« 循環器科受診:薬の追加 | トップページ | Diary 08.7.13 »

2008年7月12日 (土)

7月11日の夕飯(カラスガレイの煮つけ。なすの冷やしナムル。ゆで卵とサニーレタスとブロッコリーのサラダ。かぼちゃと大根のスープ)

P7080051_2 P7080067_4  7月11日の夕飯は、カラスガレイの煮つけ、なすの冷やしナムル、ゆで卵とサニーレタスとブロッコリーのサラダ、かぼちゃと大根のスープでした。

 カラスガレイの煮つけは、ケンタロウさんのこちらの記事http://www.tbs.co.jp/radio/kentaro/2008/20080118.html を参考に、オリジナルの味つけをしてみました。

P7080064 なすの冷やしナムル。夏におすすめ、服部先生のサイドディッシュ・レシピです。

 週刊 服部幸應のしあわせクッキング 32号」(ディアゴスティーニ・ジャパン)からご紹介します。材料は4人分です。

∥なす4本|みそ大さじ1|薬味じょうゆ適量|薬味じょうゆ〔しょうゆ大さじ3¦コチュジャン小さじ1/2¦砂糖小さじ1/2¦白いりごま小さじ1¦ねぎのみじん切り小さじ1/2¦ごま油小さじ1〕すべての材料をよく混ぜ合わせる

  1. なすはへたを落として縦に川をむき、縦半分に切る。
  2. 水3カップを煮立ててみそを溶き入れ、①を入れてやわらかくゆでる。ざるに上げ、あら熱がとれたら縦に切り込みを入れ、冷蔵庫で冷やす。
  3. 器に盛り、薬味じょうゆをかける。

P7080041  かぼちゃと大根のスープ。

 服部先生のレシピ、根菜スープを参考にしたもので、先生のレシピでは、ごぼう1/2本、にんじん1本、れんこん1節、大根1/4本が使われています。

 鍋にサラダ油大さじ2を熱し、食べやすく切った野菜を炒めます。水4カップ、和風だしの素(顆粒)大さじ1を加え、沸騰してきたらアクをすくい、火を弱めて〔しょうゆ大さじ約1と1/3¦酒大さじ1¦みそ小さじ2弱)〕の半量を加えて煮ます。

 野菜が煮えたら、残りのAを加え、味をととのえて、器に盛り好みで七味とうがらしを。

P7080049  ゆで卵とサニーレタスとブロッコリーのサラダ。服部先生のドレッシングをかけました。

 ドレッシング∥粒マスタード小さじ2|ワインビネガー(または酢)大さじ2|塩小さじ1|こしょう少々|エキストラバージンオイル油90ml∥ 

  わたしは粒マスタードを切らしていたので、普通のマスタードを使ったところ、写真では色が出ませんでしたが、ドレッシングは黄色で、綺麗でした。さっぱりとしていて、夏向きのサラダにぴったりだと思います。お試しください。

|

« 循環器科受診:薬の追加 | トップページ | Diary 08.7.13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月11日の夕飯(カラスガレイの煮つけ。なすの冷やしナムル。ゆで卵とサニーレタスとブロッコリーのサラダ。かぼちゃと大根のスープ):

« 循環器科受診:薬の追加 | トップページ | Diary 08.7.13 »