« 退院① | トップページ | 退院③「退院診療計画書」「予約票」 »

2008年9月 6日 (土)

退院②

退院②

 午前10時頃に退院して自宅からですが、携帯からの更新です。

 土曜日の退院なので、スタッフが少なく、あまり挨拶できないだろうと思い、前日から出会う看護師さんに片っ端からお世話になったお礼を言っていたのですが、それで正解でした。
 問題を残しての退院なので、どの看護師さんも「気をつけてね」とか「お大事に」とかおっしゃいました。
 ドクターには、内科、脳神経外科、整形外科の外来でまたお目にかかることになります。

 ずっと一緒に助け合って楽しく過ごした69歳の女性Kさんは、わたしが「さようならを言いたくないから、Kさんがお風呂に入っている間に帰るかもしれない」などと言ったばかりに、髪も洗わずに驚く速さで入浴を済ませ、廊下で看護師さんに「まあKさん、随分早くあがったのね」などと言われていました。
 そして、いいと言うのに荷物を持ってくれたりしてタクシー乗り場まで見送ってくれました。
涙ぐんでいたので、わたしも泣きそうになりました。
 彼女は頻繁にではありませんが、入退院を繰り返しています。わたしもまた入院する可能性はありますけれど、そのときは内科ではなく、脳神経外科か整形外科で階が違うでしょう。
 親分肌で義理堅く社交的な女性ですが、反面寂しがりやで可愛らしい人です。獅子座だそうで、どことなくファミリー的感触を受けたのは母も獅子座だったからかもしれません。
連絡先を教え合い、そのうちデパ地下のカフェで落ち合ってコーヒーを飲みましょう、と約束しました。

 マンションの玄関で出くわした管理人さんにしばらく留守にしていたことを話し、わが家へ。
 病院では6人部屋のベッドが減って4人部屋になり、さらにはそこを最後の頃は2人で使っていたわけですから、だだっ広い感じでした。
 自宅に入り、うちって、こんなに狭くてごちゃごちゃしていたかしら、と驚きました。
でも家族は奮闘してくれたようで、流しもトイレも綺麗、掃除機がかけてあり、ゴミも処理されていました。

 わたしは室内物干しの洗濯物をベランダに出してとり込み、畳んで、持ち帰った汚れ物を洗っただけですが、疲れました。

 写真は娘のプレゼント、スティッチ。ティッシュ入れです。

|

« 退院① | トップページ | 退院③「退院診療計画書」「予約票」 »

ぬいぐるみ・人形」カテゴリの記事

ショッピング」カテゴリの記事

健康 №2(体調) 」カテゴリの記事

健康 №4(入院)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/42396728

この記事へのトラックバック一覧です: 退院②:

« 退院① | トップページ | 退院③「退院診療計画書」「予約票」 »