« 息子が送ってくれた東京土産 | トップページ | また長い夜 »

2008年3月16日 (日)

息子が送ってくれた東京土産Ⅱ

息子が送ってくれた東京土産
息子が送ってくれたのは、煎餅でした。

わたしが今ジュゲムブログ「マダムNの児童文学作品」で連載中の作品では、3人の子供たちが冒険に出る直前なのですが、彼らが持っていく煎餅は糧食として巨大鍾乳洞の中で役立ちます。

どこのお煎餅にしようかしらと思っていたのですが、息子が送ってくれた煎餅をモデルにすることにしました。

糧食にはチョコレートでもよかったのですが(バルザックの『ランジェ公爵夫人』にもチョコレートを糧食とする男たちが出てきますよ)、鍾乳洞の中には西欧の中世風世界が入り込んでいるという設定で、子供たちは生贄となる定めの錬金術師の娘と出会いますから、あえて日本風の保存食ともなるお菓子を出したいと思ったのです。

喘息のほうは、いくぶん落ち着いていますが、夜中が問題です。

早く治って、児童文学作品の続きを書きたいです。

|

« 息子が送ってくれた東京土産 | トップページ | また長い夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 息子が送ってくれた東京土産 | トップページ | また長い夜 »