« えい、くそっ、しまった! | トップページ | 映画『グーグーだって猫である」を観て »

2008年9月20日 (土)

油断していたら、来ました

油断していたら、来ました
間もなく午前5時です。

心臓のほうはもうすっかり安心していたら、いきなり来ました。
といっても、昨夜は疲労感が強く、料理中座り込みたくなるほどでした。また一昨日辺りから、生理中ではないのに、時々強い生理痛様の痛みが腰から右脇腹にかけて起き、冷や汗が出るほど。
胸痛が起きる前も、それで目が覚め、そのことをブログに書いておきたいと思って、パソコンを開いたところだったのです。
それが何と、忘れかけていた胸の痛み! 中程度かな。
胸に強張るような、締めつけられるような痛みが起き、だんだん強くなっていくので、テーブルに薬を取りに行きたいと思いましたが、動けません。近くに夫が寝ているので起こそうとしましたが、声を出すどころか息をするのも危うい。
あまりに痛いので、肋間神経痛だろうかと思いました。
必死でテーブルに辿り着き、ニトロを舌下。1錠で楽にならないので、やはり肋間神経痛だろうかと思いつつ、もう1錠。横になろうとしましたが、なれませんでした。肋間神経痛だろうが何だろうが、こう痛いのは我慢できないので、救急車だろうかと思いましたが、何しろ声が出せません。入院中はいつも枕元にあったナースコールを思い、切なくなりました。
もしこの程度の発作が入院中に起きていれば、迷うことなくナースコールを押したでしょう。
3錠目を迷っていると、幸い徐々に効いてきました。痛みがなくなるまでに何分かかったかはよくわかりません。それから20分ほどもして、ふいに清涼感が胸に拡がりました。

もう嘘だったかのように、何ともありません。ノビノビと横になり、携帯から記事を更新しています。

遊びすぎたのか、ここ数日疲れきっていました。反省。
生理痛様の痛みは、また卵巣の嚢胞が大きくなったせいではないかと思いいます。
診て貰う必要がありますが、もし大きかったら手術を受けなければならないので、昨年10月に診て貰った県立にするか、他の腫瘤関係を診て貰っている日赤にするか、迷うところです。どちらにしても、あー嫌だな!

|

« えい、くそっ、しまった! | トップページ | 映画『グーグーだって猫である」を観て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« えい、くそっ、しまった! | トップページ | 映画『グーグーだって猫である」を観て »