« 13日に、循環器クリニック受診 | トップページ | 産婦人科受診 »

2009年1月17日 (土)

デパートの加賀百万石展で買った喜仙詩(しるこ)/この冬も活躍中のハーブ/夫とダウンジャケット

P1110228_2 デパートの加賀百万石展で、ちょっと珍しいと思って買ってみた山中石川屋喜仙詩(しるこ)〔⇒ホーム〕。壷の形をした最中に見えますが、しるこなのだそうです。

 軽く砕いてお椀に入れ、熱湯を注ぐと、皮の部分が柔らかくふやけて餅のような感触になるのだとか。

P1110235 で、試してみると、向かって左の写真のような具合に。

 う~ん。「最中は、しるこになれるか?」という難問に、この喜仙詩はよく健闘していたとは思いました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

P1110215

 風邪の季節。切れたエルダーフラワーを買いました。湯で割って、寝る前くらいに家族で飲みます。風邪をひきかけたかな、と思ったときにすぐに使えば、結構効果がある気がしています。

 昨日、わたしは風邪のひきかけかと思われる気分の悪さがあったのですが、それが、かなり改善されました。なにせ体力に乏しいので、このままエルダーが、執拗に攻め入ろうとする風邪から、わたしを守りきれるかどうかはわかりませんが、何もしないのとでは違う気がします。

 小さな小瓶は、ユーカリ・ラディアータ(エッセンシャル・オイル)。鼻の悪い夫に、ティッシュペーパーに1~2滴垂らして渡し、嗅いでみるようにすすめると、試した夫は「おお、すっとする!」といいました。

 入浴時に使用するのも効果的ですね。こうしたことを続けることで、鼻の粘膜がだんだん強くなっていくそうです。

 エルダー、ユーカリ、カモマイル、ラベンダーは、もはやわが家の必需品です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 防寒といえば、痩型の夫を北風から守ってくれる盾ともいうべき、冬物アウターを何か新調しなければ、と昨年から思っていました。コートももう1着ほしいところですが、普段、酷使するブルゾンかジャケットを絶対に追加しなければ、と思いました。

 冬物一掃セールの時期を、昨年から狙っていました。ところが、何やかやと用事が重なり、なかなか夫と買いに行けませんでした。

 夫を、紳士服売り場に連れて行くのは容易なことではありません。でも、体温を調節してくれる服は必要でしょうし、お洒落な服も好きではあるのです。デパートの雰囲気とか、試着とかが、とにかくもう嫌なようです。

 でも、わたしが気に入って買ってきても、夫が気に入らないと駄目だし、冬物アウターはバーゲンを狙ってさえ値段が張るので、失敗は家計に痛い。

 ニューヨーカーに、気に入ったものが3着ありました。レザーブルゾンとキルティングコートとダウンジャケットです。カッコいいレザーブルゾン、お洒落なキルティングコート、一番温かそうなダウンジャケット(リバーシブルになっています)。ワタクシ的には、甲乙つけがたい感じでした。

 お店の人の話では、バーゲン対象の品物であっても、各ニューヨーカーのお店の間で連絡し合い、どの店かにある場合は取り寄せができるということでした。

 夫を紳士服売り場に連れて行くまでは成功したものの、ふとしたことで、くるりと方向を変えて下りのエスカレーターのほうへ行ってしまいそうになります。不機嫌そうな表情、キョロキョロした目……一刻も早くその場を離れたそうな夫の様子にわたしも苛々が募ります

 が、めったに引っ張って来ることができないからこそ、長く着られそうな質のよい、感じのよいブルゾンかジャケットのどちらかを買っておかなくては、というわたしの決意は固く、宥めたりすかしたりしてニューヨーカーまで引っ張ってきました。

 夫はわたしが示した3着はわりと気に入ったようで、へえーという明るい表情になってそれらを見ていました。が、試着という段階を意識したのか、ふと、くたびれたジャケットのポケットに両手を突っ込み、「やっぱりいいよ」というなり、立ち去りそうになりました。

 わたしはカッとなり、「そんな君には、ニューヨーカーなんてもったいない!」と叫びそうになりましたが、グッと堪えて、「ね、ね。待って。せっかくだから、サイズの確認だけしてみましょうよ。Mかな、Lかな。ブランドによって、違ったりもするのよねえ。あら~あたたかそう」といって努めて楽しそうにさりげなくダウンを手にとり、夫を見てニッコリしてみせました。

 すると、夫は気に入らないようにわたしを見、顎をしゃくって、「じゃ、それ」といいました。ムッときましたが、幸いそのダウンの試着に応じてくれたので、ここまで来れば大丈夫だと思いました。他の2着も、お店の人の軽やかなサポートで、着せてみることができました。が、結局夫はダウンがいいといいました。

 帰宅して、ダウンの値札をとり、夫に「着てみる?」というと、夫はデパートにいるときとは対照的な穏やかな顔つきで、「うん」といいました。着たあとで、生地を返してみたりして、リバーシブルになっている如何にもニューヨーカーといった裏地を気に入ったように眺めたりしていましたが、首をダウンに縮めるようにして「温かい……」とつぶやきました。

 ダウンが気にいったようで、ホッとしました。実は、冬物のビジネスズボンも買い足さなければなりませんが、ビジネスズボンだけはどういうわけか、夫1人でも買いに行けるのです。大抵、青山に行きます。前の街に住んでいた頃はフタタでした。ですが、それ以外のものを買うとなると、ひとりでは青山でもフタタでも駄目で、わたしが一緒だとデパートと同じ事態に陥ります。

 とにかく夫のダウンが買えて、わたしまでダウンを着ているような温かな気持ちになりました。

|

« 13日に、循環器クリニック受診 | トップページ | 産婦人科受診 »

グルメ」カテゴリの記事

ショッピング」カテゴリの記事

健康 №2(体調) 」カテゴリの記事