ヨーグルトもありませんでした。生クリームをかけましたが、近いうちに、もう一度作ってサワークリームをたっぷりのせて食べたいです。

 以前は行きつけのスーパーにビーツが置いてあったのですが、見かけなくなったので、缶詰を利用しました。汁は全部鍋に入れて使いました。

P1010075 さっぱりとしていて美味しい、魚のから揚げスプラウトおろし添えを「あっさり味のおかず」(主婦の友社、平成19年)からご紹介します。材料は2人分です、ご注意ください。

 ∥白身魚または青背の魚(かます、すずき、鯛、いさき、かれい、さわら、あじなど)2切れ(200g)|塩小さじ1/3(魚の重量の約1%)|スプラウト(ブロッコリー、クリスなど)1パック|大根おろし1カップ|かたくり粉適量|しょうゆ大さじ1~1.5|揚げ油適量∥

  1. 魚は小骨を除き、6等分に切る(魚の厚みによっては厚めのそぎ切りにする)。塩を両面に振って約10分置おく。
  2. スプラウトは根を切り落として1cm長さに切り、大根おろしにまぜる。
  3. 魚の水けをふき、かたくり粉をまぶして余分な粉をはらい落とし、175度に熱した揚げ油で揚げ、油を切る。
  4. 器に盛り、2をのせてしょうゆをかける。

P1010044 簡単でありながら本格的な味わい、ごぼうと厚揚げののっぺい汁を前掲の本からご紹介します。材料は2人分です、ご注意ください。

∥ごぼう1/2本|厚揚げ1枚|しょうがの薄切り2枚|だし2カップ|酒大さじ1|塩小さじ1/8|薄口しょうゆ小さじ1/2|水どきかたくり粉(かたくり粉大さじ1+水大さじ2|万能ねぎの斜め小口切り適量∥

  1. ごぼうはやや厚めに斜めに薄切りにし、さっと洗って水けを切る。厚揚げはたっぷりの熱湯を注いでざるに上げ、ペーパータオルなどで水けを押えて油抜きし、1~2cm角のさいころ状に切る。
  2. なべにサラダ油としょうがを入れて弱火にかけ、じゅくじゅくし始めて香りが出てきたらごぼうを加えて中火で炒める。ごぼうが透き通ってきたら、だし、厚揚げを加える。
  3. 沸いてきたらふつふつと小さく沸くくらいの火かげんにし、酒、塩、薄口しょうゆを加えて5分ほど煮る。まぜながら水どきかたくり粉を加え、再び煮立てて粉くささを抜く。
  4. 器に盛り、万能ねぎを散らす。

|

« 初創作、卑弥呼関係、同人雑誌 | トップページ | 13日に、産婦人科受診 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近の夕飯から(ボルシチ。魚のから揚げスプラウトおろし添え。ごぼうと厚揚げののっぺい汁):

« 初創作、卑弥呼関係、同人雑誌 | トップページ | 13日に、産婦人科受診 »