« 古い手帳 | トップページ | いやだ、こんなときになって »

2008年12月31日 (水)

おせちが届く

Pc240013_2 Pc240006_4  午前中に、頼んでいた野村のおせち(京都)が届きました。

 うちは3人なので、コンパクトなものを。

 息子がいれば、いくらあっても足りないくらいなのですが、夫はそれほどおせちが好きではなく、雑煮や磯辺餅、ベーコン巻き餅、または正月向きのごく普通のご馳走などのほうが好き。娘とわたしはおせちが好きですが、そう沢山は入りません。手作りにこだわなければ、出来合いを頼むのも悪くありません。少人数の場合は、頼んだほうがむしろ安上がりですね。

 野村のおせちで気に入ったのは、ニンジンで作られた鳳凰です。

 全員が好きなぜんざいは、いつも大晦日に作り、ときには正月にもまた作ったり。今日もぜんざいを作ります。年越し蕎麦は、えび天蕎麦にしようと思い、えびを買って冷凍しています。ハムがブロックで冷蔵庫にあるので、正月に使っても使わなくても、心強いです。

 2日から、1泊2日で娘と息子の街に出かけます。夫には、その夜は外食して貰います。息子の街ではホテルに宿泊し、予約してある別のホテルのレストランで夕飯にしますが、温泉宿も考えました。

 が、駅からは遠くなるし、息子はえびをはじめとして、よく温泉宿で出るような料理の材料のいくつかにアレルギーがあるということもあって、ホテルにしました。

 昨夜、娘が息子とメールで、待ち合わせ時間の打ち合わせをしていました。新幹線の到着時間に駅に来るそうです。その駅で、息子は昨夜も警備員件案内係りのバイトだったようですが、2日と3日はバイトを入れなかったとのことでした。

 今年の正月に息子の街を訪ねたとき、駅は人でごったがえしていて、喫茶店もレストランも人で溢れていました。沢山の男女の大学生が、警備員・案内係のバイトをしていました。また可愛い鳩たちに逢えるかしら。

|

« 古い手帳 | トップページ | いやだ、こんなときになって »

グルメ」カテゴリの記事