« 入院22日目① | トップページ | 入院23日目① »

2008年9月 2日 (火)

入院22日目②

昼間、売店へ新聞を買いに行った。毎日とサンケイスポーツしか残っていず、毎日を買った。
クールビューティーと呼びたい41歳の美人の看護師さんや糖尿病の女性と福田首相辞任の話で盛り上がった。
携帯コーナーから息子に電話。息子は大学の研究室にいたが、話せるというので話す。
息子は、腫瘤の原因がわからないと不安だという。わたしも同じだが、この件は手短に済ませたかったので、政治のほうへ話を持っていった。
バックに乏しい麻生が首相なるチャンスは今しかなさそうだが、自民はその麻生で選挙を闘うつもりだろう、という見方で息子と一致。が、自民は勝てないのではないか、次は民主か。
わたしは、まとまりがなく観念的な民主に政権交代することは不安でたまらない。息子はわたしよりは楽観的で、今なら民主には旧自民の人材がかなり残っているし、自民のほぼ一党独裁といった現体制が続くよりは、民主との間で政権をキャッチボールしながらやっていくほうが大企業に政治が支配される事態を防げるのではないかという。アメリカの大統領選についても話した。
民主党のオバマに何とはなしの不信感を抱いていることでも、息子と一致。彼は日本を犠牲にしそうな予感がして仕方がないのだ。政治経験の乏しさも、大きな不安材料。

入院の記録に戻ると、
19:10 看護師さんによるガーゼ交換。手術痕を見た。綺麗。が、ハゲはかなり大きい。

このあと22時に、頓服の痛み止めロキソニン、安定剤マイスリーを各1錠服用して就寝する予定。おやすみなさい。

書き忘れていたが、31日に妹が心配しているとのメールをくれ、腫瘤の原因がはっきりしてから返信しようとして忘れていたことを思い出し、慌ててメールした。冷たくなったのは、どっちだか。
妹からのメールは嬉しいが、ブログを通じて知り合ったある方からのメールには、ずいぶん励まされてきた。本当にありがとう!

|

« 入院22日目① | トップページ | 入院23日目① »

健康 №2(体調) 」カテゴリの記事

健康 №4(入院)」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事