« ノート1-1 | トップページ | 日田林工、甲子園出場決定おめでとう! »

2008年7月20日 (日)

7月18日の夕飯(豚ロース肉と白いんげん豆のトマト煮、ミネストローネ、さやいんげんのサラダ)

P7150125 P7150100_2  昨日の夕飯は、豚ロース肉と白いんげん豆のトマト煮、ミネストローネ、さやいんげんのサラダでした。

 久しぶりに、イタリアンの本から作りました。

 豚ロース肉と白いんげん豆のトマト煮を、おいしい基本のイタリアン」(世界文化社、2004年)からご紹介します。材料は2人分です。

P7150086  ←オーブンから出したばかりのバット。下からわずかに見えている若草色のシリコン製鍋敷き。鍋つかみにもなり便利です。端に穴があるので、フックにかけることもでき、収納にも場所をとりません。

∥豚ロース肉(骨つき130gのもの。手に入らなければ豚かつ用のロース肉)2枚|にんにく(つぶす)|セージの葉6枚|白いんげん豆(ゆでたもの)160g|ホールトマト(缶詰)80ml|ブロード(またはブイヨン)120ml|イタリアンパセリ少量|EXヴァージン・オリーブ油大さじ6|塩・こしょう・薄力粉各適量∥

  1. 鍋にEXヴァージン・オリーブ油大さじ4と、にんにく、セージの葉を入れてから中火で熱し、香りが出てきたら白いんげん豆を加えてソテーする。ホールトマトを加えて煮立て、いったん火からはずしておく。オーブンの予熱を始める(200cc)。
  2. 豚ロース肉に塩、こしょう、薄力粉をまぶす。フライパンにEXヴァージン・オリーブ油大さじ2を入れて中火で熱し、肉をソテーする。うっすら焼き色がついたら裏返して同様にソテーする。
  3. ②を①の中に入れ、ブロードを加えて中火で煮立てたのち、弱火にして軽く煮つめる。予熱しておいてオーブンに入れて5分ほど火を入れる。皿に盛り、イタリアンパセリをみじん切りにしてふる。

P7150122_2  ミネストローネ。レシピはこちら。味つけは塩のみ、シンプルな味わいです。

P7150092 さやいんげんのサラダ。

 服部先生のレシピ『さやいんげんの卵マヨネーズサラダ』(こちら)を作るつもりでしたが、ちょっと面倒になり、みじん切りにしたゆで卵の卵白にマヨネーズと生クリームを混ぜ、軽く塩こしょうして、ゆでたいんげんにかけました。そのうえから、裏ごしも面倒だったので、スプーンで砕いた黄身をのせました。

 服部先生のさやいんげんの卵マヨネーズサラダは勿論美味しいですが、我流いんげんのサラダも結構いけました。

 

|

« ノート1-1 | トップページ | 日田林工、甲子園出場決定おめでとう! »

コメント

豚ロース肉と白いんげん豆のトマト煮、ミネストローネ、さやいんげんのサラダ
素晴らしいお料理
素敵ですね
おいしそうです、

投稿: ryuji_s1 | 2008年8月 3日 (日) 09:18

わあ、恥ずかしいです、ありがとうございます。
本格的なryuji_s1様のイタリア料理のサイト、
一層の充実を感じさせます。
お花の写真も楽しいです。

投稿: マダムN | 2008年8月 3日 (日) 16:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月18日の夕飯(豚ロース肉と白いんげん豆のトマト煮、ミネストローネ、さやいんげんのサラダ):

« ノート1-1 | トップページ | 日田林工、甲子園出場決定おめでとう! »