« 更新のお知らせ~ホームページ「バルザックの女弟子になりたい!」の「『マダムNの覚書』セレクションⅠ2006」に作品16・17・18を収録 | トップページ | ゲーム会社からのお誘い »

2008年5月25日 (日)

最近の夕飯からダイジェスト2~かじきのソテー ガーリックとパプリカのソース、きゅうりとじゃがいものシャキシャキサラダ

P5150198_2 P5200273 最近の夕飯から、ダイジェスト版です。

別々の日にした服部先生の主菜、副菜のレシピをご紹介します。

他のものをざっと見て行きますと、

P5150217 P5180225 P5180233 P5180237  じゃがいもの酢の物(レシピはこちら)、サクランボ、カリフラワーのスープ(レシピはこちら)、すっかり豆腐にも馴染んだエミール・アンリの器……。

P5180248 P5200276 豚肉のしょうが焼き(レシピはこちら。主采、副菜の組み合わせが偶然だけど、よく一致します……)。

 鮭のホイル焼き バター風味も抜群に美味しかったけれど、これはまたの機会にご紹介しますね。 

相変わらずの体調なので(心臓疾患とのおつきあい。でも冠攣縮性なので、動脈硬化とは関係ないんです。ほかに問題があったりしたのも、服部先生のレシピで料理するようになってから血液が綺麗に――)、弁当や外食が挟まりがちですが、料理できる日は気分転換も兼ねて、なるべく新しいレシピにチャレンジするようにしています。

幸い娘が服部先生の料理雑誌をせっせと買ってきてくれるので(大抵、娘がプレゼントしてくれます。娘買ってくる人、わたし作る人。なにせ書店勤めの娘は残業が多くて遅いので……)。

P5150187 かじきのソテー ガーリックパプリカソース刊 のしあわせクッキング61」(ディアゴスティーニ・ジャパンからご紹介します。材料は4人分です。

かじき4切れ、にんにく2かけ、パプリカ(粉)・レモン汁各小さじ1、しめじ1/2パック、生しいたけ3個、エリンギ2本、グリーンアスパラガス6本。塩、こしょう、オリーブ油。

  1. かじきは強めに塩、こしょうを振る。にんにく、しいたけ、エリンギは薄切りにし、しめじは小房に分ける。アスパラガスは穂先の手前まで皮を薄くむき、さっと下ゆでする。
  2. フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、かじきをソテーする。両面にこんがりと焼き色がついたらとり出す。
  3. 同じフライパンできのこを炒め、色づいたら塩、こしょう各少々で味をととのえる。フライパンを洗ってオリーブ油少々を熱し、アスパラガスを炒める。
  4. きれいにしたフライパンに、オリーブ油大さじ4とにんにくを入れて塩少々を振り、焦がさないように弱火でゆっくりと、カリカリになるまで炒める。
  5. ①にパプリカ、レモン汁、パセリを加えて、さっと混ぜる。皿にきのことアスパラガスを敷き、かじきをのせ、ソースをかける。

 おもてなしにもよい、お洒落な一品です。

P5200266 美味しくて栄養たっぷりなサラダ、きゅうりとじゃがいものシャキシャキサラダのレシピを68号からご紹介します。材料は4人分です。

きゅうり3本、じゃがいも1個、しらす干し30g、ドレッシング〔玉ねぎのすりおろし1/4カップ、酢大さじ2、砂糖小さじ1/4、ごま油大さじ4

  1. きゅうりは3cm長さのマッチ棒状に切る。じゃがいもはきゅうりと同様に切って水にさらし、さっとゆでて(10~15秒)、透明感が出たらざるに上げ、水気をしっかりふきとる。
  2. しらす干しはフライパンで、カリカリになるまでからいりする。ドレッシングを混ぜ合わせる。
  3. ①を合わせて器に盛り、しらす干しをのせてドレッシングをかける。

|

« 更新のお知らせ~ホームページ「バルザックの女弟子になりたい!」の「『マダムNの覚書』セレクションⅠ2006」に作品16・17・18を収録 | トップページ | ゲーム会社からのお誘い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近の夕飯からダイジェスト2~かじきのソテー ガーリックとパプリカのソース、きゅうりとじゃがいものシャキシャキサラダ:

« 更新のお知らせ~ホームページ「バルザックの女弟子になりたい!」の「『マダムNの覚書』セレクションⅠ2006」に作品16・17・18を収録 | トップページ | ゲーム会社からのお誘い »