« 発作後の残骸 | トップページ | アリア社長~! »

2008年3月12日 (水)

3月9日の夕飯(油揚げご飯)、11日の夕飯

P3050168 P3080201  3月9日の夕飯は、あめたの干物、油揚げご飯、春雨炒め、さつまいもの味噌汁でした。

 3月11日の夕飯は、鮭の塩焼き、こんにゃくステーキ、かにかまと水菜のサラダ、しいたけの味噌汁でした。

P3050162  ちなみに10日はレストランで外食をし、肉料理がメインでした。

 金欠病のときにおすすめの『油揚げご飯』のレシピをご紹介します。

downwardright

P3050156  油揚げがメインのお財布に極めて優しいmemo『油揚げご飯』を、「やりくりおかずと節約献立」(扶桑社、1999年)からご紹介します。材料は4人分です。

油揚げ2枚、ご飯どんぶり4杯分、削りガツオ1パック(5g)、ショウガ汁大さじ1、しょうゆ大さじ2、アサツキの小口切り適量

  1. 油揚げは焼き網でカリカリになるまで焼き、ペーパータオルなどにはさんで余分な油を取る。縦半分に切ってから1cm幅に切り、ボウルに入れておく。
  2. ①に削りガツオ、ショウガ汁、しょうゆを加えてよく混ぜ、炊きたてのご飯を混ぜ合わせる。アサツキの小口切りを散らす。

 娘は油揚げが大好きなので、大喜びhappy01 ショウガの風味が利いていて、とても美味しいですよ。わたしは油揚げをオーブン用の焼き網にのせ、オーブンで焼きました。

P3050140 P3050132

P3050150_2 あめたの干物にはカボスがほしいところですが、近頃高いので、レモンで代用です。

 memo『春雨炒め』は栗原はるみさんの『具だくさんの春雨炒め』のレシピを参考にしたもので、春雨100gに対し、うす口しょうゆ、酒各大さじ1、オイスターソース大さじ2で調味し、塩コショウ、ごま油大さじ1をふります。

 具は適当で、冷蔵庫にあった青梗菜、しいたけ、豚ミンチです。

P3080187 P3080178  11日の夕飯のmemo『かにかまと水菜のサラダ』は服部先生のレシピです。こちら。わたしはそれに、錦糸たまごを散らしました。ドレッシングが美味しく、シャープな味わいなのですが、卵を入れると優しい感じのサラダになります。

 memo『こんにゃくステーキ』のレシピも服部先生のレシピです。こちら

|

« 発作後の残骸 | トップページ | アリア社長~! »

クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174337/40475462

この記事へのトラックバック一覧です: 3月9日の夕飯(油揚げご飯)、11日の夕飯:

« 発作後の残骸 | トップページ | アリア社長~! »